2011年08月31日

無煙タバコは当然有害だが、電子タバコもリスクあり 各国調査

どうもタバコと名のつくものは、常に有害な影響を与えるのではないか、と思わされる調査が多い。

例えば、タバコという植物そのものに罪は無い。だがこれがタバコ会社によって利用され、喫煙という目的で用いられている限り、人類全体に有害な影響を与え続ける。タバコは放射性物質ポロニウムを含み、数十種類の発がん性物質を含み、遺伝子を傷つける。

最近医療大麻などの話題が目につくが(当方では大麻容認論が正しいか正しくないかについては特に詳しく無いので何も言及しない)、それと同じようにタバコ(植物)も喫煙ではなく医療目的での研究を突き詰めていけば、有効な利用法が見つかるかもしれない。タバコ(植物)を研究すれば非常に人類全体へのメリットが見つかる可能性もある。

ただ、今のところ喫煙用途のためにタバコ会社が動いている状態では、世界中で害悪をもたらす災厄のような存在で有り続けるだろう。

電子タバコも禁煙の役に立つ一方で、喫煙のための動作や習慣を捨てきれずに容易にタバコに戻る可能性があったり、電子タバコ自体が怪しい海外産の場合有害である事もある。

何にしても、最初からタバコなどやらなければ、いちいち気に病む必要のない無用の長物なのである。

元記事:心筋梗塞後は煙の出ないタバコであってもやめるべき| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
心筋梗塞後の患者は、煙の出ないタバコ(嗅ぎタバコ)であってもやめた方がよいとする報告があった。2000人規模の前向きコホート研究の結果で明らかになった。成果は、スウェーデンUppsala University HospitalのG. Arefalk氏らが、8月27日からパリで開催されている欧州心臓学会(ESC2011)で発表した。

元記事:innolife.net>>>韓国ニュース>>>社会>>>電子煙草の副作用増加...首の痛み・頭痛訴える
最近、煙草の代用品として喫煙者の間で「電子煙草」が人気だ。しかし、利用する際は注意が必要だろう。

喫煙量を減らすために購入する場合が多いが、最近、さまざまな副作用の事例が増えている。

韓国消費者院は関係当局にニコチン含量など、電子煙草表示への管理監督を強化することを建議し、事業者には品質改善を勧告する方針だ。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 23:31 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿世界一の日本に警鐘 英医学誌、喫煙・自殺増加懸念

よく、以下ような愚か者orタバコ業界関係者の発言を目にする。

“喫煙率が高いのに長寿世界一だからタバコは悪くない”といったものだ。

こういった人たちの頭の中から、世界では紛争や戦争が起きていたり、治安に不安があり銃社会や殺人事件の多さ、医療制度の違いや、乳幼児や出産時の死亡率が高い事は、すっぽりと抜け落ちてるのだろうか。

そしてそういった死亡率の高い国ほど、タバコ規制が緩く、喫煙率が高い事も何故か言及しない。隠したいのか、現実を見たくないのか、どちらかだろうか。

彼らは、愚か者とタバコ業界関係者でなければ、一体何なのだろうか?

元記事:asahi.com(朝日新聞社):長寿世界一の日本に警鐘 英医学誌、喫煙・自殺増加懸念 - アピタル(医療・健康)
世界的に権威ある英医学誌ランセットが9月1日、日本の保健医療に関する論文特集号を発行する。長寿世界一を達成した医療の貢献を評価した一方で、男性の喫煙率の高さや自殺の増加などから長寿国の地位を危ぶむ指摘も掲載している。

 同誌は日本の教訓を世界各国の保健医療政策に生かす狙いで特集を作った。渋谷健司東京大教授、武見敬三日本国際交流センターシニアフェローら日米欧などの専門家66人が協力した。

 長寿世界一になった理由について1950年以降、病気別の死亡率の国際比較などで分析した。50〜60年代前半には感染症対策、60年代後半からは減塩や降圧薬の普及による脳卒中死亡率低下が貢献した。

 今の日本で死亡の危険因子は喫煙と高血圧と指摘。全成人が禁煙すれば平均寿命は男性が1.8年、女性は0.6年延び、血圧を下げれば男女とも0.9年延びると推定する。だが、現状は対策が不十分という。

 日本の自殺率は10万人あたり24.4人(2009年)で米国の11.0人(05年)などに比べて高い。

 同誌のコメント欄でクリストファー・マレー米ワシントン大教授は日本の経済停滞、政治の混乱、高齢化、たばこ規制の不十分さを指摘し「対策をとらなければ世界での平均寿命の順位が落ちていくかもしれない」と警鐘を鳴らしている。
posted by 美人薄煙 at 23:15 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初から喫煙しなければ、一切被害は無かったはずだが… 禁煙補助薬で意識障害6件(利用者数414,000人)、交通事故も

人の生き死にに関わる事故で、タバコ業界関係者が歓喜する事件が起きました。

そもそも論で言えば、タバコさえ吸わなければ、頻発する運転中にタバコを取るための交通事故(例えばタバコを取るためのよそ見で一家5人を殺傷する事件)も、禁煙治療中に事故を起こす事もありません。

タバコ業界関係者は、こういった禁煙治療薬を危険とアピールして、禁煙を抑制しようとネットを含め宣伝に利用する事でしょう。

元記事:FNNニュース: 禁煙補助薬「チャンピックス」服用の男女6人が意識障害 厚労省、添付文書改訂を指示
元記事:禁煙補助薬で意識障害6件、交通事故も | 日テレNEWS24
元記事:禁煙補助薬で意識障害か 車の事故3例、副作用追加 - 47NEWS(よんななニュース)
禁煙の治療に使う薬を服用した男女6人が、意識障害に陥っていたことがわかり、厚生労働省は製造元の製薬会社に対し、薬の添付文書を改訂して副作用について注意喚起するよう指示した。
この薬は、製薬会社大手「ファイザー」が製造・販売している、国内初の飲む禁煙補助薬「チャンピックス」。
厚労省によると、この薬を服用した40〜70代の男女6人が、意識を失うなどの意識障害に陥り、うち3人は車の運転中に意識を失い、事故を起こしていた。
「チャンピックス」は、年間およそ41万4,000人が服用していて、厚労省はファイザーに対し、薬の添付文書を改訂し、服用後は車の運転を控えることや、副作用について注意喚起するよう指示した。
posted by 美人薄煙 at 23:08 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年喫煙者、毎度おなじみタバコ犯罪 たばこ200箱、高校生ら4人「吸うため」盗む 群馬県

こうもタバコ強盗窃盗が頻発して、珍しくないと、感覚が麻痺しそうですね。未成年喫煙者や無職喫煙者とかがまたいつものタバコ犯罪をやってるな〜、って。

戦後の物不足や生きるために、孤児たちが盗みをするのとは全く違いますよ。

元々性根の腐った問題児だったのか、喫煙をきっかけに非行のハードルを高めていったのかは不明です。

元記事:たばこ200箱、高校生ら4人「吸うため」盗む : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
群馬県警安中署などは30日、たばこ20カートン(200箱)を盗んだとして、群馬県安中市内の少年4人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。


 逮捕されたのは、いずれも16歳で県立高校2年の2人と、私立高3年生(17)、アルバイト少年(15)。

 発表によると、4人は共謀して22日午後、同市内の女性(76)が経営する雑貨店から、たばこ20カートン(8万2000円相当)を盗んだ疑い。

 4人は、女性が店舗とつながっている自宅に入った隙に店内に侵入し、レジの脇に置いてあったたばこを盗み、バイクで逃げたという。同署幹部によると、4人は「たばこを吸うために一緒に盗んだ」と容疑を認めている。

(2011年8月31日10時02分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 22:27 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

規制のある国では自粛、規制の緩い国では過激な煽り広告(本音) これがタバコ会社のやり口 インドネシアで「タバコと別れるなら死んだ方がマシ」という過激広告

タバコ会社が二枚舌、捏造、社会的に恥ずべき卑劣な態度を取っている事が常態化してる、というのは、タバコウォッチャーの間では周知の事実である。

これは右に挙げる推薦書籍にある本を2冊程度読めば、誰でも理解出来る事なので、まだ読んだ事が無い方は読む事をおすすめする。

タバコ会社でも先進国における態度は、少し自粛の気配を見せたり、社会からの非難を気にして活動している。アメリカのタバコ裁判で、史上最高額の罰金を科せられたからである。これが他の先進国で起きないよう、周到な活動をしているとも言える。

その一方で、発展途上国などタバコ規制が緩い国では過激な行動を取っている。特にタバコ規制枠組み条約(FCTC)に署名していない国では、やりたい放題とも言える活動が顕著だ。

政府の腐敗した政治家や官僚などに裏金を提供し、規制をしないように働きかけたり、多くのイベントなどにスポンサーとして参加し、タバコを未成年や非喫煙者にばらまいて、喫煙率を高め莫大な収益をあげる下地を作っている。

日本は先進国でありFCTC署名国でありながら、国と財務省とタバコ会社のロビー活動によって腐敗した政治家・官僚構造による妨害が起き、不完全なタバコ規制状態になっている。そのため一部では発展途上国のような、抜け穴を利用した販促キャンペーンが展開されている。

タバコやパチンコは、見た目の経済規模は大きいが、実態はその国の国力を奪い疲弊させ、国民の生活レベルを押し下げ、負担を国民に押し付け、一部の権力者や利権関係者を肥え太らすだけのシステムである。

政治や経済を、国民の手に取り戻し、国民の生活レベルを高めるには、タバコなどは徹底的に排除して本当の経済の質を高めなければならない。

記事は、タバコ規制が緩いのをいいことに、タバコ会社が酷い広告を出している、といった内容。
元記事:Asia Sentinel - Smoking ad in Indonesia Condemned(英文)
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 21:58 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙で飲食店の売上・収益は上がる

まずは実態、データから。

・神戸新聞 禁煙でも「売り上げ減りません」 2008年9月12日
・朝日新聞 禁煙店 客入り上々 2008年9月30日
・夕刊フジ 禁煙飲食店ビジネスチャンス?分煙よりもコストは安く 2009年4月4日
・毎日新聞 禁煙・分煙:県内飲食店、9割以上が売り上げや客数以前と変わらず−−県調査 /愛知 2010年5月26日

勿論日本の事例にとどまらない。こちらでは海外で禁煙にした結果、売上増加・雇用促進があった事を示すデータも出している。

・洲本市禁煙支援センター 飲食店を禁煙にしてお客を呼び込もう!
無煙ニューヨーク市の状況

加えて、受動喫煙が確実な害をもたらす根拠については受動喫煙が健康にもたらす影響:米国公衆衛生長官報告(日本語)を参照。(タバコ業界を擁護する御用学者などは、受動喫煙の害を示す論文は平山論文だけであるかのように吹聴した上で、平山論文をあの手この手でこきおろし、受動喫煙の害を否定するという手法を何十年も前から続けている。)


しばしば言われるように、アメリカで起きた事が〜年後に日本で起きる、といった一種の法則がある。ある程度似たような経済構造・社会形態を取っているので、当然同じ事が起きるやすい流れを持っている。

そして当たり前の話だが、人口の75%を超える非喫煙者の殆どがタバコの煙を嫌っており、外食するたびにタバコの煙によって不快な思いをしている。わざわざ高い金を払って臭い環境の中で不味い飯を食いたくないのである。この調査にあるように、飲食店で不快な思いをした人は、その飲食店には二度と行かないと決め(ただし、喫煙者を含むグループのように、喫煙できる店にしろと言う圧力がある場合は嫌な店でも行かざるをえない。)、特にプライベートでは絶対に利用しないようになる。

しかし完全禁煙なら、作る手間もあるし今日は外食しよう、と考える機会が増える。今まで眠っていた顧客が目覚めるのだから、この増加分は大きい。なにせ、理論値だけなら喫煙者の三倍もの顧客を得られるのだから、売上が増えるチャンスは目の前にぶら下がっているようなものだ。


しかし世間では完全禁煙にすると売上が落ちる、という嘘がまことしやかに喧伝されている。

そういった嘘を流すのは、タバコ産業と、そこから金を受け取った御用文化人と業界団体である。「禁煙にすると売上が落ちるぞ詐欺」である。
hanzaisya-smoker3.jpg
タバコ業界は、日本だけでなく世界中で、その潤沢な資金を元にして宣伝広告販促を繰り広げてきた。その内容も、ただ単に広告を出すだけでなく、文化人や著名人に講演料などの名目で大金を支払い、特に喫煙者や規制反対派を焚き付けて、禁煙に反対させるよう仕向けてきた。

加えて学者には研究助成金などの名目で財団などを経由して資金提供し、タバコの害を否定させる捏造論文を書かせた。エンストローム論文、ロジャースクルートン事件など、JTも海外のタバコ会社も御用学者や御用文化人を量産しようとする意図を持っていると推測される問題や事件を引き起こしている。

売上のためなら、いくらでも世間を欺くタバコ産業。これが「禁煙で売上が落ちる詐欺の正体」である。
読売新聞JT自作自演

これで、完全禁煙とは、売上を伸ばすチャンスであり、禁煙にした事だけが原因で売上が落ちる事は無い事をご理解頂けたかと思う。

更にそれに加えて、完全禁煙にする事で、飲食店の負担も大きく軽減出来る。つまり利益率まで改善出来るのだ

テーブル毎に置いて、少したまれば回収や交換が必要な灰皿。これに関わる一切の手間・コストをゼロに出来る。

壁やエアコンの汚れを激減させ、掃除の手間やコストをかなり軽減出来る。

従業員の健康を守れるので、受動喫煙で従業員の体調や能率が悪くならず、急な病欠のリスクも減るため(タバコは抵抗力を低下させ、喫煙者は風邪やインフルエンザも倍以上かかりやすくなる)、労務管理面でもメリットが出てくる。

ついでに言えば、喫煙者ほどマナーや人格に問題がある傾向が強いのは、タバコの害について書かれた本のデータや、ブログや他のサイトをよく見てる人ならわかると思うが、喫煙者は約二倍の攻撃性を持つ(まだ、タバコですか?参照))。そういった面倒な客である喫煙者が店に入ってこなくなるので、クレームやリスクを減らす事が出来る。

またタバコには食欲減退剤が添加されているため客単価を堕とす。当然ながら副流煙の悪臭で非喫煙客の食欲まで減退させるので、客単価が落ちる。

個人差はあるだろうが、喫煙者によっては全然追加注文せず、タバコばかり吸って空気を汚し時間だけ取っていくので、やはり客単価は悪いだろう。

しかも喫煙は太りやすい体質を作り、美容を損なうので、客層の平均が太くて見苦しくなりがちである。これは店の美観などにも悪影響を及ぼし、店のセンスやイメージを左右する事もありえる。

つまり、禁煙にすれば利益率が改善され、同じ売上だったとしても利益は増える事になる。


ただし、どうしても売上が落ちる店がある。

まず、喫煙者ばかりの方を向いた質の低い店は売上げが落ちる。今、先鋒を切って禁煙に猛反対しているおかしな飲食店・経営者連中がまさにそうだ。

タバコの煙が充満した、料理の味も香りもわからない状態で提供する前提でしか考えてない店。客に悪臭を提供して平気な店なのだから、総じて店の質は低い事がうかがえる。

そのような店は、質の悪い原材料と、濃い味付け、ソースなどを無駄につけ、化学調味料でのごまかし、そういった料理しか出せない。綺麗な空気の中で飲食すれば、酷い味だとばれてしまい、客が来なくなる。これを自覚しているから、完全禁煙を求める条例に猛反対するのである。

公衆便所のように悪臭が漂う中で、喫煙者たちが集まってエサを貪り食う、そんな飲食店経営者にとっては、今更料理の腕を上げるとか、店内を改装するとか、そのような事は出来ない。だらけきった経営意識しか無いからだ。だからバカの一つ覚えのように禁煙条例に反対するしかなくなる。禁煙に反対する事が生命線になる。

特にこの手のダメ飲食店の経営者は「常連を大事にするから禁煙に出来ない」などと言うが、実際には常連とコミュニケーションなんて大してやってないし、人柄も好ましくない事も予想出来るし、店の質自体も劣悪なのだから、喫煙常連客は禁煙になれば来なくなるものだ。

タバコ臭い店というのは、店内の衛生にも不安が残る。例えば料理が腐ってるとか異物が入っておかしな味がするのか、単に店内が臭いからおかしな味に思えるのか、区別がつかないケースもあるだろう。よくわからないからそのまま食べて、食中毒などになるリスクもある。

タバコのヤニが壁やエアコンにこびりつき、店内が汚いのだから、経営スタンスもいい加減になる。金の事しか考えず、客には喫煙場所さえ提供していれば良い、といったいい加減なスタイルが常態化…。いずれ殺人ユッケとまでは行かなくても、この金だけ求め衛生を無視した経営の考え方から発生する、キツイ事故リスクも高まる。

他には、定期的にタバコ会社のコンパニオンに活動(居酒屋などでしばしば、JTやBATやフィリップモリスのキャンギャルが、品の無いおかしな服装をしてやってきて、客にタバコを勧める販促活動。国際条約FCTC違反の疑い。)をさせて、謝礼を貰ってる、本業以外を売上の頼りにしてるダメ飲食店などもあげられる。タバコの自販機設置の手数料も経営に欠かせないのだろう。もう飲食店の看板を外して、有料喫煙所とタバコ販売所にすれば良いのでは、というレベルだ。


逆にしっかりした店で、常連を大事にしていれば、禁煙になっても常連は常連のままである。

となると喫煙の常連客はキープ出来る上に、禁煙になった事を歓迎した非喫煙者の利用者が増えてくる。

そして多少なりとも真面目にやってる店なら、仮に売上が多少落ちたとしても、上で書いたように利益率の向上によって、利益はキープできる。

要するに、禁煙に反対する飲食店経営者には、クズ料理しか出せない、客を大事にしない(金としか見てない)、潰れた方がかえって良いくらいのクズ店主が少なくないと予想される。


分煙についても推奨できない。

「従業員の健康を守れない」「喫煙席に同席を強制される客の健康も守れない」しかも店側に「無駄なコストがかかる」(=費用は料理に上乗せされ客の負担も増える)と欠点だらけ。

世間に分煙を推奨してる記事などが出てくるのは、喫煙場所を確保させたいタバコ会社と、分煙設備を販売するメーカー各社による、スポンサー効果でしかない。

非喫煙客と喫煙客の両方を取り込もうなどと、良いとこ取りが出来るかのように報じられるが、ことわざにあるように、二兎を追う者は一兎をも得ず、となる可能性だってある。

JTがよく言う、喫煙者と非喫煙者の共存は大嘘で、喫煙者が完全に私事である喫煙(なにせ、自らタバコは趣味だとか娯楽とか嗜好品とか言うのだから、私事以外の何者でもない)を人に強要する事を辞めれば済むだけの話である。

また共存などと綺麗事を言ってるが、実際には、マナー広告を出して自社のイメージアップ・安全確保した上で、喫煙者と非喫煙者の対立を煽り、本来のタバコの害やタバコ会社の行う不正に目が行かないように仕向けている。


禁煙条例が小規模店舗に例外を認めるなど、穴が多い事も問題である。

全ての店に一律に禁煙を義務づければ、全ての店が平等なスタートを切れる。

客もあそこは禁煙だ喫煙だと考えるまでもなく、どこも禁煙だし安心して入れる。喫煙者も今はどこも禁煙だし入る店がどちらかなど悩まなくて済み、普通に食事を楽しむ事に意識を向ける事が出来る。

そこで良い店は売上げが伸び、悪い店は売上が落ちる、自然な競争原理が働く。

悪い店は潰れるし、ダメな経営者は他の良い飲食店の下働きでもやって、良い店を学んで再スタートでもすれば良い。今までいい加減な経営をやってたのに食っていけてた事がおかしいのである。

そうなれば結果的に、我々消費者は良い店にありつける率が高まり、食中毒などの事故リスクも低減させる事が出来、社会全体の食文化や公衆衛生のレベルもアップする。
posted by 美人薄煙 at 17:58 | Comment(0) | タバコ資料・考察・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

禁煙で売上が絶対落ちると勘違いした飲食店、あれこれ理由をつけて禁煙を避けるケース

お馴染みのアンチ禁煙&分煙奨励(分煙設備を売るメーカーへの配慮)といった記事を定期的に出し、あたかも禁煙で売上げが落ちるかのような、印象操作のような質の低い記事が目立つ日経レストラン。

実際には、メディア掲載情報 [禁煙スタイル]などに統計的な話も出ているが、禁煙にして売上げアップまたは変わらない店の方が6割以上と多い。

なお、禁煙と聞いて帰ってしまう客は多いようだが、それですら6割以上の店では売上げがアップまたは維持が可能という結果である。どれだけ禁煙の店が求められているか、かえってわかりやすい結果となったと言える。

そして注目点だが、売上げが維持でも利益増加になる。なぜなら、禁煙による効果は経費節減などに役立つ。例えば灰皿の手間を一切省ける。壁やエアコンが汚れにくくなり設備や施設の維持費を軽減出来る。更に客の回転率が良くなる。(売上げが落ちた店も、実はよく調べれば利益自体は少し増えてる店もあるのかもしれない。)

だが、こういった事実よりも、タバコ業界関係者がしつこく発信し、衛生組合やナントカ組合なども懐柔して繰り返される「禁煙にすると売上が落ちるぞ詐欺」の方が広告主がいるだけに勢いが強い。売上が落ちるぞ詐欺にまんまと騙される飲食店経営者は少なくない。(嘘も延々と繰り返せば信じる人がいる事は、北朝鮮を地上の楽園と信じる人がいたり、共産主義国は天国だと信じる人がいた、ほんの数十年前を思い起こせばよくわかる。)

「売上げが落ちるから禁煙にしない」と言うだけでは評判が悪い。「じゃあ、禁煙にしないのはお客様本位だという事にしよう」といった安易なパフォーマンスを思いつく経営者がいたとしてもおかしくはないだろう。

ましてや「定期的にタバコ会社の販売促進の場として利用させて謝礼を受け取ってるから禁煙にしない」事を伏せて、お客様本位などと綺麗事を言っていたら最悪だ。

私ならそんな経営者がやってるような店は絶対に利用したくない。今このご時世ほど、飲食・健康・安全を気にされてる時代は無いというのに、タバコの悪臭・不健康・基準値違反が蔓延する店内環境を提供するモラルの低さは大問題だ。
yuzan01.jpg
喫煙者がポイ捨てのエスカレートを繰り返し、より大きなゴミを捨てたり、タバコのために強盗殺人をやらかすように、店内の安全や衛生を売上げのために無視する飲食店経営者は、いずれ他の面でも売上げのためにきわどい所に手を出し、殺人ユッケのような大事件を起こす可能性がある。無駄にリスクを高めてるだけの店にわざわざ行きたくない。単純な話だ。
yuzan02.jpg
最近の喫煙率が25%を切ったとはいえ、普通に外食する集団となると大体一人か二人は喫煙者がいる。喫煙者は喫煙できないと不機嫌になったり、我が儘を言うから、喫煙可の店しか利用できない、喫煙者に配慮して喫煙可の店に…世間に蔓延するこの歪んだ状況さえ打破出来れば、喫煙可の店は立ちゆかなくなるだろう。(現状、禁煙の店と聞いてマクドや牛丼屋などのジャンクフード・ファストフードしか思いつかない喫煙者が多いが、彼らが気配りや配慮が出来るように改心して、禁煙の店とは本来しっかりした料理を出す店の事だと知って、喫煙者の方から禁煙店にしよう、という声が出るようになれば、タバコを吸わせるようなダメな飲食店は潰れて激減する。)

なぜならこの経営者が記事で言ってるように「ただ喫煙できないだけで客が離れていく程度の飲食コンテンツ・サービスしか提供出来ない」のだから。

この日経レストランの記事は、上記のような具体的な真実を知っていれば、なんのことは無い記事だが、隠蔽された真実を知らない人たちは、禁煙に対して敬遠するようになってしまうだろう。社会の公器としての自覚がなく、スポンサーしか見ていないメディアには困ったものである。
元記事:安易な禁煙は「顧客無視」につながる(2011年8月) - 分煙ソリューション | 日経レストラン ONLINE
魚を串焼きにするというユニークな業態で話題を呼んだ31歳の若き経営者、有村壮央氏。彼は飲食店におけるタバコ対策についてどのような考えを持っているのだろうか。「先走った対策をすべきではない」と語るその真意とは。

――近年、飲食業界では店舗におけるタバコ対策が課題となっています。有村さんが経営する店舗では、具体的にどのような対策を行っているのでしょうか。
有村:お客様あってのお店ですから、店舗の業態や立地に応じて異なる対応をしています。神楽坂にある「つみき」という和食の店では、お客様同士の距離が近いカウンター席は禁煙ですが、他の席は喫煙可です。また虎ノ門にある居酒屋「さくらさく」や、人形町にある「魚串さくらさく」では、ビジネス街に立地し男性客が9割という状況のため、全面喫煙可にしています。まだまだタバコを吸うお客様が一定の割合いる状況で安易に禁煙に走るということは、お客様の声を無視していることにもつながってしまいます。事実、「つみき」でカウンターのみ禁煙という対策を取ったときですら、お客様から不満の声が聞かれました。もし全面禁煙にしてしまったらタバコを吸うお客様が離れてしまうことで売上が減少し、経営にも影響を与えかねないのではないでしょうか。

――神奈川県で受動喫煙防止条例がすでに施行され、兵庫県も条例制定のために動いています。将来、条例に関する動きが全国へ波及する可能性も否定できません。こうした状況についてどう思われますか。
有村:現在、施行または検討されている受動喫煙防止条例は、店舗の広さなどを基準に規制を行うようですが、根拠があいまいなうえに、規制対象のお店は条例の基準に合った分煙をしようとすると設備投資を余儀なくされます。そのうえ、守れなかったら罰則を課すというのは、あまりにも一方的で現実的ではありません。それぞれの飲食店が行っているタバコ対策に対し、きちんと理解を示したうえで実情に沿った対応を望みます。

――最後に、御社の今後の展望についてお聞かせください。
有村:新しく出店する店舗には、業態や立地に合わせてタバコが吸えるスペースを確保していきたい。タバコを吸われる方・吸われない方に関わらず全てのお客様がハッピーになれる店づくりを進めます。

喫煙者に無理に合わせさせられて、同席させられる非喫煙者が不幸・不健康・不愉快になる事くらいしか保証できない。
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 20:01 | Comment(2) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

京都女性遺体遺棄:容疑で手配の無職愛煙家の長沼容疑者を逮捕 府警 逃亡生活の最後の所持品はタバコとライター、まさに喫煙者の鑑? 

元パチ屋店員の現在無職愛煙家の殺人犯。この経歴だけで、なるべくしてなった、犯罪者として定められたコースのように思える。

日本は、タバコとパチンコ(パチは朝鮮の罪が大きいが)をこれほどまでにおおっぴらに許してるという大罪がある。

原発利権もよろしくないが、この2つを放置するのは、国民の生き死にや財産に至るまで、国が全く守るつもりが無い、特定国や特定利権関係者のために国民を犠牲にする、といった表明と同然である。

しかしこの無職愛煙家の容疑者は23歳とまだ若いのに、顔は既に典型的なタバコ顔の下地がしっかりとできあがっている…な。

元記事:京都女性遺体遺棄:容疑で手配の長沼容疑者を逮捕 府警 - 毎日jp(毎日新聞)
京都府八幡市のスーパー駐車場に止められた軽乗用車内から岐阜県瑞浪市土岐町、無職、日比野茜(あかね)さん(34)の遺体が見つかった事件で、京都府警は24日、死体遺棄容疑で指名手配していた住所不定、無職、長沼勇也容疑者(23)を同容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認め、「(日比野さんは)7月上旬に死亡した」と供述しているという。

 逮捕容疑は、8月20日午後3時半ごろ、スーパー駐車場の車内に、交際していた日比野さんの死体を遺棄したとされる。

 24日午後4時ごろ、同府久御山町の府道で、1人で歩いている長沼容疑者らしい男を機動捜査隊員が発見。当初は偽名を名乗ったが、パトカー内で「長沼です」と認めた。黒いTシャツに7分丈ズボン、サンダル姿で髪は肩まで伸び、所持品はたばことライターだけで現金はなかった。

 2人は同県土岐市のパチンコ店の元同僚で昨年末に失踪。司法解剖の結果、日比野さんの死亡推定時期は今年6〜7月。長沼容疑者は日比野さんの死後も車内で寝泊まりしていたとみられる。【五十嵐和大、堀智行】
posted by 美人薄煙 at 22:07 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者が敷地内に不法侵入し火災騒動 お城のような廃虚ビルでぼや…元風俗店

喫煙者を見たら犯罪者だと思え、といったレッテルを貼られないように、喫煙者の側から絶対に他人に迷惑をかけないようなアクションや規律有る行動規範を…。

なんて無理だから、やっぱり喫煙者は…って言われるような、そんな事ばかりする人が目立つわけだが。

ネットではたまに喫煙者が、マナーを守ろうとか、マナーの悪い喫煙者を批判してるけど、リアルではまだ見た事が無い。

喫煙者からしても、他の喫煙者は怖いからだろう。タバコを注意されると喫煙者は簡単に切れて、タバコをポイ捨てするかのように人の命をゴミのように扱う、そんな恐怖から喫煙者でも注意しづらいのではないのだろうか。

元記事:お城のような廃虚ビルでぼや…元風俗店 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
25日正午頃、水戸市天王町の鉄筋コンクリート造り5階ビルの1階で、畳1枚と周辺の壁を焼くぼやが発生した。

 ビルは無人で、地元の中高生らが頻繁に出入りしていた。同ビルでは3年前にも火災があり、付近住民からは「大火事になったら大変」と心配する声が上がっている。

 現場は市中心部の歓楽街の一角。市消防本部によると、ビルには風俗店が入居していたが、20年以上前から空きビルになっていた。ビル外壁にはスプレーで「立ち入り禁止」「入るな」などと書かれているが、窓ガラスは割られ、それを塞ぐ木の板も壊されていた。水戸署は火の気がないことから、不審火の可能性があるとみて原因を調べている。

 ビルに入ったことがあるという近くの男性によると、漫画やたばこの吸い殻が散乱していたといい、「心霊スポットや秘密基地みたいな感覚で中を探検する子どもたちがいた」と明かす。

 2008年12月には、たばこの投げ捨てが原因とみられる火災が発生。ビル所有会社の担当者は「勝手に入られて困っているし、今後も同じような火災があると危ない。何らかの対策を講じたい」としている。

(2011年8月26日10時16分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 22:01 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者は全部NG 女子が惹かれるのは? 男性に気をつけてほしい美容ポイント

全部喫煙者NGの内容。若いうちは誤魔化せるものもあるけど、20代後半くらいから(個人差あり)徐々に地獄。

喫煙すると、どんどん不細工になりどんどん太りやすくなりどんどん臭くなる。(まれにタバコの悪影響が少ししか出ない人もいるが、町中や喫煙所に集まる人たちを見れば、殆どの人が30〜40にもなるとタバコの悪影響が出ている事を見て確認出来る。)

勿論これは男女関係無い。本人に自覚の無いケースもあり、周囲の人は悪臭や見苦しさで気分が悪くなる事も多いが、喫煙者がこれを自覚したらそれはそれで地獄かもしれない。

元記事:escala cafe | 女子が惹かれるのは? 男性に気をつけてほしい美容ポイント 【働く女子の実態】
■「いい香りがする男性に惹かれます」(26歳/アパレル)

■「男性も、肌がキレイなほうがいい!」(28歳/不動産)

■「口臭対策はしっかりしてほしい」(30歳/宝飾)

■「キレイな歯を持つ人は笑顔が素敵!」(27歳/出版)
「白くてキレイな歯は、笑顔をキレイに見せてくれますよね。男性の前歯が虫歯で黒くなっていたり、食後に歯の間に食べ物がはさまっていたりするのを見ると、なんとなく萎えてしまう。タバコのヤニで黄色い歯もNGです!」
posted by 美人薄煙 at 21:53 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮:金総書記の健康改善か?タバコ再開。死んだ方が良いクズは何故か喫煙者

死んだ方が明らかに良いクズというのは、高い確率で喫煙者である。

これは偶然ではなく必然。

性格がゆがんでるとか、現代社会に不適合とか、そういった特徴のある人は、タバコ産業にとっては良い客。逃げ場や癒しや、反社会的である事に一種のブランドやプレミアを与えるかのような、宣伝広告を展開しているからだ。

勿論タバコを吸う事を除けば問題が少ない喫煙者もいるが、やはり喫煙によって身につく傾向や性質を考えれば、人としてどうしても見劣りする人が喫煙者に多くなるのは、避けられない事実である。

喫煙する事で、日常的に習慣として、条例や法律に違反する行為を行うようになってしまう。

喫煙者が当たり前のようにやってるポイ捨ては、条例以前に軽犯罪法違反である。

こういった事を言うと喫煙者は逆ギレして「ポイ捨てされるのはタバコだけじゃない!空き缶とかペットボトルとか色々あるだろ!」と言い出す。

しかし、タバコのポイ捨てが毎日10回20回繰り返す習慣になったら、タバコより少し大きいゴミもポイ捨てする習慣が身につくのも自然な流れ。他のゴミも喫煙者が捨ててる割合が高いと推測されるのも当たり前である。

勿論こういった法律違反だとかを抜きにしても、健康問題や美観の問題など多々問題がある。それらは全て喫煙者を一般人より劣ったものへと堕としていくものだし、喫煙者もそれを自覚して約半数はいつか辞めたい、出来れば辞めたい、今すぐ辞めたい、と考えている。

元記事:北朝鮮:金総書記の健康改善か 急激な体重増に不安説も - 毎日jp(毎日新聞)
 【ソウル澤田克己】ロシア極東地方の通信社が撮影した訪露中の北朝鮮の金正日総書記の姿について、韓国では「太ったようだ」という声が出ており、健康状態がよくなったのではないかと話題になっている。

 金総書記が21日に訪問したアムール州では地元通信社が、訪問先の水力発電所で芳名録に署名する金総書記の姿などを至近距離から撮影した写真を配信した。写真の金総書記は腹部や手足にふっくらした感じが戻っており、08年に倒れて以来、不自由になったとみられている左手で芳名録などを支える姿も見られた。

 韓国メディアの多くは「健康状態がよくなって体重が増えたようだ」という医師の分析を伝えるなど、金総書記の健康状態に注目している。ただ、聯合ニュースは一方で、「5月の訪中から3カ月の間に見違えるほど太った」として、急激な体重増加はむしろ何かの問題があるのかもしれないという見方も伝えた。金総書記は最近、一時期やめていた酒とたばこを再開したとも言われている。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 21:46 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海のゴミトップはタバコ、海に囲まれた国に住む日本人は無関心であってはならない 海水浴場:喫煙に罰則 県内初、大磯町が独自条例案 /神奈川

ご覧の通り、海のゴミはタバコが圧倒的なトップ。
icc.jpg
海に囲まれた国に住む日本人が、この事実に無関心であってはならないだろう。

勿論、海の名をつけ、パフォーマンスと過激な行動と資金集めを目的とするエセ環境保護団体シーシェパードは、タバコには一切噛みつかない。タバコの環境汚染などをテーマにしても金にならないからだ。

元記事:海水浴場:喫煙に罰則 県内初、大磯町が独自条例案 /神奈川 - 毎日jp(毎日新聞)
大磯町は海水浴場の喫煙場所以外で喫煙した場合、2万円以下の罰金などの罰則規定を盛り込んだ「美しいまちづくり条例案」を9月町議会に提案する。県条例では罰則がなく、海水浴場での喫煙に罰則を設けたのは県内でも初めて。

 同町の海水浴場は「日本で初めての海水浴場」といわれていることもあり、町では海岸の景観保持に力を入れることにした。条例では公共の場所で、たんやつばをはいたりしても罰則の対象にした。

 中崎久雄町長は「規制は望まないが、周囲に迷惑をかける行為も目立つ。このような条例があるから気をつけよう、という感じになってほしい」と話している。【渡辺明博】
posted by 美人薄煙 at 21:36 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカと煙は高いところに上る→バカと喫煙者は高い代償を払う 冷却スプレー 引火に注意を

バカと喫煙者は高い代償を払う。タバコを吸ってなければ、まずやらないミスをホイホイとやる。

しかし、喫煙者たちが間抜けなミスを繰り返し、果てにホームレスまで落ちても、宣伝と自己暗示の「タバコで集中力が高まる!」(ドヤ顔で)はやまない。

元記事:冷却スプレー 引火に注意を NHKニュース
暑さ対策で冷却スプレーなどを使用した後、ライターの火が引火してやけどをするケースが起きていることから、東京消防庁は注意を呼びかけています。
東京消防庁によりますと今月東京・練馬区のアパートで50代の女性が冷却スプレーを使った後、タバコにライターの火をつけようとしたところ、空気中に溜まっていたスプレーの可燃性ガスに引火し、顔や腕などに大やけどをしました。こうした事故は冬場に暖房器具の近くでヘアスプレーなどを使っていて起きるケースが多いということですが、ことしは節電による暑さ対策で冷却スプレーや制汗スプレーを使う人が増えているとみられることから、東京消防庁はスプレー缶の取り扱いに注意するよう呼びかけています。
posted by 美人薄煙 at 21:31 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御用記事にツッコミを入れる ZAKZAKの例

資本が近いだけあって、殆どSPA!と同等の記事。ツッコミを入れていこう。

元記事:兵庫“嫌煙条例案”キッツ〜イ!喫煙室の設置もNO - 政治・社会 - ZAKZAK
兵庫県も同様の条例案策定に乗り出している。ところが、このほどまとまった規制案は将来の全面禁煙をみすえたような強烈なシロモノ。これが成立したら商売あがったりと、飲食店を中心に早くも反発の声が出ている。

そもそも、条例が何のためなのかを無視した、手前勝手な妄想からスタートする痛々しい記事です。

受動喫煙の害は、平山論文を皮切りに、世界中で査読・検証・調査され、新たに数十以上の研究が重ねられ、受動喫煙の害は実質的に証明できるレベルに至った。

だからその受動喫煙を防ぐ必要があり、それには完全禁煙が必要であり、その将来を見据えているという自然の流れなのだが、将来を見据えて一体何が悪いのだろうか?

記者や編集はこのタイトル・出だしがおかしい事に気づかなかったのだろうか?

まず受動喫煙を防止するための条例だから、原則全面禁煙しかありえない。

なぜなら、分煙は「従業員の健康を守れない」「喫煙席に同席を強制される客の健康も守れない」しかも店側に「無駄なコストがかかる」(=費用は料理に上乗せされ客の負担も増える)と欠点だらけ。

よくJTが分煙で共存だとかありえない事を綺麗事のように騙っているが、喫煙者と非喫煙者の共存は、喫煙者が完全に私事である喫煙を非喫煙者に押し付けるのを辞めれば済む話である。

従来喫煙者やタバコ業界関係者は、散々タバコの事を趣味や嗜好品と主張してきた。(つまり完全な私事である。)

しかしこれは不自然だ。人と普通に食事する際に、相手に関係の無い私事を頻繁に挟まない。例えば食事中に、音楽を演奏したり、歌い出したり、イヤホンをつけ音楽を聴いたり、踊り出したりする人がいるだろうか。普通はいない。また、他に例えばチョコレートなどを持ち込んで食べ始める人もいない。

それらは完全に私事であり、喫煙の事を趣味だの嗜好品だのと主張しておいて、同席する相手などに我慢を強要し、(喫煙は)私事ではないと言うのは無理があるだろう。

同席など以外にも「タバコを吸わせろ!」と飲食店に高圧的・暴力的・威圧的に禁煙を取りやめるよう要求を出す喫煙客は少なくない。何件か禁煙にしないのですか?と聞いたら、高い割合で喫煙客による圧力があったと回答を得た。こういった喫煙客がタバコ業界の人間によるものなのか、普通の喫煙者の日常なのかは、裏は取ってないが、どちらにしても民主主義も何もあったものではない。

喫煙者と非喫煙者の共存に、分煙を持ち出すJT関係者がいるが、喫煙場所を確保し、JTとコラボして分煙設備を開発してるメーカーとのお遊戯的な提案であり、本来なら検討に値するものではない。

これが成立したら商売あがったりと、飲食店を中心に早くも反発の声が出ている。

これが成立したくらいで困るような飲食店は、元々喫煙者を相手にする質の悪い飲食店。エサと言って良い低レベルな粗悪な料理(エサ)しか出せない店である。味の悪さを、喫煙者の出してくれるタバコの煙によって「とりあえず腹に入れば良い」と済ませているレベルの店が中心になるだろう。

頻繁にJTのコンパニオンに活動(居酒屋などでしばしば、JTのキャンギャルなどがやってきて客にタバコを勧める販促活動。FCTC違反の疑い。)させて、謝礼を貰ってる、本業で経営の出来ないダメ飲食店である。

逆に質の良い飲食店ほど、衛生面など様々な観点から禁煙の傾向が強い。そして綺麗な空気の中で、きちんと料理を味わった上で高評価を得る自信がある。勿論そういった品の良い店に、あのJTの下品なキャンギャルが入ったら浮くし、入れて貰える事はまず無い。

旅館・ホテルや飲食店などは暫定措置として喫煙室設置などで分煙を認め、小規模飲食店は禁煙時間帯を設ける対応でも可能。小規模なスナックやバーは努力義務にとどめる−といった内容だ。

典型的なぬるくされてしまった内容である。ところがタバコによって収益を得ている連中にとっては、これが過激に当たる。
小規模飲食店の基準を神奈川の「床面積100平方メートル以下」から「75平方メートル以下」にして適用範囲を広げるなど、全体的に神奈川より厳しいのが特徴。

神奈川県の条例も、骨抜きにされてしまった部分があり不十分。そして誰も神奈川県の条例を基準にこれ以上厳しくしてはいけない、といった話をしてないのに、最初からこの論調。根拠も何もなく、金をくれる都合の良い方に持って行こうとする御用記事のお手本のような流れ。

現在、一部の飲食店組合が店頭に貼っている「禁煙」「分煙」のステッカーについても「分煙は喫煙の奨励になる」などの理由から効果なしと否定するなど、とにかく委員会の喫煙に対する姿勢は厳しかったという。

事実である。事実を口にすれば、こうやって御用提灯記事が叩く。これを繰り返すと、事実を口にする事も出来なくなってしまう。タバコマネーによる言論封殺、圧力である。

「委員15人のうち、反対派は私と飲食業、商工会から参加した3人だけ。昨年6月の第1回会合でいきなり骨子から作り始めようとしたので、私たちが反対して止めたこともあります。

世間から何が求められてるかもわからない、いい加減な道楽商売でもやってるのでしょう。ニーズに応えず、表では客に頭を下げ、腹の中では客を金づるとしか見てない、殿様商売の気質が強いのではと疑ってしまう。

結局、報告書で私たち反対派の意見はほとんど端折られた。

採用する価値の無い意見ははしょられて当たり前。それでもJTの資金力や政治力によって、最初はしっかり厳しく始めた条例の骨子も、骨抜きにされる恐れは多々あるが…。

兵庫県は観光立県を掲げていますが、こんな条例が成立すれば観光は大ダメージ、経済もガタガタになりますよ」

タバコが吸えるかどうかを判断基準にし、観光するかしないかを決定するバカがいたら、是非ともその馬鹿面を拝ませて貰いたいものである。

そこまで判断基準がタバコに重点を置くような脳なら、あと何年かすれば「定番のタバコ代が欲しくて強盗」までやってくれるだろう。犯罪者の脳を解剖するべきと主張し、タバコについて適当な事を言って禁煙学会から突っ込まれると答えず逃げ隠れする、あの養老孟司氏に脳を解剖させるべきである。

規制案はこの先、パブリックコメントを実施し県民から意見を募ったうえで、来年2月の県議会に条例案として提出される予定だ。

こういった妨害意見が多々寄せられるので、県民は正論を書いて送る事にしましょう。
読売新聞JT自作自演

県議会第1党の自民党議員団の石堂則本幹事長は、「議員団の中でも賛否が分かれているが、この条例は全国に波及する可能性があるので慎重に議論を重ねたい。ただ、今回の規制案はあまりにも飛躍しすぎの感が否めない。この内容のまま条例案が出ても、議会は通らないんじゃないか」と話している。

議員は金と票のために動く。自民党は特にタバコ農家との癒着が酷い。
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 21:24 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

女の敵タバコ、美容に悪影響だけでなく、病気にも大きなリスク。栄養摂取や生活習慣で巻き返そう。

タバコが美容の大敵である事は、過去記事の喫煙女性に美人が少ない理由などでも言及しているが、美容だけでなく健康面でも大きな負担を強いられている。

一方で、栄養摂取によって男性より女性の方がリスク減に繋がる事もわかった。

元記事:喫煙者の冠疾患リスク、女性は男性の1.25倍| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
元記事:時事ドットコム:ビタミン剤摂取、がんリスク減=女性のみ、生活習慣も重要−がんセンター
非喫煙者と比較した喫煙者の冠動脈イベントリスクは、男性に比べ女性の方が有意に高く、それぞれの相対リスクの比は1.25倍になることが、米Minnesota大学のRachel R Huxley氏らが行った系統的レビューとメタ分析で明らかになった。論文は、Lancet誌電子版に2011年8月11日に掲載された。

国立がん研究センター(東京都中央区)などの研究班は25日、ビタミン剤の摂取を続けた女性ではがんや循環器疾患の発症リスクが低下するとの調査結果を発表した。男性について関連は認められず、同センターは「男性の場合は、喫煙や飲酒の影響があるのでは」としている。
研究班は全国9地域を対象に、1990年から94年にかけ、40〜69歳の調査を開始。このうち、開始5年後にがんや脳卒中などの循環器疾患にならなかった男女6万2629人を追跡調査した。その結果、追跡調査を始めてから7〜11年間に4501人は何らかのがんと診断され、1858人が循環器疾患を発症したことが分かった。
研究班は、対象者をビタミン剤の摂取状況に合わせ(1)調査開始時・5年後とも非摂取(2)開始時摂取・5年後非摂取(3)開始時非摂取・5年後摂取(4)開始時・5年後とも摂取−の4群に分類。摂取の定義は、調査開始時は週1日以上、5年後では週1日以上を1年以上継続とした。
 女性について(1)のがんリスク値を1.0とした場合、(2)が1.17、(3)が1.24、(4)は0.92。同様に循環器疾患は(2)1.08(3)1.32(4)0.60だった。男性は関連性が一切なかった。
 女性の(2)は肥満や喫煙、高血圧の割合が高く、(3)はデータを精査した結果、ビタミン摂取を始めた時に潜在的疾患が既にあり、がん発症と関連はないと結論付けた。(4)の摂取継続者は検診受診率が高く、食事によるビタミン摂取量が多いなどの特徴があったという。
 同センターの笹月静予防研究部室長は「男性で差が出ないのは飲酒や喫煙により、ビタミン剤の効果が打ち消されたためと思われる。ビタミン剤以外にも、運動や食事などによる生活習慣の改善が重要だ」としている。(2011/08/25-11:48)
posted by 美人薄煙 at 21:39 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏政府 財政赤字の削減策発表 タバコ増税は当たり前 一方日本は利権と圧力によって増税は阻まれる

同じ自由主義国でも、利権と圧力に屈して、タバコの規制や増税が出来ないなどというのは、やはり国際的に恥ずかしい事だ。

日本という国自体がフランスに劣るとは思ってないし、欧米コンプレックスなども無いが、こういう差を見せつけられると日本はまだまだなところがあると痛感する。

元記事:仏政府 財政赤字の削減策発表 NHKニュース
フランスのフィヨン首相は24日、信用不安の要因となっている財政赤字を、2年間で120億ユーロ削減すると発表しました。具体的な削減策としては、歳出の削減に加えて、タバコやアルコール飲料への増税、富裕層への課税の強化などを挙げています。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 21:35 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しさは肺から! 健康な肺とタバコで真っ黒くなった肺の比較

肺といえばこの話は避けて通れない。我が国の国立大に室井なる教授がいるのですが、真っ黒になった喫煙者の肺の写真など捏造だ、と言い張っています。

その根拠は全く無し、メディアリテラシーを教える教授ともあろうものが、驚いた事に何の文献もソースも証拠も出さずに、あの写真は捏造だ!と言ってるのです。

この世界中に実在する喫煙者の黒い肺も、全てSFXとかCGとか捏造だというのでしょう。タバコを信じるあまりもしくはタバコ会社などから金品を受け取ったためん)ありえない妄想を口にする副作用は恐ろしいですね。

彼にかかれば、世界中の国を問わず喫煙者から摘出される真っ黒になった肺は、どうも全て浅野さんというスーパーマンの手によって捏造されたそうです。
参考:室井尚タネ明かし<2:パンジー先生の捏造疑惑>

肺とは関係無いのですが、この教授、水道水1リットルにはタバコの一万倍発癌物質が入ってると主張しています。大変ですね、健康のために一日2リットルの水を飲むとタバコ2万本を吸った事になりますよ!
参考:室井尚のタネ明かし<4:小学生以下の計算能力!?>
クリップボード01.jpg
この教授によると、絶え間なくこの絵の勢いと似たレベルで一日中喫煙するのと、水を2リットル飲むのが一緒だそうです。こんなのに勤まる教授職って一体どうなってるんでしょうか。大学に問い合わせしてみたいですね。

元記事:美しさは肺から! 健康な肺とタバコで真っ黒くなった肺の比較 – Be Wise Be Happy Pouch [ポーチ]
皆さんはタバコを吸いますか? 日本人女性の喫煙率は12.1パーセントと先進国ではかなり高い割合です。記者も以前は吸っていたのですが、2010年のタバコの値上げと共に禁煙に成功しました。吸っているときは気にしていなかったのですが、自分が非喫煙者になってみて初めて、害ばかりでいいところはひとつもないと感じるようになりました。

本日は、タバコを止めたくてもなかなか止められない人、タバコが憎くて仕方がない人のためにある動画を紹介します。


テーブルの上には、タッパーに入った人間の肺がふたつ並べられています。ひとつは、非喫煙者のピンク色の健康な肺、もう一方は喫煙者のガサガサに乾いて艶のない真っ黒な肺。両方の肺にはそれぞれポンプがつながれており、空気を入れてその膨らみ方を観察できるようになっています。

健康な肺は、空気を入れると、まるで風船のように膨らみます。表面には艶々としたハリがあり、健康そのもの。

では、黒い肺はどうでしょうか。こちらにも空気を入れてみます。ふしゅ……へにゃへにゃ……ふしゅ……へにゃあ〜。どこかに穴が開いているのでしょうか? 空気が抜けるような音がして、なかなか膨らまずにしぼんでしまいます。また、真っ黒の肺に白いものがところどころありますが、これは全て腫瘍です。

人間の肺がタバコによって汚れてしまうのは周知ですが、まさかこんなにもドス黒く、肺の機能も失われてしまうとは。

美を追求する女性は皆、お化粧や洋服、ネイルにアクセサリーと外見には力をいれますが、目に見えない部分にはなかなか気がまわらないもの。肺もそのひとつといえるでしょう。実際、タバコを吸う女性を、快く思っていない男性は多いようです。目に見える部分だけでなく、体の内面から美しさを磨いてみませんか。

(文=みあざきぱなま)
posted by 美人薄煙 at 21:30 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7歳長男暴行死、体にたばこ痕 日常的に虐待が疑われる無職愛煙家が逮捕される。逮捕後も、夫婦で醜い罪の擦り付け合い

タバコに関係する悲惨な事件は後を絶たない。

また幼い命が無職で全く価値の無い愛煙家によって失われた。

つい先日にも、タバコを取るためによそ見をしたトラック運転手による大事故でも一家5人が死傷した、痛ましい事件があったばかりだ。

そんな悲しい事件が繰り返されるにも関わらず、タバコ関係者たちは「たばこの町」歴史を後世へ 池田町、語り継ぐ会近く設立などと、タバコをあたかも文化的であるかのように喧伝している。

タバコが無くなれば全ての悲しい事件が無くなるわけではないが、あまりにも救いのない傷ましい事件や事故は確実に減少するし、子供たちの未来を守る事が出来る。

政治屋どもが子育て支援などと吹聴しているが、まともに子供を守るためにタバコの問題について目を向ける政治家は居ない。

元記事:7歳長男暴行死、体にたばこ痕 日常的に虐待か - MSN産経ニュース
大阪市西淀川区の夫婦が同居する小学2年の長男(7)に暴行して死なせた事件で、長男はやせ細り、体にはたばこの火を押し付けられたような痕があったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 西淀川署に傷害致死の疑いで逮捕されたのは無職、森田勝智容疑者(44)と妻、良子容疑者(29)。同署によると、死亡したのは市立大和田小2年、藤永翼君で、良子容疑者の連れ子。同署は日常的な虐待がなかったかを調べる。勝智容疑者は「翼君を放り投げた。良子容疑者が突き倒しているのを見た」と容疑を認め、良子容疑者は「突き倒したりはしていない」と否認しているという。

 夫婦と翼君のほか、次男(4)と三男(2)との5人家族。翼君は今年4月まで大阪市内の児童養護施設に在籍し、次男は現在も施設に預けられている。
posted by 美人薄煙 at 21:01 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコ会社「もうタバコの害を否定出来ないから、他の何々も害があるとかで罪を他に転嫁するんだ!」御用系物書き「承知しました、身近なiPhoneとかネタにします」

記者は自由の国アメリカの人のようなので、書くのは自由ですけど、タバコ会社や関係者とどれくらい親密な関係にあるのかもプロフィールに是非とも書いて頂きたいです。特技は書かなくてもわかります、微妙に滑るアメリカンジョークと御用記事ですよね。

普段の記事と少し趣向を変えて、引用しながら突っ込みを入れましょう。
携帯デジタル端末はいろいろお付き合いしてきたけど、あんなに夢中になった相手はiPhoneが初めてです。でもiPhone中毒嵩じてiPod touchと交換しちゃいました。

まず現実的にそう多くはない、日常に支障を来すようなハマった体験談?を例に挙げています。

例えばディナーパーティーで自分以外の人が全員テーブルに向かって頭を垂れて液晶で顔テカらせてたりすると、やっぱり孤独がヒシヒシくるわけです。

手持ち無沙汰で「なんかしなきゃ!」という気持ちに追い立てられるときは本読んで気を紛らすことにしたんですけど、それもねぇ...。iPhoneハマり過ぎても浮きますけど、本も浮きますよ...。

全員が携帯に熱中するディナーパーティーとかまずありえない話を基準にしている。どんな集まりだ。海外では家に招いてのハウスパーティも多いですが、全員が携帯に夢中になるのは変ですね。何のために招いたのでしょう。

...で、煙草の効用を試してみることにしたんです。

さて記者がここで何を思ったのか、タバコを試したそうです。何が「…で」なのか、繋がりも因果関係も不明です。関係者から金品などの供与でもあったのでしょうか。

タバコと対比するなら、「喫煙者の大半がニコチン中毒に陥り、辞めたいと思っても辞められない」に相当する「iPhoneを使ったら殆どの人がハマってしまって辞めたくても辞められない」くらいの効果が無いとお話になりません。まずこの記事の成立からして間違っています。ジョークとしても微妙ですね。

そもそも生活必需品であり、便利なツールであり、連絡手段であり仕事道具でもある携帯と、ただのタバコ会社が儲ける手段であり、喫煙者の個人的な身勝手アイテムでしかないものを、並列に並べる事に無理があります。タバコ会社は、歴史も文化も無いタバコの「格」を挙げるために、歴史や文化のあるものや、普遍的なものや人気のあるものに例えたがります。

また悪い事の対比として、よくタバコ擁護者(タバコ会社、タバコ屋、喫煙者、御用関係者、など関係者しかいない)は、酒を例にあげますが、アルコール依存率とニコチン依存率の大きな差などを完全に無視してるのと似てますね。
中毒は他のものと代替可能な傾向が強いもの。タイタニックで席を交換するように、中毒Aで困ったら中毒Bに置き換えてやればいいのです。

中毒が代替可能?初めて聞いたので「中毒 代替可能」でググりましたら、この記事が一番上に出てきました。他のページは関係無いしかヒットしません。

タバコ擁護の御用系物書きは、記事の中にさりげなく、何も確証や証明が無い事を、一般論としてこうなのです、と言っちゃう癖でもあるのでしょうか。
TechCrunch曰く、「テクノロジーは新たな喫煙」らしいですし。

例としてあげているリンク先も怪しい記事です。リンク先は邦訳で、原文やその意図までは読んでませんが、このリンク先も酷い。無理に「身近で一般的なものと喫煙は似てる」と強引に結びつけた上に、最後には喫煙は推定無罪だ、と主張するかのような駄文。タバコ会社やその関係者だけが使う「証明」は、このブログでも書いたように科学の否定で、タバコ会社が相手に求めながらもタバコ会社自身が出来ない押し付けるだけの「証明」なのです。

タバコ会社は、自らが出資した財団や変な集まりに、タバコ会社にとって都合の良い研究や捏造やコラムを書かせます。そしてその間違った内容のものを堂々と出典やソースとして利用し、駄文に権威付けを行います。この記事にもその臭いがしますね。

この後「スマートフォンより喫煙がまだマシだと思うこれだけの理由」というアメリカンジョークが展開されます。

>・煙草の方が人と交流できる
この利点に統計的な事実はありません。タバコを吸う人は、統計的に教育や収入やIQが低く、攻撃的で病気になりやすいです。喫煙者とだけ交流出来ても、デメリットしかありません。例えば日本ではパチンカー(パチンコ。パチスロをやる人)の喫煙率が約7割。パチンカーには、職業的にも怪しい人や多重債務者やいつ犯罪を犯してもおかしくない連中が一般人より多くいます。そのような人とお近づきになれるチャンスなど、無い方が良いのです。

>• iPhoneより煙草の方が操作が簡単
電話をかける操作も、ディナーの店を探す操作も、簡単でないからiPhoneはタバコより劣っている!アメリカンジョークって愉快で面白いものが結構ありますが、しばしばこの記事のように理解が困難なジョークもありますね。

>• どれだけお金がかかるか分かる
定額ならわかるのに無理にわからないふりをしている。携帯ツールは例えば、仕事の連絡をする、仕事で使う店を決める、等金を生む。生産的である。タバコは基本的にそれが無い。喫煙所で仕事の話をする、などは普通に仕事の話をすればいいので代替可能だし、そもそも仕事時間中に抜け出して仕事の話をしてるから役立ってるとか、どういうジョークなの?

>• 煙草は吸うのにかかる時間が決まっている
個人差はあれどニコチン補充した後は吸いたくなくなるだけです。タバコ会社の役員も、あんなものはニコチンが無ければ誰も吸わない、と言ってます。

>•煙草は中毒だと周りも理解してくれる
タバコは迷惑だと喫煙者は理解してくれ…ない、という傾向ありますね。

>• 煙草吸ってるのは見れば一目瞭然
対比として、仕事できちんとした話をしている途中でも携帯をいじる、という普通の商慣習では無い例をあげている。どこで笑えばいいのか困るジョークです。

>• がんスティック(煙草)はオフラインでも使える
ナイスジョーク。記者は知らないだろうけど、日本ではタスポによってアリバイ調査されますが。

>• トイレに落としても拾わなくていい
喫煙者は好んでトイレにタバコを捨てるが、携帯をトイレに捨てたがる人はいない。

>• 警告が明記されている
記者はご存じ無いようですが、日本など多くの国では全く不十分な警告しかありません。

>• 携帯電話の健康への影響はまだ結論がついていない
タバコ会社は他に害になるものはないか、と日々探し回っています。御用財団などを作っては、あれこれ鍵回っています。例えば、身近な携帯が害ならタバコも大目に見てもらえるだろう、と出資した財団を通じて、携帯でDNA損傷するよという捏造までさせていたます。(携帯電話電磁波がDNAを損傷させるという研究はねつ造だった - ドイツ語好きの化学者のメモ -

>• 煙草は手が疲れない
携帯で手を火傷したり、携帯から灰がこぼれたりしません。

>• セックスの後は煙草に火を付ける方がスマートフォンつけるより百倍セクシー
セックスとタバコを結びつける事で、背伸びをしたいモテない童貞がタバコをモテると勘違いして喫煙を始める、という未成年向けに使い古された宣伝手法。

>• 禁煙の方が簡単
スマートフォンが出て間もないので、統計的なものが無い。デメリットばかりのタバコと、携帯のような必需品を並べる不自然さは無視。記者は、あまり聞かないです、と狭い了見での判断。ナイスタバコジョーク。

>• 美的観点から言ってもiPhoneより煙草の方が私好み
規格が決まって表現などが制限される制作物と、人間そのものを比較して、後者を十人十色だから個性がある、と言ってます。ハハハ、ナイスジョーク。

もしかしてジョークではなく記者の頭がおかしいのでしょうか?

元記事:iPhone中毒より煙草の方がまだいいと思うこれだけの理由 : ギズモード・ジャパン
posted by 美人薄煙 at 20:52 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

タバコ会社「未成年を販売ターゲットとして狙え!」→タバコ欲しさに窃盗の男子中学生5人を逮捕

兵庫で8人がかりで強盗し老人を大けがさせた愛煙家がいれば、今度は名張で5人がかりのタバコ窃盗団が現れた。

集団の強盗・窃盗とだけ聞けば「また不逞外国人の仕業か」と思われる方々も多数いるだろうが、日本の愛煙家の犯罪である。

日本人かどうかまではわからないが、おおむね日本人だろう。実に嘆かわしい。国籍は日本だとしても、日本人としての心意気を持ってないのは確実だ。

元記事:窃盗の疑いで男子中学生5人を逮捕 名張署 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース
名張署は8月22日までに、名張市内の中学校に通う3年生の男子生徒5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
 発表によると、5人は7月8日午後5時10分ごろから同日午後5時20分ごろまでの間、タバコを盗む目的で名張市内の食料品店の2階倉庫に侵入し、タバコ1カートン(販売価格4400円)を盗んだ疑い。

 同署によると、5人のうち3人が実行犯として犯行に携わり、2人は離れた場所から犯行を見ていたという。目撃情報などを元に捜査を進め、8月2日から同月22日にかけて5人を順次逮捕した。

 調べに対し男子生徒たちは「手持ちのタバコが少なくなったので盗もうと思った」と供述しているという。
posted by 美人薄煙 at 22:35 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

大事故を未然に防ぐ快挙! 高校生の息子の喫煙を黙認した容疑で親を逮捕 

つい先日にも非常に傷ましい、喫煙者がタバコを取ろうとして大事故を起こし、一家5人を殺傷した大事件を思い出せば、この南ア署の警察は良い働きをしたと評価される。

どうせまた、これをタバコ業界関係者がワーワーギャーギャー騒ぎ立て、警察の活動を妨害をしようとするのだろう。

事件が起きてからじゃ遅い、警察は何をやってるんだ!と言う人たちがいるが、この警察は立派に大きな事故や事件になる前に逮捕して将来を戒めたではないか。

元記事:高校生の息子が喫煙 黙認容疑 - 山梨日日新聞 みるじゃん
南アルプス署は23日、県立高3年生の息子(18)がたばこを吸うのを黙認し制止しなかったとして、未成年者喫煙禁止法違反(親権者の喫煙不制止)の疑いで、富士川町の40代の自営業母親を書類送検した。
posted by 美人薄煙 at 22:03 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故かタバコ会社がヤブヘビになりそうな調査を 幸福度:財政危機あろうとも…ギリシャ人8割「幸せ」−−欧州の世論調査

何故かタバコ会社のBATが、独ハンブルクの未来研究財団(タバコ会社の出資による財団か不明)と共同で幸福度について世論調査を行った。

さて過去の調査では非常に面白い結果が出ている。

【日本での調査】喫煙者と幸福度:6000人の幸福度を対象にした研究。その結果、対象者のうち、1日当たりの喫煙本数が多いほど、幸福度が明らかに下がることが分かった。また、年収は幸福度を高めるが、1日1箱の煙草を吸う人が非喫煙者と同じ幸福度を得るためには、200万円余分に年収が必要であることがわかった。
【米国での調査】喫煙とストレス :2250人調査。「ストレスを頻繁に感じる」という人が、非喫煙者では31%、元喫煙者では35%だったのに、喫煙者は50%に上った。幸せかどうかの質問に、「とても幸せ」と答えたのは非喫煙者が39%、元喫煙者が34%なのに対し、喫煙者は25%にとどまった。また、健康かどうかの質問に「とても健康」と回答したのは、非喫煙者が63%、元喫煙者が55%なのに対し、喫煙者は36%だった。

今回の調査は、少なくとも記事本文を見るとタバコと関係無いようだが、どういった意図でこんな調査をしたのだろうか?原文には何か怪しい事でも書いてあるのだろうか?

過去の調査のようなヤブヘビになりかねないだけに、何か仕込みや裏がありそうだ。

元記事:幸福度:財政危機あろうとも…ギリシャ人8割「幸せ」−−欧州の世論調査 - 毎日jp(毎日新聞)
【ベルリン篠田航一】財政危機があろうとも、ギリシャ人は8割が幸せ−−。独ハンブルクの未来研究財団とブリティッシュ・アメリカン・タバコ社が実施した「幸福度」に関する欧州の世論調査で、こんな結果が浮かび上がった。

 欧州13カ国計1万5000人が対象。「私の人生は幸せだ」と答えた人の割合は、福祉国家デンマークが96%で1位だったが、2位はギリシャ(80%)、3位は同様に財政危機の渦中にあるイタリア(79%)が続いた。逆に欧州一の経済大国ドイツは61%と下から3番目。生活水準の高さとは逆に「悲観的」な姿が浮き彫りになった。

 国別で幸福度に差があるが、どの国でも共通して男性より女性、都市住民より地方住民、独身者より既婚者の方が幸福度が高かった。研究財団代表のラインハルト氏は「不透明な時代だが、各国とも世代が若いほど幸福度が高いのは明るい材料だ」と分析している。

毎日新聞 2011年8月22日 東京夕刊
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 21:57 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者が周囲の住民を巻き込んむ酷い火災を起こす 火の用心、タバコ一本火事の元

タバコが原因という事は重過失なので、損害賠償請求の対象になります。ところが喫煙者は火災で死亡。火災は基本的に救いようの無い酷い災害です。

また原因となる喫煙者が生きていても、喫煙者に債務能力が無い事は多々あります。

最近の調査では、多くの人たちが喫煙者とは結婚したくないとか、出来れば採用したくないと考え、人間関係からも仕事面からも喫煙者は無能で有害と認識されています。

実際そういう傾向が強いのだからしょうがないのですが、それを逆ギレしたり認めようとせず、かといって何も自己の改善や向上を目指す喫煙者が少ないので、更に嫌われます。

結果として、孤独で金の無い喫煙者がそこら中にいる、という事になります。ホームレスの殆どが、着の身着のままなのにタバコだけは熱心に拾ったりなけなしの金で購入してる姿を見れば、よくわかるでしょう。

喫煙者による放火を受け、一切の賠償が取れなかった例というのも、決して珍しくありません。

houkama.jpg

元記事:大阪・羽曳野の集合住宅火災:死亡男性の部屋、たばこで失火か - 毎日jp(毎日新聞)
住民の高齢者らが重体となっていた21日夜の大阪府羽曳野市の集合住宅火災で、搬送されたが死亡したのは赤松治さん(69)とみられる。ほかに2人が意識不明の重体。捜査関係者によると、赤松さんの部屋の一部が激しく燃え、周辺にたばこの吸い殻のような燃えかすが残っていた。府警は失火の可能性が高いとみて調べている。

毎日新聞 2011年8月22日 東京夕刊
posted by 美人薄煙 at 21:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8人がかりで老人の店を、計画的に襲う凶悪な愛煙家らを逮捕

タバコを販売していると、その因果の矛先が向く事もある。

タバコ販売店といえば、30万店近くあり、増税でやっていけないとか報道しまくるのに、実は年にたった200店しか潰れる事のない、楽して非生産的でボロ儲けという最悪の業種であるだけに、同情しづらい面も多々ある。

この老人を襲った未成年連中も、こういった行動から察するに筋金入りのクズだと思われる。生まれや育ちが人を作るというが、この連中にどれくらいタバコに含まれる有害な神経に作用する物質の影響があったのだろうか。

またタバコという、無駄金の必要な麻薬と同じ薬理作用がある(タバコ会社が言うには嗜好品らしい)製品のために犯罪を犯した事を考えると、タバコ会社の罪は決して無視出来ない。

勿論、この未成年がタバコが有ってもなくても、遅かれ早かれ凶行に及んだ可能性も高い。だが、そのように仕向けた複数の要素の一つとして、タバコがどれくらい後押ししたのか、具体体に計測出来ないだけにもどかしい。

なお、タバコ会社の内部資料や記録を紹介しておくと以下の通りである。(タバコ・ウォーズ悪魔のマーケティングを参照。)
タバコ会社役員「たとえ経費がかかっても若者にタバコを売り込みなさい。なぜなら彼らはタバコを経験したがっているし、同世代の仲間にタバコを宣伝してくれます。また、人生の最後までタバコを吸ってくれるし、最初に吸い始めたタバコの銘柄を忠実に、いつまでも、吸い続けるからです。」(1957)

フィリップ・モリス 「今日の子供達は、将来も喫煙を続ける常連客です。事実、喫煙者の大部分が最初にたばこを吸い始めるのは10代です。フィリップ・モリスにとって10代の喫煙習慣は特に重要です。」

RJレノルズ タバコ 「14-18歳の子供達の喫煙人口が増加する可能性があるという証拠があります。RJレノルズの将来の経営のためにも子供向けの新しい製品を開発すべきです。」

ブラウン&ウィリアムソン タバコ 「15歳から25歳の年齢に、重点的に、タバコを売り込むべきです。
彼らが見るTV番組や雑誌等にタバコ広告を掲載する効果を調査しましょう。」

ローリラード タバコ 「私たちの商売は高校生にタバコを販売することです。」

USタバコ 「わが社の新製品はキャンディーの味がします。キャンディーが好きな消費者向けの商品です。私が何を言いたいのか判りますか?」


元記事:強盗致傷:容疑で少年8人を逮捕−−東灘署 /兵庫 - 毎日jp(毎日新聞)
元記事:中3ら強盗致傷容疑…たばこ盗もうと客に大けが : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
元記事:中3ら少年8人が酒店で強盗 男性重傷 店に謝罪に訪れ御用 - MSN産経ニュース
酒店でたばこを盗もうとして客に大けがを負わせたとして、兵庫県警東灘署などは20日、神戸市東灘区の無職少年(17)と、同市と同県西宮市に住む中学3年の男子生徒7人(いずれも14歳)を強盗致傷容疑で逮捕したと発表した。


 発表によると、少年らは17日午後3時40分頃、神戸市東灘区本山中町2の酒店で、カウンターにあったたばこを奪って逃げようとした際、取り押さえようとした客の無職男性(64)を転倒させ、右肩骨折など約1か月の重傷を負わせた疑い。

 少年らは遊び仲間で、犯行前には偵察役や見張り役、実行役などの分担を決めていたという。事件翌日、新聞報道などを見た中学生3人が同店を謝罪に訪れ、少年らの関与が分かった。

(2011年8月20日13時31分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 21:41 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本財団会長・笹川陽平、復興財源にたばこ1000円と株放出を求める(2)税収増も狙えるし、税収が増えなくても良い事ばかり

日本国が批准したFCTC(タバコ規制枠組み条約)についてもきちんと言及。

世間では、こういった国際的な恥になるかどうかの明暗を分ける事実を、あたかも無かったかのようにスルーして、増税は横暴だとかファシズムだとかバカげた事を言う輩が多い。

政治家が公約を守らなかったら叩くのに、自分に都合が悪い事の場合は公約を守ろうとしたら叩く。救いようがない。タバコ関係者は、タバコによって脳の倫理基準が左右されてるか壊れていて、完全にご都合主義になっているようだ。

元記事:【正論】日本財団会長・笹川陽平 復興財源にたばこ1000円と株放出+(2/3ページ) - MSN産経ニュース
2010年度の喫煙人口は約2500万人、販売総額は3兆6100億円。うち税金は国と地方を合わせ2兆2700億円。110円の値上げで消費量が若干、減ったものの、販売額は増加する傾向が今回も続いている。

株式売却で1兆7000億円

 1000円に値上げした場合の消費量に関しては、厚生省の研究班など各種の調査があるが、先行して1000円時代を迎えた欧米で引き続き20%台の喫煙率が維持されている現状からも、1兆円前後の増収は見込めると判断する。財務省が50・01%を保有するJT株も全株式を放出すれば、現在の株価で1兆7千億円前後になる。

 政府には、11年度第3次補正予算案に合わせた復興税制関連法案にたばこ増税を間に合わせるのは時間的に無理といった意見やJT株の3分の1を売却する案も出ているようだ。しかし、時間が足りないのであれば増税の実施時期をずらせば済む。また、たばこ条約に批准して、たばこ規制を国際的に公約した政府が実質的にJTを支配する現在の姿は明らかに条約の趣旨に反し、これ以上、JT株を保有する意味もない。3分の1ではなく全株を売却して完全民営化を実現すべきである。

 さほどの税収増につながらない場合も、その分、大幅なたばこ離れが進むわけで、国民の健康増進だけでなく、肺がんの増加など年間5〜7兆円と試算されるたばこ被害の抑制につながり、政策的な矛盾は生じない。
posted by 美人薄煙 at 21:25 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット生放送で女子高生が喫煙を放送か / ネットの声「吸ってる自分に酔ってる」

愚か者が、能力も自己表現の手段も持たない故に、自己表現の手段にタバコを選ぶ事はままある。

タバコに宗教的な妄想のようなイメージを抱き、そのイメージでもって自己表現に使えると判断するようだ。

ただしその「タバコの持つイメージ」はタバコ会社がCMや映画やドラマなどメディアを使って(スポンサーの力で)、タバコを力強いとか知的だとか、全くの根拠が無いところに作り出したイメージだ。

こういった安易な宣伝に騙されない一般の非喫煙者からすれば、メディアで好意的にPRされるイメージよりも、現実的に多数居る喫煙者のリアルな姿や振る舞いから「臭いとか頭が悪い」と判断する。

ニコニコの生放送は基本的に見ないが、ステレオタイプにばっさり切ってしまえば、目立ちたがりが注目されたいため+自己イメージを増大させるために、タバコを吸ったという事だろう。

最近のネットすぐに本人特定をしてしまうので、この女子高生もきっと大変な事になってるだろう。こんな安易に喫煙するほど愚か者なら、交友関係も浅薄なものだから、ネットで騒ぎになってると知れば個人情報を流出させる者がいてもおかしくない。

本人の自業自得や愚行も多いとはいえ、まだ可能性を持つ未成年が、タバコによって将来に大きな傷を持つのは極めて良くない事である。

その罪の一端を担ってるのが、過去の記事でも何度か書いてるが、子供向けの宣伝を繰り返すタバコ産業にあるのは間違い無い。

タバコ・ウォーズ悪魔のマーケティングでも明らかにされている、裁判や資料流出を通じて明らかになったタバコ産業の内部発言記録が以下である。
タバコ会社役員「たとえ経費がかかっても若者にタバコを売り込みなさい。なぜなら彼らはタバコを経験したがっているし、同世代の仲間にタバコを宣伝してくれます。また、人生の最後までタバコを吸ってくれるし、最初に吸い始めたタバコの銘柄を忠実に、いつまでも、吸い続けるからです。」(1957)

ついでに紹介しますが、子供だけでなく、女性を狙う販売戦略も内部資料から見て取れます。
「君といつまでも一緒にいたい。」などのスローガンを用いて積極的に女性に売り込み、Virginia Slimsの発売後6年間で女性の喫煙率は2倍になった。(1968)

フィリップ・モリス 「今日の子供達は、将来も喫煙を続ける常連客です。事実、喫煙者の大部分が最初にたばこを吸い始めるのは10代です。フィリップ・モリスにとって10代の喫煙習慣は特に重要です。」

RJレノルズ タバコ 「14-18歳の子供達の喫煙人口が増加する可能性があるという証拠があります。RJレノルズの将来の経営のためにも子供向けの新しい製品を開発すべきです。」

ブラウン&ウィリアムソン タバコ 「15歳から25歳の年齢に、重点的に、タバコを売り込むべきです。
彼らが見るTV番組や雑誌等にタバコ広告を掲載する効果を調査しましょう。」

ローリラード タバコ 「私たちの商売は高校生にタバコを販売することです。」

USタバコ 「わが社の新製品はキャンディーの味がします。キャンディーが好きな消費者向けの商品です。私が何を言いたいのか判りますか?」


元記事:インターネット生放送で女子高生が喫煙を放送か / ネットの声「吸ってる自分に酔ってる」 – ロケットニュース24(β)
なんと、女子高生と思われる女子がインターネット生放送を自宅から行い、そして自分が喫煙しているしシーンを映したのである。そもそも未成年の喫煙自体が許されない行為だが、それをインターネット上で配信してしまったため、大きな騒動へと発展してしまったのである。

この女子高生らしき女子はタバコの『マルボロ』を吸っており、そのようすを多くの視聴者が目撃。この喫煙騒動はあらゆるブログや掲示板に広まってしまい、取り返しのつかない状況に陥っている。

人気ブログ『オレ的ゲーム速報@刃』でも騒動が報じられており、管理人は「街中で吸っていたら注意してくれる大人が減ったよね。だからこの子は罪の意識無く配信で吸っちゃったのかね」とコメントしている。
posted by 美人薄煙 at 18:34 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本財団会長・笹川陽平、復興財源にたばこ1000円と株放出を求める

こういった立場にある人で、しっかりとこういった常識や倫理を語れる人というのは意外に少ない。

喫煙率25%を切ったとはいえ、自分の家族や知人に喫煙者が全くいない人は殆ど居ないだろう。私も当然ながら親戚や知人に喫煙者がいる。

多くの人が、本当は内心で嫌だと思っていても、暴力を含めた圧力と遠慮で何も言えずにいる。これこそが弾圧的や自由主義に反するという意味で使われる場合のファシズムと言うに相応しいのだが、タバコ擁護の御用文化人たちは、タバコによって迷惑している事実を口にする事をいちいち見つけてはヒステリックに「ファシズムだ!」とか世迷い言を叫ぶようになってきた。調子に乗りすぎてるのか、パブロフの犬状態である。

禁煙ファシズムなんて言葉は、普通の喫煙者なら恐らく引くような痛い言葉で、御用学者&御用文化人で凝り固まった同好会くらいでしか通じない言葉だろう。

元記事:【正論】日本財団会長・笹川陽平 復興財源にたばこ1000円と株放出+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
1000円は国際的常識

 ようやく月内退陣を明言した菅首相は「責任を持って財政措置を講じ、償還財源を確保する」としているが、このままでは、ただでさえ遅れている復興はさらに遅れ被災者は救われない。国の借金がGDP(国内総生産)の2倍に上る943兆円に達する中で、国民の多くは復興に向けた負担増に一定の理解を示している。この際、たばこを1000円に値上げし、政府が保有する日本たばこ産業(JT)の全株式を売却し、復興財源に充てるよう提案する。

 たばこ1000円は、過去何度か本欄で提案しており、「またか」と顔をしかめる向きもあるかもしれないが、20本入り1箱1000円は国際的な常識である。JT株の売却も、たばこ産業を育成する「たばこ事業法」の廃止とともに、WHO(世界保健機関)の「たばこ規制枠組み条約」批准国として当然の責務である。

 たばこは昨年10月、1箱平均110円値上げされ、国産の代表的銘柄は1箱410円、外国産は440円となった。ノルウェーの1200円、ニューヨーク880円、ロンドン850円、オーストラリア800円(いずれも1ドル80円で換算)などに比べ、わが国は依然、低い水準にある。たばこ条約が求める有害の警告表示なども諸外国に比べ大幅に遅れている。
posted by 美人薄煙 at 18:34 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小心者でおとなしいイメージのあるたんぽぽの川村の性格につけこみ、タバコ代の恐喝をするホームレス

ホームレスでかつ恥無し遠慮無し相手の都合おかまいなし。

ホームレスに優しいといえば美談かもしれないが、つけこまれて、都合良く使われてるだけだろう。喫煙者というものは社会的地位が有ろうと無かろうと、恥知らずはとことんまで恥知らずである。

元記事:NEWSポストセブン|たんぽぽ・川村 ホームレス男性から煙草代をせがまれていた
『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)新メンバーで若手女芸人コンビ・たんぽぽの川村エミコ(31)。テレビで見ている限り、小心者でおとなしい…というイメージがあるが、本当はどんな性格なのだろうか。
川村は以前、生活苦でホームレス生活をしていた経験を持っている。そのときの体験が本物の小心者であることを証明している。
川村はホームレス時代、新宿に住むホームレスのおじさんとときどき会話をしていたという。
「おじさん特製のヤカンに入った怪しげなジュースをもらっていた。なんのジュースかわからなかったのですごく怖かったけど、断れなくて飲んでいた」(本人談)。しかも、怪しいジュースをもらった後に煙草代をせがまれていたと言うのだ。「ジュースをもらうと、いつも400円くらい払わされていた。私もお金に困っていたけど、断れなかった」と話す。
ホームレス生活を卒業したあとに川村と遊んだことのある友人からの話によると、「スーパーで買い物をした帰り道、ホームレスのおじさんが歩いていました。すると川村さんが、自分の買ったジュースをホームレスのおじさんに渡しに行きました。“これ、間違えて買っちゃったんです。もらってください”という言葉を残して…。川村さんは、私はホームレス経験があるからおじさんの辛さがわかる…と語っていました」(川村の友人)。
タグ:芸能
posted by 美人薄煙 at 18:29 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

プロ野球史上最大の惨事もタバコ、死者4人、重軽傷者300人を出した中日球場(現ナゴヤ球場)の大火災

過去も現代も、あらゆる場面で悲惨な事故や犯罪を起こしているタバコ。未来に決して残すべきではありません。

現在原発関連で放射性物質が垂れ流しとなっています。これも巧みな原発関連利権による宣伝の成果です。

タバコ産業や原発利権関係者、といった一部の人間を潤すために、税金が蝕まれ、国民の大多数が迷惑を被っている・搾取されている事に、一人でも多くが気づき、これらを正常化させて未来への糧へとするべきです。

元記事:【甘口辛口】8月19日 - コラム - SANSPO.COM
プロ野球史上最大といわれる惨事から、きょうで60年たつ。死者4人、重軽傷者300人を出した中日球場(現ナゴヤ球場)の大火災は昭和26年(1951年)8月19日、中日−巨人戦の三回裏、午後3時55分に発生した。バックネット後方スタンドから出火し、強風で瞬く間に木造のスタンドに燃え広がった。 
 翌日の産業経済新聞(現産経)に載った、後藤新三郎さん(61)という重傷を負った観客の談話が生々しい。「三回西沢(道夫)が打席に立った時、後方から突然煙が上がり同時に上から上からと人が押しかけアッという間に下敷き。大勢の人がやたらに背中を踏んでゆくのを夢心地で感じ、気がついた時はあたり一面が煙と焔で…」 
 内野スタンドは全焼。逃げまどう2万4000人の観客を、中日も巨人も選手は一緒になって安全なグラウンドへと誘導した。翌日、中日の選手が負傷者が入院している病院を見舞い、「選手は試合で頑張ってください。それで私たちは元気になれる」と、逆に励まされたというエピソードが唯一の救いだった。 
 原因はたばこの火の不始末。当時は分煙という概念がなく、木造だったことで惨事につながった。建築基準法や消防法など厳しい法律をクリアした、いまの施設とは天地の差がある。たとえば東京ドームでは、ディテクターと呼ばれる火災検出器が最大200メートル先の小さな火まで見逃さず、ただちに消火するという。 
 とはいえ福島第1原発事故を持ち出すまでもなく、およそ人の手で作られたものに「絶対安全」はない。法律上問題なくても予測不能なことは起こりえる。より安全な観戦のためにも、60年前の出来事を風化させてはならない。(今村忠)
posted by 美人薄煙 at 20:09 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食の安全と喫煙の害 神奈川県港南区の健康イベント

健康や食の安全を考える上で、タバコを飲食の場から排除する事は最重要です。

タバコの吸い殻という小汚い食欲を減退させる見苦しいものが、衛生や美観を考えれば、飲食の場にあるのは異常な事です。

タバコ業界と喫煙者のゴリ押しによって、この異常さが当たり前の物として押し付けられた状態になっています。

飲食店は、タバコを吸わす事で店内全体がヤニで汚くなり、店内の掃除の手間が増え、灰皿の交換や洗浄の手間が増えます。

その手間で増えるコストの分、どこをコストカットするかは店によって変わります。粗悪な食材を購入したり、店内清掃を省いたり、色々なところでしわ寄せが生じます。

そうなる事で、店内衛生や食の安全が脅かされる可能性が高まっていきます。

元記事:食の安全と喫煙の害 | 港南区 | タウンニュース
港南区食品衛生協会(門山徳行会長)は8月1日、横浜市が定める市民食品衛生の日にあわせて、上永谷駅前で食中毒予防キャンペーンを実施した。

 当日は食中毒について正しい知識を身につけてもらうことを目的としたクイズや子ども向けのゲームも行われ、多くの来場者でにぎわった。門山会長は「区内では過去2年間で食中毒発生件数はゼロ。われわれ飲食業を営む会員はもちろん、区民にも食の安全・安心について学んでもらい、食中毒ゼロを続けていきたい」と話していた。

 また、同会場では港南禁煙・分煙をすすめる会が禁煙キャンペーンを実施。駅周辺の吸い殻を拾い集めたほか、専用機器を用いて通行人を対象とした呼気中の一酸化炭素濃度測定、禁煙相談を行った。同会長の中山脩郎医師は相談に訪れたヘビースモーカーの男性に対して、「喫煙は周囲の人の健康にも害を及ぼすということを十分認識してほしい」と訴えていた。
posted by 美人薄煙 at 20:04 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。