2011年11月27日

タバコを吸ったドヤ顔の写真を載せながら、性犯罪系の露出とツイートを繰り返してたら、身元がバレて逮捕されたとんかつ和幸元店長

タバコを吸ってる事にやたらと誇らしげの人や、自称愛煙家である事に自信を持つ人とかの中には、とんでもない事をする人が居ますね。そんな人というと相手欠席以外は裁判全敗の鼻つまみ者K氏などが思い浮かびますが、彼でもこっちの方向には行かないでしょう…。

タバコが鬱病など精神病の発症リスク増加や悪化に関わる事は医学的に指摘されてますし、タバコに含まれる、神経に作用や影響を及ぼす(悪い方に)物質が、更に変な方向に効き過ぎたのでしょうか?是非とも、養老孟司氏が「犯罪者の脳を調べろ」と言ってる事にあわせて、喫煙者の脳もよく調べると良いのではないでしょうか?警察の保管する証拠品として髪の毛や皮膚片に並びタバコの吸い殻が挙げられるのですから、相当数のサンプルは採れるでしょう。

タバコの健康問題の話になると「90過ぎても元気な老人が居る!」と確率的にかなり低い例を、毎回のように繰り返し出し、あたかもそれが普遍的であるかのように言うタバコ擁護者がいますが、その一方でこんな珍しい例なんかを扱うと、特殊な例を出すなと切れるのだから困ったものです。そんな風に、自分がいつもやる事を人に皮肉られたりすると怒るのは、ニコチンの薬理的作用で集中力が落ちたり落ち着きがなくなり攻撃的になる事も、その一因かもしれませんね。

またタバコ会社の使う言葉や屁理屈と、同レベルの言い分やこじつけをこの事件にそのまま適用すれば、「この元店長はタバコを吸った事で、このような犯罪を犯した可能性も十分考えられるという議論が必要だ」などとも言える。
ec767411-s2.jpg
元記事:「こんな騒ぎに」わいせつ和幸元店長逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:和幸のぶっかけ店長後閑崇史容疑者逮捕キタ━━(゚∀゚)━━ !!「こんな騒ぎになるとは思わなかった」:ハムスター速報(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:とんかつ和幸店長の後閑崇史が管理職との面談中に逃走→生死をかけたぶっかけ一人旅へ:ハムスター速報(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
群馬県警は17日、インターネットの投稿サイトで自身のわいせつな画像を公開したとして、わいせつ図画陳列の疑いで、群馬県高崎市東貝沢町、「とんかつ和幸」元店長後閑崇史容疑者(35)を逮捕した。

その他の動画も見ると、過去にも同様の行為を繰り返していることが分かる。女性のスカートの中や胸を盗撮した動画や、車内での記録した動画もあった。Twitterのリンク先には、未成年者を含む相手の裸や撮影した無修正画像、自分を接写した画像、車内の女性を盗撮した画像等を確認できる。
posted by 美人薄煙 at 13:48 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラクエと違って腐った歯肉は甘い息を吐かない 喫煙と歯周病 発症率、吸わぬ人の3倍

若いうちはまだ目に見えての変化が無いケースもあるが、20代中頃を過ぎると喫煙者の歯の色や歯茎の色は変色が目立ちがちになる。

美しさの一つの基準として歯が重要なのは言うまでも無いが、タバコが美容の大敵である事は既に言うまでも無い。

30代40代くらいになると、すきっ歯と濁った灰色〜黒色の歯茎の人が明らかに増える。歯磨きはちゃんとしてると信じたいが、それでも朝一で会っても凄まじい口臭がする。満員電車で酷い悪臭が口から漏れてる人の口元と胸元を見ると非常によくわかる。タバコとコーヒーが混じったクソのような悪臭がして、胸ポケットにはタバコが入っている。歯茎がまるで死んでいるかのように、どす黒くなっており、まるで生きながら死んでいるゾンビのような状態だ。

記事には書いてないが、喫煙によって唾液の減少などで口内環境が正常からかけ離れる事で、本来の歯が持つ抵抗力が落ち細胞が過剰に死に、虫歯や歯周病になりやすい環境が出来てしまう。(湿潤治療がしばしば話題になってるから知られてるように、基本的に人体は潤いを持たせると治癒が高まる。口の中の怪我が治りやすいのもこれが理由の一つ。だから口の中を乾燥させる喫煙は、喫煙によって口内環境を破壊し治癒力を落とす事になる。)

喫煙者の多くも、こうなる(どうなるの?って思った人は「喫煙者 歯周病」などの言葉で画像検索すると喫煙者の口の中が出てきます。グロいので注意。)とわかっていれば最初から喫煙を選択などしなかっただろう。タバコ会社の流すクリーンなイメージ広告などに騙されてしまい、タバコ会社よりも憎まれる対象となった被害者でもあり、また同時に加害者でもある。

一般の人なら朝・昼・晩、少なくとも2〜3回は歯磨きをするだろう。更に数回余分に磨く事もある。(例えばダンスをやっていると、向かい合ってコミュニケーション的に交互に踊る遊びのようなものがある。ストーキングと言うものだが、つきまとい行為の事ではない。これで口が臭かったら一般論として良くないので、ダンスの前には歯を磨くようにしている。磨いてない人とやると凄くつらい。)

これが、喫煙者となると起きて一服、電車に乗る前に一服、会社に入る前に一服、仕事中に(略)、寝る前に一服、とタバコを吸う。歯磨きをした後にも吸う。最悪、歯磨き自体をしないケースもある。何故歯磨きしないおかしな喫煙者が居るのかと言えば、タバコを万能薬と信じタバコには消毒効果があって歯磨きの代わりになると思い込んでる例がたまにあるからだ。喫煙者と歯の話をすると、あまりにも非常識や無知があって驚く。

世の中には全然口が臭くないのに、自分の口臭は臭いのではないだろうか…(体臭も同様に)、と不安になる人が居る一方で、喫煙者は口臭について無頓着な人も多い(喫煙者向け口臭ケア製品も出ているので、気にする人も従来よりは増えていると期待したいが…)。

それにしてもドラクエの腐った死体系は、何故悪臭ではなく甘い息を吐くのだろうか…。

元記事:ためになるお口の話−北海道新聞[医療](記事全体・ソース確認はリンク先参照)
みなさんは喫煙と歯周病に密接な関係があることをご存じですか。

 歯周病は、基本的には歯周病菌の感染や、歯ぎしりや食いしばりなどで歯に強い力がかかることで発症します。放置すると歯を支える歯肉や骨などが侵され、歯がぐらぐらになって抜け落ちてしまう病気です。重度の歯周病になってしまった歯は、歯科で治療しても進行を抑えるだけが精いっぱいで、元の健康な歯には戻りません。

 一般に喫煙者は非喫煙者に比べて3倍も歯周病にかかりやすく、2倍も多く歯を失っているという報告があります。また、1日あたりの喫煙本数に比例して歯周病が重症化することも分かっています。

喫煙が歯周病を悪化させる理由として《1》たばこのニコチンが歯肉の血管を収縮させ、歯を支える組織に必要な酸素や栄養の供給を減らしてしまう《2》たばこの有害成分により白血球の機能が低下し、歯周病菌に対する歯肉の防御力が落ちる《3》喫煙で生じた活性酸素を除去するためにビタミンCが消費されると、歯肉を修復する細胞の働きが抑えられる―などが挙げられています。

 今では、喫煙が肺がんをはじめとするさまざまながんや心・肺疾患、脳血管障害などの危険因子であることは常識ですが、歯周病にとってもやはり危険因子なのです。
posted by 美人薄煙 at 01:15 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大切なこどものために」受動喫煙防止シンボルマーク募集 作品提出・応募締切 2011年12月5日必着 最優秀賞 制作費として30万円

尾道市の記事にも書いたとおり、喫煙者の独自解釈が酷いケースは少なくなく、受動喫煙被害に遭うケースは多々ある。

妊婦や小さな子供を抱える人にとって、喫煙者に近づく、喫煙者に注意する、という危険行為は出来ない。喫煙者の暴力行為は決して珍しくなく(統計的に喫煙者の粗暴犯は約二倍)、親子ともに生き死にのリスクを伴う。

これを助けるのは、明文化された法律と取り締まりが必要なのだが、国は税収と財務省を優先させ対応を行わない。だから企業やNPOが、ダメな公的機関に代わり取り組まなければならない。

元記事:登竜門 / 募集要項 / 「大切なこどものために」受動喫煙防止シンボルマーク募集(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
喫煙による健康被害は社会的に広く認知されるようになりました。
近年、受動喫煙についても様々な問題が提起されていますが、喫煙により直接吸い込む煙と同様にタバコの先から出る煙(副流煙)によっても健康被害等が生じうる、ということが明らかになっています。
しかし喫煙者が本来喫煙が禁じられている場所でタバコを吸い、ママ、妊婦さんなどが嫌な想いをする。・・・こんなシチュエーションはまだあるのではないでしょうか?
面と向かって「タバコを吸わないで下さい」と発言するのはとても勇気がいることです。
そこで、ママ・妊婦さんの気持ちを代弁してくれるシンボルマークを募集します。
このシンボルマークの普及を通じて、より健康な社会の実現につなげていきたいと思います。皆様からの沢山のアイデアをお待ちしております。

日程 作品提出・応募締切 2011年12月5日 必着

賞 ●最優秀賞 (1名) 制作費として30万円
posted by 美人薄煙 at 01:15 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何十年かけても全く啓蒙出来ないタバコマナー 習慣や嗜好品ではなく、タバコ会社の言う通り麻薬だからか

地域によって差はあれど、ポイ捨て防止の取り組みはあちこちで行われている。

この尾道の例ならば15年前に環境美化条例を制定。(条例が制定されるという事は、それ以前に自主的な自制を呼びかける啓蒙の動きなど、十分な前段階を踏んでいると推測。)

ところが現代に至るまでタバコマナーは向上しない。啓蒙や条例化して十年以上も経過すれば、目に見える改善が行われる事が期待できるのだが、タバコとなるとさっぱりのようだ。

尾道市は問題の元凶でもあるJTに依頼し、携帯灰皿を作った。記事には依頼としか書かれてないが、(税金を使っての)発注なのだろうか?

教育や啓蒙によって未然に防げないのは何故だろうか。タバコ会社の内部資料にはこうある。
ブリティッシュアメリカンタバコの主任科学者チャールズエリス「喫煙は依存性がもたらす習慣であり、ニコチンは明らかに麻薬である」
ブラウンアンドウィリアムソン社の弁護士アディソンイェーマン「ニコチンには依存性がある。タバコ産業のビジネスとは、依存性のある麻薬、すなわちニコチンを売ることである」

ヘロインを超える依存度を持つニコチンの作用で、喫煙者は自らの喫煙欲をコントロールする事は難しい。そこで勝手な解釈が増える。よくある例は、灰皿のある場所なら吸って良い、灰皿があるのは喫煙所だからだ、携帯灰皿を持っていればどこでも吸って良い、といったものである。これは日常的によく見る例である。

酷いものになると、携帯灰皿を持ってるのに、何故かポイ捨てするという独特の行動様式を持つ喫煙者まで居る。携帯灰皿を持ってるので、どこでも、よそ様の敷地内でも勝手に入って吸って良い、そしてそこでポイ捨てしても良い、といった飛躍的な独自解釈が進むケースもある。

元記事:たばこポイ捨て 「ふうがええ」 尾道言葉で携帯型灰皿 : 広島 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
尾道市は、たばこのポイ捨てを防ぐため、JT広島支店に依頼して、携帯型の灰皿=写真=2000個を作った。尾道大の教授らがデザインを担当し、尾道言葉も添えてマナー向上を呼び掛ける。12月1日、同市東御所町のしまなみ交流館前でポイ捨て防止キャンペーンを行い、市民らに配る。

 同市は「人と環境に優しい『おのみち』」を実現するため、市民が守るべきマナーを「おのみちしぐさ」として周知することにし、第1弾としてたばこのポイ捨てを取り上げた。

 灰皿は縦8センチ、幅7センチの樹脂製。尾道大芸術文化学部の灰谷謙二教授がデザインし、同学部の高岡陽准教授がイラストを描いた。表に「おのみちしぐさ」の文字とたばこのイラストを配し、裏には「世間体が悪い」という意味の方言「ふうがええ」の語と、その意味を印刷した。たばこを吸う際にマナーを守ってほしいという願いが込められている。

 同市は、1996年、公共の場で空き缶やたばこの吸い殻などの散乱を防ぐため、環境美化条例を制定。吸い殻を持ち帰るか、回収容器に入れるよう定めている。来年4月をメドに、JR尾道駅前や大型バス駐車場がある千光寺公園など計4か所に、大型の灰皿を設置する予定という。

(2011年11月25日 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 01:14 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増税でも思ったより減らない、喫煙率、前年比2.2%減の21.7% 40代以降で喫煙本数増加傾向、コントロールが困難なニコチン依存

増税しても税収が減らないとか、喫煙者が例年より少し多く減っただけとか、期待されていた以上の効果は見られなかったようです。要するにもっと増税すれば良いという事です。

元記事:たばこ喫煙者率、前年比2.2%減の21.7%に ニュース-ネット証券・自動車保険のオリコンランキング(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:男性喫煙者40代以降は1日1箱だと不足気味? 2011/11/26(土) 06:33:23 [サーチナ](記事全体・ソース確認はリンク先参照)
男女別では、男性が33.7%(前年比2.9%減)、女性が12.1%(同1.5%減)。喫煙率がもっとも多かった世代は男性が50代で40.9%、女性が30代で14.7%。この調査結果と総務省統計局の成人人口をもとに喫煙人口を推計すると、前年比216万人減の2279万人となった。

男性は20代でやや低め、30代以降は4割台で推移。そして60歳代になってようやく減少をはじめる。女性は30代をピークとし、その前後で低めな値を見せているなど、男女での喫煙者率に違いが見られる。

  一方、「毎日吸う」と答えた人における、世代別喫煙本数は次の通り。

  女性は全般的に男性と比べて喫煙本数が少なめだが、歳の経過と共に確実に増加する動きを見せる。一方男性は女性よりも本数が多く、40代以降はたばこ1箱(20本)では足りない状況が分かる。ただし50代がピークで、60歳以降になるとやや減り始めるのが特徴的。男女の喫煙状況の違いがあらためて認識できる。
posted by 美人薄煙 at 01:14 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

喫煙中止板警官に椅子やコンクリートを投げつける 将来も肺も真っ黒か 中二男子を逮捕

厨二病という言葉があるが、まさにその言葉を体現するタイプ。

これに懲りて更正すれば良いが、この年頃は周囲の環境と本人勘違いが暴走すると、治らない厨二病で将来にわたって負の遺産を若くして形作る事になる。タバコも辞めなければ肺を黒くし、文字通り黒歴史となる。

全くの余談だが「黒歴史 痛い」などでググると、中学くらいにやった痛い思い出やそのせいで今でも辛い人生に片足を突っ込んでいる人の話が出てくる。創作もあるだろうし人の話を見てる分には面白いが、そういえば同窓会に全く来ない、当時弱いのにいきがってボンタンはいてタバコ吸って不良に目をつけられいじめられていた彼は今何をしてるのだろう、とふと思った。

元記事:警官に椅子投げた!中2男子を逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
神奈川県警相模原署は21日、公務執行妨害の疑いで相模原市の中学2年の男子生徒(14)を逮捕した。

 同署によると、20日に相模原市内でパトロール中の男性巡査部長(50)が飲食店テラスで喫煙していた生徒を注意。生徒は「やるぞ」と巡査部長を脅し、テラスのパイプ椅子やコンクリート片を投げた。巡査部長にけがはなかった。
posted by 美人薄煙 at 20:58 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪、タバコの箱から華美と虚構にまみれた装飾を禁止 世界初の法案可決

フィリップモリスにしても、他のタバコ会社にしても、社内資料が公的な裁判の場に提出させられたため、タバコ会社が大規模に及ぼす多大な罪を自覚し、しかも率先して罪を重ねる事に何の躊躇も無かった事を、世界の保健に関わる人たちは知っている。

フィリップモリスはマルボロで知られる世界的に有名なタバコ産業だが、米国の裁判でタバコの害を隠し続けてきたなどの罪に対する、懲罰的罰金を支払う事に同意した企業でもある。

しかしタバコ会社のプレス向け発表に弱気は見せられないので、もはや開き直っての強気の態度を崩そうとしない。特に発展途上国では先進国での社会的責任を微塵も感じさせない酷い例もある。

史上最大のタバコ裁判以前から、タバコ会社は訴訟のリスクを恐れ、情報を隠蔽し、問題を先送りにしながら対策を考え続けた。社内資料や証言などからもそういった証拠は出ている。フィリップモリス訴訟専門家チーフ、チャールズRウォール「会社側は膨大な資料を隠蔽したきた事を笑って誤魔化そうとする。中毒が一つの選択肢であるかどうかは別としても、企業はかなり酷い嘘を長い間ついてきたと言える」1994年

フィリップモリスの看板広告モデル・マルボロマンことウェインマクラレンは晩年こう語った。「私はタバコの虜になり大幅に命を縮めた」「タバコの広告に出て宣伝した事を申し訳ないと思う。タバコを吸えばどうなるか知らなかった。今は知ってるが、遅すぎた」「私が宣伝した製品が人々を殺した事を思うと耐えられない気持ちだ」「癌患者が経験する悲惨さと比べれば、タバコを吸う価値など無い事を人々に気づかせるため、残る人生全てを使いたい」「タバコメーカーはタバコが人を殺してる事実を全面的に否定してる。過去30年間公表されたあらゆる医学・科学を前にしてどうしてそんな事が言えるのか」

彼の弟、マックマクラレンも、こう語る。「たばこ産業は兄を広告に使い、タバコを吸う事は男らしい、と演出した。信じてはいけない。体中にチューブをつけて横たわり何が男らしくて自由なんだ」


なお余談になるが、ブータン国王が国会で日本にエールを送られたが、ブータンではタバコの販売自体が禁止されている。いつも禁煙ファシズムだ!と狂ったように叫ぶ養老孟司氏も、(私が読んだ限りの彼の著書やコラムでは)ブータンという国の考え方を尊重し、いつもの国内向けタバコ擁護を叫んでません。

これは彼の著書でも共同体意識について書かれてるように、日本ではJTから講演料を貰ってるので、日本国内においては(自身の著書に書かれた事を否定するかのような愚かな)タバコ容認論や、タバコ規制をファシズムだと学者とは思えない発言を連発する、いわば郷にいれば郷に従えの考えが出てるためと思われる。その一方で、心の底ではブータンへの敬愛があるのでブータンの完全禁煙政策に文句を言わない、いわば彼なりの美学のようなものが実は守られてるのかもしれない。養老氏は、日本ではタバコ会社に名誉を売り払っても、心の奥底にあるものまでは売ってない…。そういうものがあるのかもしれない。

更に余談になるが、オーストラリアと言うとシーシェパードとの関わりがあるが、当然ながらタバコと捕鯨は全く別の問題。わざわざそれを鬼の首を取ったかのように、オーストラリア=シーシェパード=タバコ規制は間違い、と吹聴するタバコ関係者がいるが、愚の骨頂である。

11月のSPA!に掲載されていた記事で、シーシェパード一日体験でSSの連中は一日中暇そうにゴロゴロしてタバコばかり吸っていた、といった内容があった。SPA!もタバコ広告をでかでかと出してタバコ擁護特集を出すが、うっかりなのかジャーナリストとしての本分を発揮したのか、こういう本当のところを公表するあたりは面白い。

元記事:豪、たばこの箱から宣伝一掃 「世界初」の法案可決 - 47NEWS(よんななニュース)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【シドニー共同】オーストラリア連邦議会の下院は21日、喫煙率を下げるため、国内で販売されるたばこの箱から宣伝色を一掃する「世界初」(豪政府)の反喫煙法案を可決した。既に上院も通過しており、総督の同意を経て近く成立する。たばこ業者はこれを踏まえ、来年12月からロゴやイメージカラー、宣伝文句などを箱から排除するよう規制される。

 業界側は知的財産権の侵害などと反発。米たばこ大手フィリップ・モリスのアジア法人(香港)は同日、国連国際商取引法委員会の仲裁規則に基づいて法的措置の手続きを始めたと発表し、巨額の賠償請求も辞さない方針を示した。

 政府側は「利益を守るために戦う業者側に対し、われわれは国民の命を守るために戦う」と一歩も引かない構えだ。

 反喫煙法は、健康被害を連想させる写真や警告文を大きく印刷することも要求。銘柄名は規定のフォントや色を使い、定められた位置に目立たなく表示される。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 20:58 | Comment(1) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民を守る自衛官ですら、タバコの麻薬作用に負ける 注意を受け逃げようとし巡視員の老人を転倒させ怪我を負わす

本来なら国を守るという高い使命や責任が伴う自衛官だが、自己管理の出来ない人ほど好むタバコに手を出していると、酷い失態を晒す事になる例である。

元記事:航空自衛官バイクで発進!男引きずり逮捕 - 社会ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
福岡県警小倉北署は20日、公務執行妨害容疑で、航空自衛隊築城基地(同県築上町)所属の空士長佐々木将太郎容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は20日午前11時すぎ、JR小倉駅前の喫煙禁止区域で、喫煙を注意した北九州市の迷惑行為防止巡視員の男性(63)から逃げようとバイクを発進させ、巡視員を転倒させた疑い。巡視員はひざに擦り傷を負ったという。

 小倉北署によると、佐々木容疑者は巡視員に身分証の提示を求められたが、「免許証をなくした」と主張。巡視員が交番へ連れて行こうとしたところ、手で押していたバイクを発進させた。

 佐々木容疑者は「バイクで巡視員を引きずるつもりはなかった」と話しているという。(共同)
posted by 美人薄煙 at 20:57 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増税すれば便乗値上げし儲けるJT、純現金収支過去最高に

増税すれば便乗値上げし、自らの稼ぎは確保する。その一方でタバコ農家を締め付ける。儲かって当然である。

ウォーレンバフェットも言うように、タバコほどふざけた儲けが出来て、しかも繰り返し顧客が購入する製品は無い。「タバコ産業が何故私のお気に入りかというと、作るのに僅か1セントしかかからず、百倍の1ドルで売れるからだ。しかも依存症になる。その上、喫煙者は銘柄に対する忠誠心はとてつもなく強い」

デフレ、値下げ、安売り、薄利多売…などが蔓延する日本で、値下げの必要が無く利幅増加が出来る殆ど唯一と言って良い日常的な製品がタバコ。

ところがJTは増税には反対する。その理由も、他のタバコ会社たちが説明してくれている。

RJレイノルズの社内資料、未成年販売戦略と機会にはこうある。「未成年喫煙者は最初に吸い始めた銘柄を忠実に吸い続け、銘柄を変えることはありません。もし未成年が吸い続けなければ、タバコ産業は衰退していきます。子供が産めない種族が滅ぶのと同じです」

この手の、未成年への販売を狙ったマーケティング戦略に関する資料は、タバコ会社から山のように出てきた。スポーツや車や漫画やアニメを利用した方法は非常に効果的だった。オッサンしか吸わなかったキャメルを、子供達が吸うようになったのもアニメを使ったタバコ宣伝のおかげである。

タバコは値上げで短期的に利益をあげる事は出来るが、タバコ産業は未成年に売り続ける必要があり、値上げは未成年が購入しづらくなるために将来の利益を損なうのだ。海外でなら密輸を自ら主導して自社のタバコを売り込む事が出来るが、日本は島国で密輸向きではないなどの事情から、値上げのリスクの方が大きい。だからJTは増税に反対するのである。

元記事:JTの純現金収支、過去最高に 12年3月期  :日本経済新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
 日本たばこ産業(JT)の2012年3月期の連結フリーキャッシュフロー(純現金収支)は、3120億円程度の黒字になる見通しだ。黒字額は前期(2997億円)を上回り、2期続けて過去最高となる。
タグ:日本の恥
posted by 美人薄煙 at 20:57 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年喫煙、容認父母の摘発増加 タスポ導入で追及容易に

親の質や品位が落ちたのではと疑われる事件は多い。

子供に対する虐待は凄惨なものが多く、殺された子供の体は標準体重の半分で全身にはアザとタバコの火を押し当てた跡だらけだ。

また妊娠中や周囲の喫煙などは、殆ど子供への虐待である。

喫煙する妊婦の早産リスクは5倍、妊婦と旦那が喫煙者の場合の低体重児出生リスクは3倍。(東北大鈴木雅州教授、大阪市健康増進センター中村正和氏)
喫煙する妊娠中の母親の胎児の血管細胞は例外なく異常であったと報告している。妊娠中の喫煙は子に対する虐待である事を知らなければならない。(デンマークの心臓学者アスムッセン博士)

元記事:未成年喫煙、容認父母の摘発増加 タスポ導入で追及容易に - 徳島新聞社(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
たばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」が導入された2008年5月以降、喫煙で補導される未成年者が減る一方で、喫煙を容認した親らが摘発されるケースが増えている。徳島県警が未成年者喫煙禁止法違反で摘発したのは今年10月末までに31件30人。県警は販売店に年齢確認の徹底を呼び掛けるチラシを配るなど注意を促している。

 県警少年課によると、摘発数は03〜07年の5年間が0件だったのに対し、導入後は08年が5件5人、09年が9件10人、10年が6件6人。11年も10月末現在で11件9人に上っている。

 摘発された30人のうち、16人が父母ら親権者。未成年の子どもにたばこを買い与えたり、喫煙を容認したりする例が後を絶たない。残る14人は未成年者と知りながらたばこを売った販売者。09年2月に書類送検された男は県警の調べに「タスポ導入で売り上げが落ちたので、何人かの未成年にカードを貸して売った」と供述した。

 未成年者喫煙禁止法では、未成年にたばこを売った者には50万円以下の罰金、喫煙を容認した父母らも科料に処せられる。県警はタスポ導入を機に、未成年の喫煙防止を進めるため取り締まりを強化。自動販売機でたばこが買えなくなったことから、未成年を喫煙で補導した際にたばこの入手先の責任を追及できるケースが増えた。

 一方、喫煙での補導件数は、07年の3822件から10年は1532件に減っている。少年課は「タスポで未成年の喫煙防止に一定の効果は出ているが、未成年者喫煙禁止法違反の摘発は減っておらず、まだ認識不足のケースがみられる」とし、啓発活動を続ける方針だ。
posted by 美人薄煙 at 20:57 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

女性市場を狙うタバコ会社に翻弄される女性 韓国女性の喫煙率 実は14%=自己申告の2.4倍

タバコを吸っている事に対し、恥や後ろめたさを感じる人は少なくない。

例えば、タバコは、就活にマイナス20〜40代に聞く、恋愛・結婚とタバコの関係を見れば、明らかに世間からの印象が悪い。

全くそれに気づかない人は未だに喫煙に恥を感じていないが、気づいてる(しかも辞めたいのに辞められない)人にとっては自己嫌悪や後ろめたさを感じやすい。

特に女性の場合、出産に関わる大きなリスクがあるため、喫煙は忌避される。これは殆ど本能的な問題に関わる事だが、しかしタバコ産業は売上を倍増させるために女性市場を狙った。

タバコ産業と、タバコ産業のために広告を作ってきた広告会社は、女性市場を狙うマーケティング戦略を展開してきた。

例えば1920年代、アメリカンタバコ(現在のブリティッシュアメリカンタバコ)のヒル社長は、広告代理店に「女性の喫煙が嫌われる、このタブーをどうすれば打ち破れるか」とアプローチを行った。

広告代理店は、タバコを新たに獲得した解放、自由という位置づけたキャンペーンを展開した。広報・宣伝(PR)の父と呼ばれる、エドワード・バーネイズ(心理学者ジークムント・フロイトの甥で、多様な心理学手法を駆使して世論操作、大衆へのプロパガンダを得意とした。著書は日本語訳でプロパガンダ[新版]が出ている。)が関係者を使って、女性に喫煙させながらマンハッタンの五番街を行進させ、「自由へのともしび」と銘打って女性の喫煙をPRするデモを行わせた。それをマスコミ関係者に取り上げさせる事で、女性の喫煙を促した。1929年の出来事である。

また、(当時は実際にはタバコが肥満を助長する事までは研究されてかったにしても)タバコはダイエットになる、という嘘広告もこの頃から始まった。「お菓子の代わりにラッキーストライクを」といったフレーズが使われた。

女性のタイプを区分けし、どの層にどんな広告が有効なのか、そういった詳細なマーケティングも行っていた。
アメリカンタバコ社の“好機”と見出しがつけられた内部資料
「女性のヤングアダルト(未成年)を対象にして、今風で女性のライフスタイルにぴったりくるアプローチを考える事が課題」
アメリカン・アドバタイジング社のアカウントエグゼクティブ
「(女性の)独立と自己表現の象徴として、タバコを位置づけようと考えております」
米国タバコジャーナル
「タバコ産業の指導的立場にある人間は、未成年女性に潜在的な市場があると考えている。近い将来のためにはもちろんのこと、長期的な視野で見て、喫煙者になりうる未成年女性の数百万人を市場に取り込むべきだと提言している」
といった具合である。

また、クリスマスには平然と未成年に喫煙を促すクーポンを送りつけていた。RJレイノルズタバコ社にはそれに対する返信が保管されており、その内容は「あなた方は15歳の娘に喫煙を促すようなクリスマスカードとクーポンを送りました。どうかうちの娘の名前をあなた方の名簿から削除して下さい」といったものだった。

タバコは実態は、麻薬成分を合法的に販売出来るだけの製品であり、殆どイメージだけが売上に繋がる。よって、笑うせぇるすまんではないが、心の隙間に入り込む事が販売戦略として重要になっている。

元記事:聯合ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【ソウル聯合ニュース】韓国人女性の喫煙率はこれまで約6%とされてきたが、実際は14%近いことが分かった。韓国の女性は喫煙の事実を隠す場合が多く、アンケートなどに実数が反映されていなかった。国内の大学病院が尿分析を通じ、実際の喫煙者数を割り出した。

 蔚山大学付属病院の研究チームが、2008年の喫煙統計を分析した。特に、対象となった女性の尿を詳しく分析。タバコの煙に含まれるニコチンによって体内でつくられるコチニンの量から、13.9%が喫煙しているとした。喫煙の自己申告率は5.9%だった。

 年齢別では30代女性の喫煙率が23.4%と多く、自己申告喫煙率(11.6%)を大きく上回った。高学歴の女性が喫煙を隠す傾向が強いほか、配偶者と暮らす既婚女性が喫煙を隠す割合は1人暮らし女性の1.5倍だった。

 韓国禁煙運動協議会は「これまで女性の喫煙率が10%以下とされていたため禁煙政策を立てにくかったが、より積極的な禁煙キャンペーンを展開する必要がある」とコメントした。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 01:16 | Comment(1) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単価の高い葉タバコ買取を削減 国産葉タバコの耕作面積33%減へ…JT

他の農家に比べて報道でやたらと同情的に扱われるなど、変な意味でも優遇されてるタバコ農家ではあるが、買取量の削減や買取額の減額はJTの胸先三寸といったところ。

珍しく買取額は1.14%引き上げてるが、JTからすれば33%の耕作面積削減だから実質的には、高い国産葉タバコへの出費が3割ほど減る形だ。

職業選択の自由とその選択をした自己責任もあるとはいえ、JTのために世間の同情を買うための材料にされたり、いいように利用されている。

タバコ会社ばかりが儲け、農家が絞られる構造は日本に限らない。米国の例を見てみよう。

世界で最もタバコ市場・経済的統計に詳しいと目される、米国農務省のタバコ問題アナリストのバーノア・グリーズによると、タバコ会社は価格を上げつつ、原材料コストを削る事でかなり儲けている事は明らかだった。

具体的には、1980年と1991年を比較した場合、タバコの売上1ドルにつき、農家の取り分は7セントから3セントに下がり、また政府の税収も34セントから25セントに下がっている。これに対してタバコ会社の取り分は、37セントから50セントへと上昇している。

元記事:国産葉タバコの耕作面積33%減へ…JT : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:西都葉たばこ組合解散、組合員の大半が生産断念 : 宮崎のニュース : 地域版 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
日本たばこ産業(JT)は16日、2012年の国産葉タバコの耕作面積を、前年比33%減の9450ヘクタールにすると発表した。

 平均買い入れ価格は、前年より1・14%引き上げる。同社の木村宏社長の諮問機関「葉たばこ審議会」の答申を受けた措置。

約150アールの畑で葉タバコを生産していた西都市荒武の赤峰博文さん(72)は「父親の代から約50年間続けてきたが、後継者もいないため、廃作を決断した。収入は減るが、カボチャやサトイモを作って生活していく」と話していた。
posted by 美人薄煙 at 01:16 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別の店で盗んだたばこを返品、1万2千円詐取 盗んだタバコで(犯罪に)走り出す15の夜

詐取という事は金を受け取れたという事のように思えるが、店員対応とソフト面での販売管理システムが正常ならば、他で盗んだ(購入した場合も含め)商品を返品として扱う事は出来ないはずだが。容疑者のラインナップを見ると、恫喝のようなものを含めたやりとりを経て、一時的に対応して警察を呼んだのかもしれない。

それにしても、厳禁12万円と28カートン盗んで、3カートンだけ金にしたがる理由が謎である。こんな間抜けな犯罪者が「3人であと25カートン吸ったら禁煙しよう」などと誓い合うといった事は普通考えられない。

倉敷方面の友人に、田舎では未だに暴走族もそれなりに活動してると聞いた事もあるので、上納金があと少し足りなかったのでは、とも推測される。警察には是非とも余罪や関係者を追求して、芋づる式に捕らえて貰いたいものである。

元記事:別の店で盗んだたばこを返品、1万2千円詐取 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
商店から盗んだたばこを別の店に持ち込み、返品を装って金をだまし取ったとして、岡山県警玉島署は19日、同県総社市井尻野、高所作業員若山祐希容疑者(20)を詐欺容疑で、同市総社、型枠工亀田圭悟容疑者(25)と同市内の無職少年(15)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。

発表によると、3人は共謀。10月17日午前2時頃、総社市内の商店に侵入し、約12万円のほか、たばこ約28カートンとレジ(34万円相当)などを盗み、35分後、若山容疑者が倉敷市内のコンビニエンスストアに盗んだたばこ3カートンを持ち込み、「いらんかったんで返す」と言って、約1万2000円を詐取した疑い。

(2011年11月20日17時49分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 01:15 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自家用車内も全面禁煙に=法律制定を−英医師協会

自家用車内で喫煙する権利と、同乗者が居る場合…特に小さい子供に対しては虐待同然の健康被害につながりうる事実と、そのせめぎあい。どちらが優先されるかは、モラルと常識に従うと良いので、答えは明らかです。

日本の恥産業は用意周到で、JTインターナショナルは、英下院の20人の議員を接待し、ほんの六ヶ月で総額2万3千ポンドも使った。(英語ページ)この議員のうち半分はJTIのために法案否決にまわった。

車内の喫煙は、大都市の交差点より有害物質が濃い事実、タクシー乗務員の肺がん死亡率は一般の2倍以上、という事実。

taxi.jpg

普段喫煙して同乗者が居る時は吸わない場合でも、残留する有害物質による三次喫煙が起きる。…では、一生誰も乗せない、自分一人だけが乗るなら喫煙しても良いか?というとそうでもない。

運転中の喫煙は、例えばタバコの灰を気にするなどで不注意を引き起こし、大きな事故を起こした例などは決して少なくない。本人や同乗者だけでなく、他の車や歩行者にも危険を強いる事になる。

となると、運転用ではなく、完全に喫煙用の個室として車を用意するなら…意味があるかは不明だが。

とはいえ、南三陸町長が公益社団法人から借りた災害支援用のトレーラーハウスを寝タバコ用など個人的な利用をしていた例のように、立場を悪用して用意したり、レンタカーなどのような、いずれ返して第三者が利用するケースではよろしくない。

少し話は変わるが、車に限定しなくても近い事がある。例えばタバコを吸ってない状態でカラオケの個室に入った時や、特にエアコンをつけた時に、悪臭や不快感や体調不良に繋がるケースもある。これも狭い空間でこれまで蓄積された有害物質による、三次喫煙。

それと、この話は統計的な調査があるかわからないので、身の回りの余談になるが、かつて車に乗ったりエアコンをつけるとすぐ体調不良になる人が、新居にしたとか新車にした、というのを境目に家族が喫煙を辞め、両方とも全く大丈夫になった例もある。新車や新居はシックハウス症候群の例など残留物質があるケースもあるが、一方でタバコが無くなれば差し引きして危険域を脱した例も、調べればごろごろあるのではないだろうか。

元記事:時事ドットコム:自家用車内も全面禁煙に=法律制定を−英医師協会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:11/16 自家用車内も禁煙に!? 家族の健康のため(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【ロンドン時事】自家用車の中での喫煙も法律で全面的に禁じるべきだ−。レストランやパブなど公共の場所での禁煙を法律で定めたのに続き、「第2弾」の措置を政府は講じるべきだとする見解を英国医師協会(BMA)が16日、発表した。受動喫煙による深刻な健康被害を減らすためという。
 BMAによると、車内での受動喫煙の有毒性は紫煙が充満したバーの23倍以上。とりわけ子供は受動喫煙を避けるのが難しく、体が小さいこともあって被害を受けやすい。英国では受動喫煙の結果、大人と子供を合わせて年間約4000人も死亡しているとBMAは主張している。(2011/11/17-05:57)

一方、喫煙者の権利を守る抗議団体「Forest」のサイモン・クラーク氏は「車内での喫煙が、車内の人間に深刻な健康被害をもたらすという証拠はほとんどない。プライベートな乗り物のなかで何をするか政府に命令する権利はない。もし政府が車内の喫煙を禁止したら、次の論理的な措置は、自宅での喫煙も禁止することだろう」と批判している。

それにしてもこの抗議団体、証拠があるにも関わらず殆ど無いという始末。Forestという団体名もエコが流行る昨今に合わせたウケ狙いかもしれないが、世界中で行われる伐採の6本に1本は、タバコを製造するために使われるキュアリング(乾燥工程)のためである。

アメリカなどでも「カリフォルニアの常識」と名乗る圧力団体を大手タバコ会社らで出資して作り(ブラウン・アンド・ウィリアムソン役員アーネスト・ペプルズ)、屋内空気環境規制法案に圧力をかけて廃案にさせた例や、タバコ会社で出資して作ったCIARこと室内大気研究センター(日本ではJT出資の喫煙科学研究財団などがあるがそういう類のもの)を通じて科学者にタバコの害を否定させるための資金を出し、タバコで癌になる事を示す都合の悪いデータは圧力をかけ削除させ、圧力に従わない場合には嫌がらせまで行っていた。例えば、フレディ・ホンバーガー博士は、タバコ産業研究委員会(タバコ産業出資)の依頼を受けた研究で、タバコ会社の意にそぐわない、喫煙と癌の強力な因果関係を報告したが、癌の文言を消せと脅された。従わなかったので調査料も払わず助成も打ち切られ嫌がらせまで受けた。(1974年)

このForestなる団体も、背景を是非とも調べて発表して欲しいものである。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 01:12 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ大統領がタバコ会社批判「タバコの害に正直になるべき」 中東湾岸諸国、たばこパッケージへのイラスト入り警告表示を義務化

反タバコの動きは欧米に限られなくなってきている。アジアでも一部を除けばタバコという害の強い非常識を規制する動きが強まっている。今度は中東でも、タバコのパッケージに実態表示の義務かが迫られる形となった。(良い事だが、その海外で規制された分が、日本での販売強化や、規制の緩い発展途上国が食い物にされるしわ寄せにもなりかねない)

一方日本では、利権関係者が猛反対してタバコ税の増税を回避し、庶民に所得税などの負担増を強いた。

元記事:オバマ大統領がたばこ会社批判 「汚れた肺」写真に抵抗で ― スポニチ Sponichi Annex 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:<EMeye>中東湾岸諸国、たばこパッケージへのイラスト入り警告表示を義務化へ/ 株式NEWS /モーニングスター(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
米国の禁煙デーに当たる17日、オバマ大統領はビデオ演説で「たばこの害に正直になるべきだ」などと述べ、パッケージに汚れた肺などの写真を表示することに抵抗しているたばこ会社を批判した。

 大統領は「いくつかのたばこ会社は、たばこの害を正直に認めようとせず、制度を阻止しようとしている」と述べるとともに、「実際、禁煙は難しい。私もそれを知っている」と話し、現在米国に4600万人いるとされる喫煙者に禁煙を呼び掛けた。

湾岸協力会議(GCC=アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタール、オマーン、クウェート、バーレーン)で、2012年春までにたばこのパッケージにイラストや写真入りの警告表示が義務化される見通しとなった。喫煙の害を周知し喫煙者を減らそうという目的のもと、GCC各国政府は今春から1年間の準備期間を設け、たばこ業界に対してイラストを表示するよう働きかけている。新しい基準では、メーカー側は喫煙で侵された肺などのイラストをパッケージに記載することを義務づけられるが、業界では反対する声も根強い。

一方で、たばこの消費は税率によって大きく変わるため、イラストでの警告表示の効果について疑問視する声もある。フィリップ モリス ジャパンは「イラストによる警告表示によってたばこの販売数が低下するという公式データはない」(広報担当)とコメント。むしろ、パッケージが警告用イラストで占められることによって銘柄が分かりにくくなり、消費者の混乱を招くと指摘している。

 JT <2914> 広報IR部でも同様に、警告用イラストについて「効果は疑問」とした。フィリップ モリス インターナショナルは東欧・中東・アフリカ諸国で22%(推定)のシェアを持つ。一方、JTはGCCでは販売を行っていないが、ロシア、中東、ヨーロッパ、アフリカなどで広く展開し、世界シェアは約10%。両社とも効果については疑問視するものの、喫煙率が世界的に低下傾向にあるなか、警告用イラスト導入の動きが拡大した場合、少なからず販売に影響を受ける可能性もありそうだ。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 01:12 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増税すると税収減る減る詐欺、京都でも たばこ税収1%増 京都府の10年度分 禁煙進まず

増税しないそのままの状態では、普通の政治や経済感覚を持っていれば、タバコ税収が減っていく事は明らかである。

そのため、主に2つの方向性を考える事になる。

1つは、健康目的のためにタバコ増税して税収も喫煙率も減らしていく政策をとるか、もう1つは税収のためにタバコ増税していくか、のどちらかになる。(注:前者と後者の違いは、前者は規制や啓蒙も伴うもので、後者は特に何もしないかタバコ関係者に国民の財産を使って配慮する、例えば無駄な分煙や喫煙所を行政などが負担する、など。)

元記事:たばこ税収1%増 京都府の10年度分 禁煙進まず : 京都新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
 昨年10月に実施されたたばこの大幅値上げで、京都府は2010年度のたばこ税収入・販売本数とも減少を見込んだものの、税収は前年度に比べ1%増となり、2割減を見込んだ販売本数も1割減にとどまった。当初、「禁煙が進み、喫煙にかかる医療費抑制につながる」と期待したが、想定した効果は出ていないようだ。

 政府は昨年10月から国、地方合わせたばこ税を平均1・4倍、1本当たり3・5円引き上げた。1箱100円以上値上がりしたため、府は禁煙が進み、販売本数は09年度より19・7%(約9億本)減の約36億6千万本になると想定し、10年度予算で税収は3・5%減の46億8800万円を計上した。

 しかし、販売本数は前年度比10%(4億6千万本)減の約41億本にとどまり値上げによって税収は5千万円増の49億1100万円になった。10月の売り上げ本数は買いだめの反動から前年同月比25%になり11月も同5割減となったが、今年に入って8割に回復した。

 府は本年度も値上げ前の09年度比で販売本数を3割減と見込んだが、7月の本数が前年同月比を上回るなど9月末までの上半期は想定より3億本以上多く、税収は10年度よりも増える見込みだ。

 政府は増税時に「財源」ではなく、「禁煙促進による健康目的」としていたが、府総務部は「1箱100円程度の値上げでは抜本的な禁煙対策にはならないようだ」と分析している。
posted by 美人薄煙 at 01:12 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

たばこ増税 回答者の7割弱が賛成 500円で禁煙する喫煙者が3割弱

●非喫煙者73.1% | 喫煙者26.9% 
●増税賛成68.7% | 反対28.2%
●増税に賛成の理由(3つまで)
・健康に有害な喫煙者を減らした方が医療費抑制に繋がる 69.8%
・喫煙に伴う社会的な損失を踏まえると今の価格は割安 57.9%
・喫煙者が減るから 51.0%
・健康のため禁煙するのが世界の潮流 32.4%
・財政再建の税収増加策として有効 18.1%
・禁煙の良いきかっけ 17.4%
●増税に反対の理由(3つまで)
・復興財源の一部を喫煙者だけが負担するのは不公平 63.5%
・税金の無駄遣い根絶が先 47.7%
・昨年増税したばかり 42.9%
・喫煙者が減ると税収増になるとは限らない 42.6%
・タバコは文化だ 12.5%
・消費を冷やす 7.9%
●価格がいくらで禁煙しようと思いますか(マイルドセブン410円を基準に)
・500円 28.1%
・600円 16.3%
・700円 6.1%
・800円 7.0%
・900円 0.6%
・1000円 17.9%
・1500円 1.9%
・2000円 1.6%
・禁煙しない 20.4%

実際に禁煙しよう、と言っても成功率はかなり低い。先日の本当はタバコを辞めたい 米スモーカーの7割が禁煙希望、成功率はわずか6%にあるように、極めて依存度の高いニコチンのために、辞める決意をしても成功率は低い。

タバコ会社は宣伝で「大人が選択する嗜好品」などと謳っているが、日本でも米国でも過半数以上が辞めたいと考え、しかも辞めようとしても成功しない。こんなものの販売が許されてるのも詐欺にならないのもおかしな話である。他の製品で同じ事が起きるものは無い。

辞めたいから値上げして欲しい、と自分を追い込んででも辞めたがる人がいるのも、タバコ以外にはそうそうお目にかかれないだろう。

一方で、いくらになっても禁煙するつもりはない、と答えた人も2割ほどいる。しかし喫煙者は妙に強がる時があるので「いくら値上げしても辞めないから、値上げしても無駄、だから値上げするな」という心理が働いてこのように回答した人もいると思われる。本気でいくらでも吸うと考えてる人はある意味凄い。半分くらいが本来捨てるゴミと添加物で作られたタバコに、そこまで気合いを入れるというのも凄い。

私なら1本1万円貰っても吸いたいと思えない。(金の事だけに限定して考えると、自分、家族、友人、社会に損失を生じさせた分を差し引いたり、生涯賃金などから計算して少なくとも億単位で貰わないと喫煙者になるメリットは無いと思う。)

増税に反対理由の、財源の一部を喫煙者だけが負担するのは不公平、など、喫煙者の医療費や社会的損失を非喫煙者が負担してる不公平は棚上げである。

元記事:たばこ増税 回答者の7割弱が賛成:日経ビジネスオンライン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
日経ビジネスオンライン編集部は、与野党協議が山場を迎えていた11月上旬(11月9日から13日)、たばこ増税についての賛否を読者の皆さんにお聞きしました。その結果、「賛成」と答えた方が69%、一方「反対」の方は28%でした。当然ながら非喫煙者(73%)と喫煙者(27%)の割合に近い数字になっています。

 賛成の理由で最も多かったのが「健康に有害な喫煙者を減らした方が医療費抑制につながる」(70%)、次いで「喫煙による社会的損失を踏まえると今の価格は割安」(58%)、「喫煙者が減るから」(51%)が続きます。記述式による「受動喫煙がいや」「ポイ捨てが多い」といった意見と合わせて考えると、非喫煙者による「元々たばこがきらい」という心情が根っこにあるように見受けられます。

 一方反対の理由はどうでしょう。「復興財源の一部を喫煙者だけが負担するのは不公平」(64%)であるとの理由を挙げた方が最多でした。他には「税金の無駄遣いを根絶するのが先」(48%)、「昨年大幅増税したばかり」(43%)、「喫煙者が減ると必ずしも税収増にはならない」(43%)といった回答が目立ちます。コメントにも「取り易いところから取る」ことへの不満が多く寄せられており、たばこばかりがいつもシワ寄せを食っているという不公平感は根強いようです。

 ちなみに、少数ながら喫煙者でも増税に「賛成」という方がおり、その理由は「禁煙するいいきっかけになる」がトップでした。非喫煙者の中での「反対」理由では「復興財源の一部を喫煙者だけが負担するのは不公平」が最も多く挙げられました。

 また、喫煙者の方に、たばこの価格がいくらまで値上がりしたら禁煙しようと思うかどうかについて、お聞きしてみました。1箱20本入りのマイルドセブンの価格はいま410円で、そのうち約264円が消費税を含めた税金ということになります。このマイルドセブンを基準とした場合、500円が最も多く28%、1000円(18%)、600円(16%)と続きます。キリのいい価格が踏ん切りをつける心理的な目安になっているようです。ちなみに喫煙者の5人に1人はいくらになっても禁煙するつもりはないと答えています。

 今後も財源不足が取りざたされると穴埋め策として浮上する可能性のあるたばこ増税。愛煙家にとっては世知辛い時代となったようです。

(有効回答数:1165)
posted by 美人薄煙 at 00:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんかん治療薬を飲まずにタバコ、クレーン事故で児童6人を殺傷

今年の4月に児童6人をはね殺した事件の公判が行われた。

記事中では容疑者が「普通の人がするように一服したい」と喫煙していたとあるが、治療薬のかわりに麻薬を服用した(タバコ会社の科学者や弁護士や社内文書などの言葉を借りると、例えばブリティッシュアメリカンタバコの主任科学者チャールズエリス曰く「喫煙は依存性がもたらす習慣であり、ニコチンは明らかに麻薬である」など)のだから容疑者の過失は大きい。

そして「普通の人」と言うが今時の20代は喫煙しない方が普通。

例えば新入社員を対象に調査された結果は、9割が非喫煙者で喫煙に悪い印象を持っている

事故当時は勤務先に病歴を隠していたようだが、病歴があるなら事故に繋がりやすい運転業務を変えて貰うなどの自助努力も必要だろう。病気や家庭環境は選べないにしても、やるべき事をやらず、未来のある子供達の命を奪った罪は許されざるものである。

元記事:てんかん治療、母親任せだったクレーン事故被告 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
栃木県鹿沼市で今年4月、登校中の児童6人をクレーン車ではねて死亡させたとして自動車運転過失致死罪に問われた同県日光市大沢町、無職柴田将人被告(26)の第3回公判が15日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)であった。

 被告人質問と柴田被告の母親の証人尋問が行われ、柴田被告は、持病のてんかん治療を母親任せにし、3年前に人身事故を起こした後も服薬を怠っていたと明らかにした。

 被告人質問で、柴田被告は、小学3年でてんかんを発症して以来、母親が治療や服薬を全て管理していたと話した。「何かあれば母親が言ってくれる」と検査結果は母親を通じて聞き、服用薬の変化にも関心がなかった。高校中退後は、服薬の徹底を指示する母親への反発から意図的に服薬しないこともあった。

 2008年4月にも、服薬せずに鹿沼市で運転中にてんかん発作を起こし、小学生に重傷を負わせる事故を起こしたが、裁判で原因が「居眠り運転」と判断され、その後、クレーンの運転免許を取得した。朝夕の服薬が必要だったが、今年4月の事故前日は夕食後に「普通の人がするように一服したい」とたばこを吸い、その後携帯電話でネットを閲覧して、意図的に服薬をしなかったと語った。

 証言台に立った母親は、「中学1年くらいまで頭を叩くなど虐待していた」と明かし、中学2年くらいから立場が逆転したと説明。暴力を振るったり、物を投げつけたり、「将人が一番偉いという家だった」と振り返った。「私の虐待が原因でてんかんになったのかもしれないと思い、申し訳なかった」とも述べた。

 08年の事故も発作が原因だったが、「居眠りって言うからおめえもそう言えよ」と柴田被告に言われ、裁判で「居眠りが原因だと思う」と虚偽の証言をしたとした。

 22日の次回公判で結審し、年内に判決が出る見通し。

(2011年11月16日11時19分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 00:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙という行為自体を考える 嘔吐や手足のけいれん、意識障害、合法ハーブ(実際は薬事法抵触で違法も)で健康被害

タバコではなく、合法ハーブをタバコのように吸引した結果、しばしば事故が起きている。

ネットではタバコの代わりに草とか喫煙してみよう、と試してる猛者(?)がいる。そんなページを見ると身近な何々でラリった、などとある。試してみる気は無いので本当かはよくわからない。

内部告発によって明らかにされた、タバコ会社の真相が書かれているタバコウォーズには、かつて喫煙者だった筆者が「タバコ会社によって、大量生産が容易な紙巻きタバコが製造され、本来のタバコとは似ても似つかぬゴミを混ぜた別のものになってしまった」といった事を書いている。

私は嗅いだ事が無いが、タバコの葉っぱの本来のにおいは良いらしく、筆者はタバコ会社の本性を知りタバコを辞めてからも本物の葉のにおいはたまにかぐらしい。

ただ、本来のタバコも大航海時代にヨーロッパに入った時、万病に効くと信じられて喫煙が流行したが、当時から煙は酷く臭いと不評だった。悪臭、健康、宗教などの問題や理由によって禁止令が多発した。

また一部では大麻の見直しを呼びかけるウェブサイトなどもあり、医療大麻など含め注目されてるが、大麻も少なくとも喫煙という用途が害を及ぼしたり問題を起こすと思われる。

そしてこの合法ハーブの喫煙による事故。

こうなると、依存性の無いものや添加物などを入れなかったとしても、植物を巻いて火をつけて喫煙する、という用途そのものが害を及ぼすリスクを抱え、喫煙という行為そのものが実は問題なのではないかとも思える。

人間も動物も、敢えて危ない事をやるという本能のようなものがある。例えば草食動物が捕食者に対してわざと近寄ったり挑発する行為も自然界で見られる。この挑発行為は、こんな事をやっても大丈夫、と生存競争に強い個体をPRするためと言われている。

喫煙という行為も、タバコ会社の巧妙な宣伝に乗せられた結果が多いとはいえ、危ない事を敢えてやる本能の働きもあるだろう。タバコをやらない人でもスリルを楽しむために多少危ない事をする事も割とある。

また本能といえば、口は快楽を感じる箇所であり、(母乳やほ乳瓶を)吸うという事無しに乳幼児期を過ごす例はそう無い。普通は乳離れするが、親の愛情が足りなかったり過保護だったりすると、乳離れ出来なくなる傾向も見られる。そんな心の隙間に入り込むのが上手いタバコが入り込む事も少なくないだろう。

敢えてタバコに限らず、たまには喫煙・吸うという行為について考えてみるのも面白いかもしれない。

参考記事:嘔吐や手足のけいれん、意識障害、合法ハーブで健康被害  - MSN産経west(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
合法ハーブは販売者側の通称で、実際には薬事法で指定された薬物を含む製品もある。また、指定以外の薬物を使用したハーブであっても、粉末状の葉をタバコ状にして煙を吸飲し、嘔吐や手足のけいれん、意識障害などの健康被害を訴えるケースが頻発しているという。
posted by 美人薄煙 at 00:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

また未成年にタバコを販売した店主が逮捕。因果応報?被害者?タバコ屋ですら喫煙者を何をするかわからない不逞の輩扱いか。

この店主の態度をそのまま受け取ると、タバコ屋から見て、喫煙者=得体の知れない、何をするかわからない不逞の輩、だそうだ。

しかしタバコ屋がJTに誘われてホイホイとネット工作に荷担し、迅速な連絡網が完備されてるかのような動きを見せた、あの神奈川県の禁煙アンケート工作事件を思い出すと、タバコ屋の身勝手で反社会的な行動論理からは連中の言う事はそのまま信じてしまうのは無理がある事に気づく。

となるとこの店側を疑ってみよう。この店主はタバコ会社の期待する通り、意欲的に未成年にタバコを販売したいと考えて実行していたが、いざ捕まったら今度は未成年喫煙者のせいにしてしまおう、という態度を取っただけの人物かもしれない。

元記事:中学生にたばこ販売 82歳の男逮捕 | NNNニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
三重県松阪市で、女子中学生にたばこを売ったとされる82歳の男が14日、未成年者喫煙禁止法違反の疑いで松阪区検察庁に書類送検された。書類送検されたのは、松阪市春日町のたばこ店手伝いの男(82)。警察によると、男は今年9月27日午後2時ごろ、妻が経営する松阪市内のたばこ店で、たばこを買いに来た女子中学生が未成年者であり、喫煙することを知りながら、たばこ2箱を販売したという。男は、今年春ごろから何人かの中学生たちにたばこを販売していたと供述しており、「断ると何か悪いことをされると思い売った」と容疑を認めているという。
posted by 美人薄煙 at 01:29 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUで自然燃焼を防止する処理が施されていないタバコの販売が全面禁止となる

日本でも喫煙率が低下した今でさえ、火災の原因としてタバコがトップ3に入り、地域によってはタバコが火災の原因トップになる事もある。

EUでは自然燃焼を防止する処理が施されていないタバコの販売が禁止される。日本も見習うべきだが、タバコ会社にとって、手間やコストがかかる事は一切したくないというのが本音だろう。

例えばタバコは放射性物質ポロニウムを他の植物と違って選択的に取り込むが、除染の方法が確立してからもタバコ会社は顧客や社会の事など考えずに、コストのかかる除染をしない方針を未だにとり続けている。こういったタバコ会社の態度には、法制度による規制しか手は無い。

元記事:EU、通常たばこ撤廃へ 全て低延焼性シガレットに 国際ニュース : AFPBB News(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
11月15日 AFP】欧州連合(EU)に加盟する27か国で18日から、自然燃焼を防止する処理が施されていないたばこ(燃焼シガレット)の販売が全面禁止となる。

 EU圏内のたばこ消費者数は5億人に上るが、EUによると、たばこの消し忘れが原因の火災が毎年3万件も発生し、死者も多数出ていることから、EUは「低延焼性(RIP)シガレット」を導入し、これ以外のたばこの販売は禁止を法制化することとなった(RIPはReduced Ignition Propensityの頭文字)。

 RIPシガレットは、たばこの巻紙の数か所に厚紙で作られたバンドがはめ込まれたもの。バンドが酸素の供給を遮断し、たばこの燃焼速度を抑制する仕組みだ。

 欧州委員会(European Commission)は14日、RIPシガレットの導入を法制化する根拠として、フィンランドでの統計を例にあげ、RIPシガレットを導入すれば、たばこ火災による死者を4割以上削減でき、1年あたり500人の命を救うことができると説明した。

 フィンランドは2008年、EU加盟国で初めてRIPシガレットの導入を法制化している。

 EU加盟国では法制化に向けて3年間の段階的導入期間が設けられていたが、これも17日に終了。翌18日からは、すでにRIPシガレットを導入している米国やカナダ、オーストラリアに続き、EU圏内のたばこも全てRIPシガレットとなる。

 欧州委員会で保健問題を担当するフレデリック・ヴァンサン(Frederic Vincent)報道官によると、RIPシガレットは着火しても、吸わずにいると自然に消えるという。

 なお、葉巻は規制の対象とならない。(c)AFP
posted by 美人薄煙 at 01:28 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母体保護は妊娠よりずっと前から考えなければならない そろそろ子供がほしいと考える女子必見!妊娠前にしたい体と心のメンテナンス

記事では妊娠前に禁煙を、とありますが、最初から喫煙しない事が重要です。女性の喫煙率が上昇しているせいか、記事では現在喫煙してる人を念頭に入れた書き方がされています。

男性の精子が日々生産されるのに対し、女性の卵子は生まれた時の卵祖細胞が元になり、卵子の数は限りがあります。妊娠よりずっと以前に身体に受けるタバコなどの有害物質の作用が、卵子に影響を及ぼす事もあります。(最近は原発事故で放射線被曝の影響が危惧されてますね)

元記事:そろそろ子供がほしいと考える女子必見!妊娠前にしたい体と心のメンテナンス | 女子力アップCafe Googirl(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
「そろそろ妊娠を考えたい」「近い将来に子供が欲しい」そう思い始めたら、妊娠に向けて体と心のメンテナンスをしましょう。
前もって健康な状態にしておけば、妊娠&子育て期の不安を減らせます。妊娠前に心掛けておきたいことを、からだとメンタルに分けてご紹介します。

禁煙&受動喫煙を避ける

喫煙は妊娠しにくくなる可能性があり、妊娠中も胎児の健康に影響を与える可能性があります。また子育て期においても、喫煙は「乳幼児突然死症候群」という乳幼児が突然死する病気の一因と考えられています。子供が出来たら数年間は喫煙出来なくなりますので、この機会に思い切って禁煙しましょう。
また受動喫煙も喫煙と同じような害がありますので、禁煙席を選ぶなどして、できるだけ避けるようにしましょう。
posted by 美人薄煙 at 01:28 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科学的・医学的な事実から必要な規制を求めても、好き嫌いだけの感情論に矮小化される、不思議な報道体制

既に、無数の実験や統計的な事実によって(米国のタバコ会社副社長や弁護士による内部告発と、裁判によるタバコ会社の内部資料公開により、タバコ会社による調査や実験でも、一般の科学や医学的知見と同じく、タバコには極めて問題となる害とリスクがある事は明白となっている)、規制が必要という証拠は固まっている。

小宮山氏が嫌煙家である以前に、この事実の方が重要である。また小宮山氏が嫌煙家なのも、医学的な根拠が根底にある。

ところが愛煙家と称する方々には、こういった医学や科学に基づいた根拠や理念は無い。ただのタバコ好きであったり、タバコ族議員によって成り立っている。

最近の産経はどうしてしまったのだろうか、と思わせるお手本のような記事である。科学や医学を、ただの好き嫌いの問題へと変えてしまっているのだ。

なお、この改正法案の提出自体は、分煙や助成金も含めたもので不完全なもの。今や社会人の多くはタバコを吸わなくなってきており(特に今年調査された新入社員は喫煙率が1割程度:調査により喫煙者は嫌われる事を再確認、イメージは「ストレスが多い」「自分勝手」「だらしない」「意志が弱い」)、ことある毎に仕事をさぼっては残業する社内の喫煙者に対するイメージは悪い。タバコは労働能率を落とすので、各社が取り組むとして就業時間中の完全禁煙を推進する方が良いだろう。(それでも営業は破り放題だが。)

またオフィス街では複数テナントが入る関係で、喫煙所がビルに設置されているケースが多いが、kれは喫煙者が真面目にルールを守らず、喫煙する社員が社章をつけて堂々とビルの前にたむろしてタバコを吸ったりポイ捨てする等の問題を見越して、半ばやむを得ず設置せざるを得ない状況のためである。

これはコンビニや飲食店の入り口に迷惑な灰皿があるのも同じで、基本的にはニコチン依存に陥って欲求を優先する固めに物事の判断がつかず、喫煙したまま禁煙の店内に入るなど喫煙者が迷惑行為を行うためである。

都市というものは、基本的に人間の活動を基盤としてデザインされている。喫煙者は基本的に迷惑をかけたり非常識な事を平気で行う傾向が強いという経験則などから、ああいった「綺麗なビルに似つかわしくない(臭くて汚い)喫煙所」「建物の出入り口に灰皿を設置して多くの人に受動喫煙をさせ悪臭と不愉快に晒す」といった、(本来なら不自然な)配置がされている。

元記事:厚労相の“禁煙”へのこだわりが裏目 労働安全衛生法の今国会提出を断念 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
厚生労働省は8日、事業者に全従業員を対象とした医師によるストレス検査の実施を義務づける労働安全衛生法改正案について、今国会への提出を見送る方針を固めた。

 改正案のもう一つの柱である受動喫煙防止策に与野党の愛煙家らが反発し審議入りのメドが立たなくなったため。嫌煙家で知られる小宮山洋子厚労相だが、今回ばかりは煙たがるたばこに足下をすくわれた格好だ。

 改正案は、労働行政に精通する小宮山氏が今国会への提出を強く求めていた。過剰なノルマや上司の叱責などが原因で鬱病となり、労災申請をする労働者は年々増加しており、これを防止しようと10月の政務三役会議で提出が決まった。

 だが、改正案には、すべての事業所と工場に「全面禁煙」か、喫煙室以外での喫煙を禁止する「空間分煙」を義務づける受動喫煙防止策が小宮山氏の強い意向で盛り込まれた。

 厚労省は参院での先行審議を予定していたが、与野党から「受動喫煙部分を切り離さないと審議に応じない」との声が続出。12月9日の会期末まで1カ月しかないため、来年の通常国会までに仕切り直すことになった。
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 01:28 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコ会社のイメージ広告例「タバコはセレブ、大人のたしなみ」一部喫煙者がドヤ顔しながら「喫煙者は高額納税者だ」現実「安いたばこ求めスモーカーがベルギーに殺到」

葉巻ならまだ高級と言っても良いかもしれないが、紙巻きタバコはタバコ史上で最も売るのに適した形で、タバコウォーズの筆者によれば、本来のタバコの持つ良さを全て潰した最悪の劣悪な製品、とも言えるようだ。

現時点で販売されてるタバコの殆どが紙巻きタバコ。本物の葉の代わりに本来捨てるゴミと添加物を半分近く混ぜて非常に安く作る事が出来る。

記事では英国から買いに来てる客も居るようだが、それは観光や旅行ついでが主と思われる。フランスのような隣接する国になってくると、いわゆる密輸のようなものが増える。

タバコ会社が自社ブランドのシェアを伸ばし未成年の喫煙を増やすために、全生産の5%を密輸用にまわした罪で、裁判で国に多額の賠償金を支払った例は多々ある。

それにしても、たかがタバコのために密輸をしようとかそこまでするか?、と馬鹿馬鹿しい話に思えるだが、ニコチンにはヘロインを超える依存度があるため仕方ないと言えば仕方ないのかもしれない。喫煙者はタバコ会社の売り込みによる犠牲者ではあるが、何故かタバコ規制に対してだけ被害者意識を感じる事が多い、非常におかしなものだ。

元記事:時事ドットコム:安いたばこ求めスモーカーがベルギーに殺到?(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【ブリュッセル12日AFP=時事】ベルギーで今年、たばこの売り上げが記録的な伸びを見せている。値段の安いたばこを求めて英国やフランスからスモーカーが買いに来ているためだ。ソワール紙が12日報じた。
 同紙が財務省の統計として伝えたところによると、今年1〜9月に紙巻きたばこは19%、刻みたばこは25%それぞれ売り上げが伸びた。
 ただ業界団体によれば、たばこの国内消費者向け販売は落ち込みを続けている。がん撲滅を唱える団体の関係者が同紙に語ったところでは、喫煙者数や個人のたばこ消費量が増えたという兆候もない。さらに、公共の場所での喫煙禁止措置が7月からすべてのカフェも対象となった。
 しかし、たばこの値段はこれまでの値上げが小幅だったため、他の欧州諸国に比べて安くなっている。同紙によると、英国で8ユーロ(1ユーロは約106円)相当で売られているたばこの値段は、フランスで6.25ユーロ、オランダで5.47ユーロ、ドイツで5.16ユーロ、ベルギーで5.05ユーロなどとなっている。
 この結果、ベルギーとフランスの国境付近のガソリンスタンドでは、たばこの売り上げがガソリンを上回るほど、たばこの売れ行きが伸びているという。 〔AFP=時事〕(2011/11/13-22:27)
posted by 美人薄煙 at 01:28 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国成人の3割が肥満 禁煙、節酒も改善されず

肥満というものは基準の置き方によってかなり変わる。韓国は徴兵制もあるしカプサイシンを多く取ってるから、太ってるイメージはそれほど無い。

実際、世界の国を肥満率の高い順に並べるとこうなる - GIGAZINEでは、BMI30以上の割合を図で並べているが、日本も韓国も肥満は3%。むしろ痩せすぎが問題ではないだろうか。

なお、BMIは単純に身長と体重で計算するので、BMI30になるのはかなりの肥満か、極端なボディビルダーのような筋肉質な人しか該当しない。

なお、タバコは痩せるかのように宣伝されているが、タバコは太りやすい体を作る作用があり、継続したくなくても継続してしまう、効果的なデブ促進剤という側面がある。

ちなみに禁煙のためには、ヘロインより強い依存性を誇るニコチンと決別する必要があり、困難。一方でダイエットは走るとかスポーツするとかダンスするとか、身体を使う楽しい事を何かして、良い食事と生活習慣を取るだけで可能。非常に簡単である。有酸素運動だけでなく、出来るだけ筋トレを入れて基礎代謝を増やせば更に楽になる。

そんな楽、というかむしろ楽しいダイエットを、疲れるから嫌だとか思ったりしてしまうと、広告に騙されて痩せるためにタバコを吸おうとしたりして、ドツボにはまってしまうのだ。またタバコを吸うと息切れや体力低下などを引き起こすので、運動意欲も低下しマイナスの連鎖となる。

元記事:聯合ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【ソウル聯合ニュース】韓国の19歳以上の成人の肥満率は30.8%に上ることが分かった。保健福祉部が14日、昨年の国民健康栄養調査資料を分析した結果として明らかにした。

 性別では男性の肥満率が36.3%で、女性(24.8%)より高かった。年齢別では、男性は30〜40代(30代42.3%、40代41.2%)、女性は60〜70代(60代43.3%、70代34.4%)で最も高かった。

 肥満の原因の一つには、エネルギー摂取量に比べ身体活動の少ない生活習慣があると分析された。肥満率の高い年齢層はそれぞれ栄養基準を上回るエネルギーを摂取しているが、体はあまり動かなかった。

 一方、健康維持や疾病予防などに必要な禁煙、節酒、身体活動、バランスの取れた栄養摂取などは2008〜2010年に改善が見られなかったり、むしろ悪化したと調査された。

 成人男性の喫煙率は1998年から2007年まで減少を続けたが、その後3年間は横ばい状態にある。月1回以上お酒を飲む男性は2008年の74.6%から増加を続け昨年は77.8%を記録。女性も43.0%の水準を維持している。身体活動の実践率は男性が25.4%、女性が19.4%で、2008年以降ともに減少傾向にある。
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 01:24 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

水戸・高1水死:2少年、中心的存在 グループは氷山の一角−−捜査関係者 /茨城

たまにタバコ片手に子供を連れてポイ捨てする親を見るが、自分の子供が犯罪者に育って欲しくないならタバコを辞めた方がよい。

タバコを吸うとIQが低い傾向のように、本人の頭に良くない事もわかっているが、妊娠中の喫煙で子供の将来の暴力犯罪が倍増という調査もある。親の喫煙によって子供の精神遅滞リスクが増大する事も確認されている。

無論、ここまで悪く育ってしまう要因はタバコ一つではないが、少なくとも数%は関係してるだろう。逆に言えば、かなり予見できる予防可能な要因として、対策として考慮していく事が出来る。

元記事:水戸・高1水死:2少年、中心的存在 グループは氷山の一角−−捜査関係者 /茨城 - 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
水戸市内の川で県立高校1年の道口(どうぐち)誠也さん(当時16歳)=茨城町長岡=を水死させたとして、傷害致死容疑で逮捕された少年2人(いずれも15歳)は2日、傷害致死のほか、窃盗、恐喝など四つの非行内容で水戸家裁に送致された。捜査関係者によると、2人は不良グループの中心的存在だったという。また、少年らのグループを「氷山の一角」ともみており、事件のきっかけとなった水戸駅南口周辺の取り締まりを強化する方針だ。

 水戸家裁は今後、送致を受けた2人の少年を調査し、成人の刑事裁判に当たる少年審判を開始するかどうかを検討する。審判で少年院送致や保護観察などの処分が決まるが、家裁が刑事処分相当と判断した場合は、検察官送致(逆送)される。少年法は「故意に被害者を死亡させた16歳以上の少年は原則逆送する」と規定しているが、2人は15歳のため、家裁の判断が注目される。

 少年2人は8月27日午前11時20分ごろ、市内の食料品店で巻きずしを、正午ごろにはコンビニエンスストアでたばこを万引き。その後、水戸駅南口のゲームセンター前で道口さんに「にらんだ」と因縁をつけて桜川河川敷に連れて行き、金を脅し取ろうとしたが道口さんが持っていなかったため、「ナンパしろ」と連れ回したとされる。

 捜査関係者によると、少年は水戸駅南口を中心に活動する不良グループの中心的メンバーだった。水戸駅のほか、赤塚、内原両駅前や大型スーパーなどで、万引きや恐喝を繰り返していたという。

 水戸市は水戸駅南口を1日から「安心なまちづくりモデル地区」に指定した。しかし、現在も以前と変わらず若者が夜遅くまで集まり、たむろする光景がみられている。県警は今後、市や小中学校、高校などと協力し、パトロールなどの対策を強化するとしている。【酒井雅浩、佐久間一輝】
posted by 美人薄煙 at 01:09 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高1女子の口に石、顔にたばこの火…2少女逮捕

右の推薦書籍にある、まだタバコですか?が今手元に無いので細かい数字はわかりませんが、北欧での調査によると喫煙で攻撃性が約二倍になるという調査結果もある。

暴力事件も色々と理由があるだろう。しかしその理由を作るような育ち方に、タバコが大なり小なり関わる事も間違い無い。

タバコを吸うとIQが低い傾向のように、頭に良くない事もわかっているが、妊娠中の喫煙で子供の将来の暴力犯罪が倍増という調査もある。親の喫煙によって子供の精神遅滞リスクが増大する事も確認されている。

この事件の背景にどれほど関係があるか、個別の案件の詳細は報道されない以上わからないが、2倍前後のリスク増大に関わるのだから、タバコが無関係とは言い難いだろう。

少なくともタバコの火を押し当てる行為は、日頃からタバコに慣れ親しんでいるから出たのだろう。やはり友達になるなら非喫煙者の方が安心出来る。

私も最初から選り好みしてたわけではないが、自然とこいつは間違い無く良い奴だと思える相手と仲良くなっていって、ふと簡単に数えれば友人全体の喫煙率は2割未満。中学時代のたまに会う友人がやや喫煙率が高いくらいだ。

喫煙者だから最悪な奴とは限らないが、やはり避けた方が良い人と巡り会える。少なくとも非喫煙者なら、一緒に町中を歩いて急に臭くなったりゴミを捨てる事はまず無いので、一緒に居ても恥ずかしくない。

元記事:高1女子の口に石、顔にたばこの火…2少女逮捕 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
茨城県警水戸署は3日、水戸市の桜川河川敷で女子高生に約3時間にわたって暴行し重傷を負わせたとして、水戸市、アルバイト店員の少女(15)と同市、私立高校1年の少女(16)の2人を傷害と窃盗の疑いで逮捕した。

 現場はJR水戸駅南口の駅南大橋下の河川敷。8月27日に県立高校1年の男子生徒(当時16歳)を川に突き落として水死させたとして、少年2人(いずれも15歳)が傷害致死などの非行事実で水戸家裁に送致された事件と同じ現場だった。

 発表によると、2人は8月10日午後7時半頃〜午後10時半頃、水戸市桜川の桜川河川敷で、知人の県立高校1年の女子生徒(16)の顔や首にたばこの火を押しつけたり、頭や腹に殴る蹴るの暴行を加えたりして全治約2か月の全身打撲を負わせたうえ、現金120円入りの財布やバッグを盗んだ疑い。2人は意識がもうろうとした女子生徒を放置して、その場を離れ、119番を受けた消防隊員が女子生徒を保護した。

 2人は女子生徒を川に何度も突き落としては、髪をつかんで引きずり回したほか、女子生徒の口に携帯電話や石を無理やり押し込んだり、女子生徒のコンタクトレンズを強引に外したりしていたという。

 女子生徒は友人を通して2人と知り合った。私立高1年の少女は調べに「私の自宅に泊まりに来る約束を破って他の友達と遊んだので腹が立って殴った」と暴行は認めているが、「バッグなどはもらった。盗んだわけではない」と話している。アルバイト店員の少女は容疑を認めている。

(2011年11月4日09時05分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 01:08 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコ一本火事の元 消防訓練:熊本の川口保育園で /熊本

喫煙率の低下によってもっと順位を落としても良さそうなものだが、タバコは火災の主な原因としての地位を確固たるものにしている。悪い事の順位を手堅く守る事にかけては天才的とか優等生とか言っても良い。

kasai.gif

4位の放火の疑いについては、放火か何かの原因で自然発火したかわからないようだが、何かの原因=ポイ捨てされたタバコが原因以外には、普通の自然現象で火災がそう多くは起きないであろう事も考慮しておきたい。(要するに放火とタバコが実質のトップ1と2と考えても良い)

1位の放火については、種火としてタバコを利用する事もある。ただしこれは、犯人が喫煙者だから簡単に携帯できる身近なタバコが放火に役立つから使ったというだけなので、あくまでも「放火する」という目的自体を達成するためにタバコが必ず必要というわけではないので、原因をタバコとは言えないので除外しても良いでしょう。

もっとも、原因に「喫煙者」という枠組みを作ればトップになってもおかしくないが…。

元記事:消防訓練:熊本の川口保育園で /熊本 - 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
県消防保安課によると、昨年県内で起きた火災は617件(前年比82件減)。うち住宅火災は248件で、半数以上がコンロやストーブ、たばこなどの人的ミスが原因という。担当者は「暖房器具を使う機会が増え、空気が乾燥する時期なので、火を使う時は目を離さないようにしてほしい」と注意を促している。
posted by 美人薄煙 at 01:08 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙薬にリスクあるも、禁煙者なら頭痛薬が特効薬になる事も?(そもそも最初から吸わないのがベストだが…)

禁煙薬を使う事で、意識を失ったり自殺リスクが高まる事もある。
vs
タバコを続ける事で、支払い続ける無駄金、拘束される時間、口臭も体臭も臭くなる、毎日20回ほど定期的に来るニコチン切れによるストレス、無数の軽い病気リスク上昇+致命的なタバコ病のリスク上昇、太るリスク上昇、ハゲるリスク上昇、自殺リスク上昇、etc。

選択の自由があります。

ところで深読み・先読みしすぎかもしれないですが、例えばタバコ会社ブラウン・アンド・ウィリアムソン社の役員アーネスト・ペプルズが言うように「我々大手タバコ会社は『カリフォルニアの常識』という名の圧力団体を組織し、カリフォルニアの屋内空気環境規制法案を廃案に持ち込みました」(1978年)こういった例を考えると、禁煙薬のリスクを実際の何倍にも過大評価する、タバコマネーで動く御用学者も動き出すのではないか、と考える事も出来ます。

元記事:禁煙補助薬「チャンピックス」で自殺リスク8.4倍―米研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
今年10月24日、米食品医薬品局(FDA)は禁煙補助薬「チャンピックス」(一般名バレニクリン)の服用による精神神経症状との関連について、「他の禁煙補助薬に比べ、精神神経症状が増加するとは判断できない」と発表した。しかし、米薬物安全使用協会(ISMP)のThomas J. Moore氏らは、チャンピックスの副作用をさらに検証した結果、「自殺・自傷行動、抑うつ症状の90%がチャンピックスによるもので、他の禁煙補助薬に比べたリスクは8.4倍だった」とし、第一選択薬(最初に使用する薬)に適さないとの報告を米医学誌「PLoS ONE」(2011; 6: e27016)に発表した。


禁煙薬にリスクがあるにしても、禁煙に成功すれば他のリスクがぐんと下がります。その上、頭痛薬が肺癌の特効薬になるというオマケもついてくる?

元記事:喫煙経験者の肺がん予防、頭痛薬が特効薬に?―米研究 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
米ニューメキシコ大学のJenny T. Mao教授らは、喫煙経験者を対象に行った臨床試験の結果、肺がんに対する強力な化学予防薬として、頭痛や生理痛、発熱時などに処方される非ステロイド抗炎症薬の1つ、シクロオキシゲナーゼ(COX)-2阻害薬「セレコキシブ」(商品名セレコックス)の有効性が示唆されたと、米医学誌「Cancer Prevention Research」(2011; 4: 984-993)に発表した。

Mao教授らは、1年以上禁煙している45歳以上の137人を対象に、セレコキシブまたはプラセボ(偽薬)を1日2回投与。試験開始前と開始6カ月後に気管支鏡検査を行い、気管支の状態を示すタンパク質「Ki-67」の変化を検討した。Ki-67は、がんの前段階である肺結節と関連付けられている。

 その結果、セレコキシブ群ではKi-67が34%の低下し、プラセボ群では逆に3.8%増加していた。同教授は「これらの知見を総合したところ、高リスク患者に対してセレコキシブが有効である可能性が強く示唆された」と述べている。

 今回の試験は、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターのEdward S. Kim科長らによる報告(「Cancer Prevention Research」2010; 3: 148-159)を追認するものだが、Kim科長らの研究と同様に第2段階の臨床試験(第U相試験)。そのためMao教授らは、大規模な第3段階の臨床試験(第V相試験)での裏付けが必要と指摘している。

 同誌の統計編集委員であるJ. Jack Lee氏によると、米国だけで喫煙経験者は4,500万人おり、現喫煙者も4,500万人いるという。同氏は「肺がんに対する優れた治療は、いまだ確立されていない。早期がんを除けば5年間の生存率はわずか15%程度であり、早期発見およびがん予防が重要になる。今回の研究結果は、肺がん予防にセレコキシブが有効であることを示唆している」と述べている。
posted by 美人薄煙 at 01:04 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

儲けだけを考え子供を狙うタバコ会社に対し、国もマスコミも対策しないので、地域の努力をコツコツ地道に積み上げてタバコの実態を学ぶ

例えば淡路圏域における未成年喫煙防止のための小・中・高校等の児童・生徒および学校の喫煙状況調査報告 by淡路医師会にあるように、タバコは二十歳からという文言がかえって子供に喫煙させるよう仕向ける効果がある事は重要な事実だ。

そのため、具体的に害があるから、辞めたい時に辞められないから、など様々な理由がある事をきちんと説明しなければならない。これは本来国民の健康や生活を守る国家や、社会の公器としてのメディアが果たすべき役割だが、金欲しさにおざなりとなっている。

元記事:たばこの害、小学生学ぶ 深川−北海道新聞[道央](記事全体・ソース確認はリンク先参照)
【深川】子供たちに喫煙の健康への影響を指導する「ダメダメたばこ教室」が8日、一已小で開かれた。

 同教室は、市が2008年度から各小学校で開いており、一已小では6年生46人が参加。市の保健師らがスライドを使いながら「若いころからたばこを吸うと肺がんで死亡する率が非常に高くなります」などと、たばこの害について説明した。喫煙のきっかけについて、児童にグループで考えてもらうコーナーも。保健師は「20歳代までにたばこを吸い始めた人の95%が習慣化しています。ぜひたばこを吸わない人生を選択して」と子供たちに呼び掛けていた。


一方、渋谷パルコでは、大人の教室と称したタバコの展示が行われる。これが「小学生以下無料」という、あたかも子供を連れて来る事を歓迎するかのような展覧会が行われる。実質的には、子供への販売促進に荷担してしまっている。

これはパルコ側が何も考えずに安易にやってしまったのか、何かしらタバコ会社とのやりとりがあった上で敢えてやってるのか、そのあたりは不明。
元記事:大人たばこ養成講座(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
posted by 美人薄煙 at 01:03 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。