2012年05月27日

タバコを吸ってると判断能力が狂う事があるほんの一例 免許偽造・タバコを買うため飲酒運転・タバコの火で児童虐待

タバコが生き方の中心となると、人は狂う事もある。タバコを吸うためなら公文書偽造も厭わないとか、酒を飲んでいてもタバコを買いに行くとか。これもタバコ脳に陥った人にかかると、酒だけが悪いとか原因に置き換えられてしまう。

特に、もう先も可能性も無い無職32歳の男が、未来のある子供を傷つけて良いはずがない。例えばタバコ臭いと素直な子供は嫌う事もあるが、それは自業自得。だが、子供が懐かないから、などと言って虐待するのは真性のクズである。

規制するべきタバコを規制せず、野放しにしてる事で人や文化が破壊されるという悲劇が起きている。

一方で、規制する必要の無い文化が規制されて、大きな文化的衰退という悲劇を招きかねない事例もある。ここからはタバコ以外で少し書きたい事があるので一つ書かせて頂く。

ご存じの人もいるかと思うが、最近特に酷い頻度でクラブが不当に摘発されている。クラブの客全員に尿検査させ、全員シロという“事件”もあった。

クラブに行った事が無い人はフィクション作品などで薬物取引の場になってる等、結構悪いイメージを持ってる人も多いかも知れないが、実際そういったものは(過去にはあっただろうし、今も完全にゼロとも言えないとは思うが)まず無い。のりぴー事件もクラブイメージを悪化させたが、薬物売買の場はクラブのように怪しいイメージを持たれてる目立つ場から、ネットなど含めて他の場所に移行している。クラブはタバコの広告と煙が充満している以外は、割と健全な場である。(行ったことがない店舗については何とも言えないが、見聞きした範囲では殆ど問題無し。ごく一部に潰れた方が良いようなクラブもあるらしいが。)

法律には目的があり、また社会があって法律がある、という関係は非常に重要である。

風営法ではシンプルに言うと、夜中にダンスさせてはいけない、とある。しかしこの目的が大昔に作られたもの。当時のダンスは売春と関連があった。ダンスと言っても今のダンスと違う。いわゆるストリップ的なものも含めた単に性的接触のための動作全般を指すと言える。今は当然ながらまず普通は無い。当ブログ読者にわかりやすい言葉に言い換えると、タバコの害があまりわからなかった当時にタバコ事業法を作ってタバコ産業を保護して販売と税収を…、という悪習が未だに残ってるのと同じで、時代にも世界の常識にも全く則さない。海外には基本的にそのようなわけのわからない法律は無い。

法律は読み方や解釈が重要となる。これがわからないと、バカの一つ覚えのように一文だけを読んでは痛い勘違いをこじらせる事になる。(例えば罰金10円などと書かれた条文が残ってるが、法律は単独だけで考えないので、罰金を経済の実態に沿った額に変える。罰金等臨時措置法に従う。)

ただ法律が読めないバカが勘違いしてるだけなら問題無いのだが、公権力が目的なき手段として使う事は大問題である。例えば条文に書いてある以上は、不当な取締りを公権力が行おうと思えば(例えば着任したばかりの警察署長が点数稼ぎのために)容易に出来てしまう。これは警察力を本来の取締りに使わず浪費し、しかも文化を阻害する。二重の問題である。

ダンスが教育の中で必修となった事は、結構ニュースになっていたので知ってる人も多いと思うが、その一方で風営法ではダンスとは売春を招くものとして取締り対象に入っている。健全ではないのに教育に…という矛盾がある。CMでもダンスは多用されているし、多くの音楽PVにダンスが欠かせない要素として扱われている。

現在の実態に即さない風営法を改正しよう、という動きが年々強まっている。以前も2万の署名が集まった。そして今度、10万署名を目指した大きな動きがある。このブログの読者の方で、音楽が好きな人など賛同される方は以下の署名(5/29から)をお願いします。クラブの禁煙化も添えて。
Let's DANCE | 署名推進委員会 風営法からダンスの項目削除を求めます。

元記事:免許偽造容疑で高3逮捕 たばこ欲しさに - 社会ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:酒気帯び運転:日本酒2合飲み、東広島区検へ 帰宅中、容疑でまた逮捕 /広島− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:東区の2歳養女傷害:初公判 養父、起訴内容認める 懲役1年6月求刑 /岡山− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
兵庫県警川西署は23日、たばこを買うために運転免許証の生年月日部分を偽造したとして、有印公文書偽造の疑いで、川西市の高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。
自宅近くの市道で酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、東広島署は23日、東広島市安芸津町風早、無職、岡田英次容疑者(56)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。同署によると、岡田容疑者は今月7日に飲酒運転で検挙され、この日は東広島簡裁で罰金30万円の略式命令を受けて帰宅途中だった。

同署などによると、岡田容疑者は7日深夜、自宅で飲酒し、たばこを買うため車で外出。パトロール中の同署員に発見、検挙されていた。酒気帯び運転の罪で東広島区検が23日に略式起訴し、簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。
2歳の養女の腹を踏みつけたとして傷害罪に問われた東区の無職、山本正広被告(32)の初公判が23日、岡山地裁(行広浩太郎裁判官)であった。山本被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。即日結審し、検察側は「生命に危険を及ぼしかねない」として懲役1年6月を求刑した。

 弁護側は「被告は反省し、被害者も順調に回復している」として執行猶予付きの判決を求めた。

 被告人質問で、検察側に「以前にも養女の足にけがをさせたか」と問われ、山本被告は「たばこの火を落とした」と話した。
posted by 美人薄煙 at 09:23 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手への尊重があれば、タバコを最初から吸わないか、吸う前に細心の注意を払うはずである

その国の文化や歴史を尊重するなら、タバコなど最初から吸わないか、吸う前にあらゆる事を確認するだろう。

日本では一般的な手のサイン、例えばピースも国によっては危険な意味を持つ。当然食べ物でもタブーなどある。気をつけなければ命に関わる事だってある。ところがタバコの場合は、脳がニコチン依存となってしまって、求めるままに反射的に吸ってしまう。相手への気遣いといったものは生じない。

GWにある歴史系の観光地に行ったが、やはり旅の恥はかきすてとでも言いたげな、ふてぶてしい顔をした喫煙者が子供のそばで平気でタバコを吸ってポイ捨てしていた。こういった光景を海外の人も見るわけだから、国際的な恥である。

元記事:うっかり喫煙でシャー・ルク・カーンがお騒がせ【ヒンディー/ニュース】(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
ボリウッドのスーパースター、シャー・ルク・カーン(46)が、公共の場で喫煙をした疑いによりジャイプル裁判所に出頭することが分かった。5月23日付ナブバーラト紙が報じた。

 申し立てによればカーンは今年4月、ジャイプルのサワイ・マン・シン・スタジアムで開催中だったクリケットの全国リーグであるインディアン・プレミア・リーグ(IPL)の観戦中にタバコを吸っているところを、たまたまスタジアムのカメラで捉えられてしまいファンに大写しにされてしまった。インドにおいては公共の場での喫煙は法律で禁止されている。
タグ:芸能 海外
posted by 美人薄煙 at 02:19 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産だろうとおかまいなし、タバコで各地を汚して平気になるタバコ脳

世界遺産もおかまいなしに、タバコを吸いたくなる…喫煙者の脳(正確にはニコチンの依存性と、それによって価値観がズレてしまった喫煙者の考え)は恐ろしいものである。ルールを定めても、なかなか守らない輩が多い。それは路上禁煙エリアの統計や、罰則無しの地域では減るどころか増えた結果さえある事からもわかりやすい。

そうそう燃えないかもしれないが、タバコの失火で縄文杉が燃えれば損失は並大抵ではない。しかも世界遺産だけに国際社会からの注目も避けられない。タバコ産業は莫大な利益をあげて、そのつけは日本国全体が払う。

元記事:屋久島縄文杉の登山道、禁煙に 喫煙場所設置 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
環境省や鹿児島県などでつくる「屋久島山岳部利用対策協議会」は26日までに、世界自然遺産屋久島(同県屋久島町)の「縄文杉」への登山道について、原則禁煙とする自主ルールを決めた。

縄文杉ルートは人気が高く利用者が年々増加。屋久島観光協会に「自然を満喫しに来たのに、たばこのにおいが残念」といった苦情が寄せられたため、対策協議会で対応を検討していた。
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JTが欧州のタバコ会社を買収、訴訟リスクは国民に大還元?

JTの買収と言えば、ダボハゼと揶揄される買収案件の食いつきの良さが印象強い。
JT「国営企業」の憂鬱 旧大蔵エースが新会長に急浮上 【AERA発マネー】2004年05月03日―10日号
「JTはいいお客さん」と証券業界でいわれている。「ダボハゼ」と呼ばれるほど買収案件にとびつく。多角経営を急ぐが、自ら育てる時間も能力もない。適当な会社を買って、たばこ以外の国内での売り上げを急拡大しようという戦略だ。狙う領域は食品と医薬品、それに海外のたばこ事業だ。


先進国ではかつてに比べると斜陽産業になってはいるものの、依然として利益は大きいタバコ産業。倫理を置いておけば、タバコほど儲かる産業はそうそう無い。他には非合法の活動くらいしか無いかもしれない。タバコ会社の経営は、5年程度なら誰がやっても、自然に売れる分で利益は出続ける。(正業なら半年もすれば来期見通しなどが急激に悪化して、経営が成り立たなくなる。)

しかし今後の訴訟リスクなどを考慮すると、拡大路線というのも考え物である。特に同じように多角経営路線で失敗したRJレイノルズ(米国以外の販売権をJTに買収された)の例もある。

無論、RJRはその損失を自社の責任という形で完結させているが、日本ではそうもいかない。日本では財務大臣が50%の株式を持つ。これは訴訟問題で日本国そのものが問題であるとなりかねない。特にFCTCという国際条約を遵守しない日本国政府は、国際社会においても恥知らずのレッテルを貼られかねない。国際的評価が基本的に高い日本を、不当に貶めているのはタバコ産業である。

元記事:JT、ベルギーのタバコ企業を約510億円で買収 | 食品産業 - 財経新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:JTは欧州の上級タバコ企業買収を材料に午後も堅調 | 個別株 - 財経新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:JT、ベルギーの手巻きたばこ大手を買収で大幅続伸 | 株探 企業速報(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:JTがベルギーたばこ大手を約510億円で買収、海外事業を強化 | ビジネスニュース | Reuters(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
日本たばこ産業(JT)は24日、ベルギーのタバコ企業Gryson NVの全発行済株式を取得することについて、Gryson社株式を保有するGT&Co BVBAと契約を締結したと発表した。Gryson社に加え関連する会社の株式取得を含む同買収の対価については、現時点で4億7,500万ユーロ(約510億円)を見込んでいるという。なお、同買収は必要な手続きを経て2012年中に完了する見込み。
発表によると、グリソン社は、RYO(Roll Your Own、一般的に、お客様ご自身の手で巻紙を用いて手巻きするためのキザミたばこ)や、MYO(Make Your Own、一般的に、お客様が器具と筒状の巻紙を用いて紙巻たばこを作製するためのキザミたばこ)の有力企業。
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙推進の数値目標、喫煙率12% 禁煙への動き 広島・大阪・沖縄・兵庫

これまでタバコ産業・族議員・といったややこしい連中の反発&利権によって妨害されていた、具体性のある禁煙推進の目標が盛り込まれた。

出来ればもっと早い年度や、低い喫煙率を目指したり、一気に喫煙率0%を目指す、くらいやって欲しいが、現実的にはそう素早く動けないのは仕方ない。また、タバコのリスクを全て(最低でも、禁煙推進してる人レベル)知って、絶対に吸うとか、それでも新規にタバコを吸いたいと考える人や、わかりやすいタバコの害の説明を受けても理解出来ない頭の悪い人というのは、0にはならないだろう。現実的には1〜5%くらいが限界だろうか。

それにしてもJTの、「喫煙は個々人が判断すべきもの」という意見は酷いものである。嘘にまみれた宣伝と、ニコチンの依存度に頼ったやり方で喫煙を植え付けて、個人の判断などとよく言えるものだ。20世紀最大の詐欺はタバコ業界とも言えるが、どうも日本では21世紀も同じままかもしれない危機感が残る。

ただ民意としては、各地域で禁煙条例が望まれ施行されたり、国政に比べて素早い動きや生の声が反映されやすい部分から、タバコへの嫌悪感はなかなか強いようだ。

元記事:朝日新聞デジタル:禁煙推進へ数値目標「喫煙率12%」に 近く閣議決定 - 政治(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:国会議事堂:衆院議員食堂を全面禁煙へ 議運で検討− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:禁煙:県が「応援します」 2人1組で応募 衣笠さん握手会も /広島− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:治療や教育「禁煙」に力 [大阪ヒト元気録] - 大阪日日新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:オール禁煙は困難? - 八重山毎日新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:受診者の多くが成功 浜坂病院の禁煙外来が人気 - NetNihonkai-日本海新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
たばこの喫煙率を2022年に12%に削減する数値目標を盛り込んだ計画が近く閣議決定される見通しになった。23日、民主党の厚生労働部門会議が削減目標を盛り込んだ「がん対策推進基本計画」の改定案で認めた。喫煙率の数値目標をめぐっては、厚生労働省が掲げようとしてはたばこ業界や自民党農林族の反発を受けて取り下げてきた。10年越しで目標の数値化が実現する。

喫煙率の目標は1999年、旧厚生省が健康づくり運動の数値目標で半減を掲げようとしたものの、たばこ業界や自民党農林族の反発を受け頓挫。06年の見直しや07年のがん対策の計画策定時も見送られた。今回も日本たばこ産業(JT)などが「喫煙は個々人が判断すべきもの」「財政、販売店、葉タバコ農家に影響する」と反発していた。
禁煙希望の喫煙者をアシストするため、県が「禁煙宣言1万人達成事業」を始めた。県内在住者もしくは在勤・通学者が対象で、辛い禁煙を励まし合って乗り越えてもらおうと、2人1組での応募が条件。また応募者限定で、7月9日には「鉄人」の異名を持つ元広島東洋カープ選手、衣笠祥雄さんの握手会も開く。

 所定の応募用紙をホームページ(http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/57/)からダウンロードして必要事項を記入し、500円の申込金を添えて7月9日(当日消印有効)までに郵送または県庁へ持参する。禁煙は8月から始める。インターネットを利用した禁煙プログラムで、メールに届くアドバイスを参考にしながら取り組む。来年3月にプログラム通りに達成できれば、申し込み金500円分を記念品として還元する。
天王寺区で「上本町わたなべクリニック」を開院している渡邊章範院長(38)。内科や循環器科をはじめ、幅広い診療に取り組む中、禁煙外来を設けて禁煙を目指す人たちを支援する。母校の大阪市立大学を通じた健康教育支援にも取り組んでいる
衆院の議院運営委員会は、国会議事堂内の衆院議員食堂を全面禁煙にする方向で検討を始めた。テーブルごとに禁煙・喫煙を分けているだけで受動喫煙対策が不十分だったため、小平忠正委員長が4月27日の理事会で「食堂は食べるところだ。時代の流れもあるし、各国の中でも日本の国会が一番遅れている。全面禁煙にしたい」と提案。実現すれば、各党が利用している控室を除き、衆参両院の共用部分で分煙化が完了する。
24日に県八重山合同庁舎1階会議室で開かれた「八重山地区タバコ対策推進会議」で、庁舎内全面禁煙の取り組みを聞かれた竹富町健康づくり課の与那覇忠課長と与那国町長寿福祉課の上地常夫課長。2人とも「一応」と前置きしたうえで、庁舎内全面禁煙を報告。竹富町では一部に指導できない部署があり、与那国町はいろんな人が出入りする町長室が1番問題とか。
兵庫県新温泉町二日市の公立浜坂病院(尾原秀史院長)の禁煙外来が人気を集めている。2月の診療開始以来“卒煙者”は既に6人と、受診者の多くが禁煙に成功している。医師による治療計画やアドバイスを基に、最新の治療薬を服用することで無理をせずにたばこをやめられるという。

 同病院の禁煙外来は2月7日にスタート。診療開始に先立ち、昨年末までに施設内の禁煙スペースを撤去。駐車場も含めた敷地全体を禁煙にした。

 24日現在で当初の予想を上回る23人が受診した。「卒煙」までのプログラムは約12週間で、治療費(自己負担3割の場合)は標準的なケースで約2万円かかるという。

 初診時に、ヘビースモーカーほど高い数値を記録する呼気中の一酸化炭素濃度を測定。「いつごろから吸い始めたのか」などたばこへの依存度を問診し、治療計画を立てる。
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外で進む禁煙方針 マレーシア・韓国

タバコを吸わない人にとって、意味もなく悪臭が漂う店舗を利用させられるのが日本の実情。私個人としては、喫茶店に入らない理由はタバコ臭いから。スタバなどしか入らない。非喫煙者客を積極的に喫茶店に呼び込むには禁煙しかなく、実際にスタバは業績も禁煙後も順調。

海外ではそういった受動喫煙被害を避けるために、対策を講じ、日本よりずっと進んでる国も多い。欧米が中心だったが、最近ではアジア各国が積極的な方針を打ち出している。

最近の飲食店はトイレを綺麗に掃除しているところが多いが、喫煙可の店では飲食スペースの方がトイレより臭い事が少なくないのが、普通に恐ろしい。

元記事:ジョホール州で大禁煙エリア計画、喫茶店業界は反発 | マレーシア発ニュース速報 | マレーシアナビ!(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:韓国で禁煙対策進む、喫煙者に優しい時代は終わりに 国際ニュース : AFPBB News(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
ジョホール州政府が州内の禁煙区を大幅に拡大する計画を進めており、同州喫茶店連合会が市民生活や喫茶文化、喫茶店の営業などに支障が出るとして反対している。国内ではマラッカですでに禁煙エリアが設定されており、政府はジョホールバルを第2の禁煙エリア指定都市にしたい考えだ。
【5月25日 AFP】先進国の中でも男性の喫煙率が高い韓国で、ようやく官民が禁煙に向けた取り組みに本腰を入れ始めた。

 企業は昇進への影響をちらつかせて従業員に禁煙を迫り、保健福祉省はたばこパッケージの警告メッセージの拡大を決め、ソウル(Seoul)市は市内の20%を禁煙地区とする計画だ。

 軍も例外ではない。陸軍では徴兵・訓練兵らに喫煙習慣を断ち切るためのアドバイスを受けさせる。一方、歴代政府や現政権は、喫煙者票を失うことを恐れて、たばこ税の引き上げには手をつけてこなかった。
タグ:臭い飯 海外
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マナーの問題では無いタバコ、あらゆる地域で迷惑千万だが、一時的な措置に喫煙所は必要か…

罰則も同時に整備しないといけない。マナーを守る人が馬鹿を見るようでは、守らない方が得くらいに考えて一向にマナーを守らない喫煙者が減らない。勿論タバコ問題とは根本的には全くマナーの問題では無いが、さしあたって屋外での受動喫煙被害を減らすには、この点が一種の争点だ。

マナー以前に禁煙に指定されたエリアなのだから、吸わないのが一番だが、ニコチンの強力な依存によってそれは難しい。それを自制できる人なら、そのまま禁煙成功させているだろうし、未だに吸ってる人は禁煙する気が無い人もそこそこ居るだろう。

よく放射能ガレキの問題が言われている。全国にわざわざ拡散する意味があるのか、と。それに合わせるわけではないが、あくまで喫煙しなければ良いがそれが出来ない苦肉の策、という範疇で、喫煙所を定めてあちこちで拡散されるよりマシを作るしかない。残念ながら、タバコ産業による実質的な麻薬販売の結果、国民と環境が人質に取られているような状態である。

勿論喫煙所設置は無駄金だし、税金から出るのも問題。そして喫煙所というのはあくまでも過渡期、いずれ喫煙率0を目指して、撤廃するのが正解である。

元記事:【あらかると】マナー悪い路上喫煙 場所整備すれば、半数「条例守る」 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
大都市部では当たり前になった感がある路上喫煙規制だが、市民の関心はどうなのか。またどのように守られているか。フジサンケイビジネスアイが今月、携帯電話を利用した「喫煙場所アンケート」(成人男女7721人回答)を実施した。

 調査結果では、自分が住んでいる市区町村に路上喫煙を禁止する条例があると答えた2855人のうち、条例が「守られている」と答えたのは25%。「守られていない」は20%だった。

 また全体の回答者のうち、喫煙者の58%、非喫煙者の47%が、「喫煙場所を整備した方が喫煙者は条例を守ると思う」と答えており「そうは思わない」と答えた喫煙者11%、非喫煙者18%を大きく上回っている。
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30日「ごみゼロ」の日 子供目線の高さで、タバコの危険性を再確認

川崎は禁煙エリアであっても、平然とタバコの吸い殻が散らばっている。某禁煙のクラブに行くと、近くの道路のタクシー乗り場で、地面がボコボコした所が酷かったりする。

あれだけ公共へのゴミや害を出しておいて、タバコ産業は形だけの企業PRしかしない。無責任にもほどがある。

元記事:東京新聞:30日「ごみゼロ」の日 ふろん太の願い届け JR川崎駅など7会場でキャンペーン:神奈川(TOKYO Web)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
今回参加するふろん太は、実は路上喫煙の“被害者”だった。川崎北ロータリークラブが二年前に配布した啓発冊子「危険がいっぱい そのマナー」に、子どもの背丈で登場。街角で隣に立った喫煙者のたばこの煙にせき込んで涙が出たり、目の辺りの高さにある高熱のたばこの先にギョッとしたり、灰を落とされ、やけどをしたりしている。キャンペーンは「路上喫煙は、ほかの人の迷惑になるからやめてくださいね」と願うふろん太の思いを届ける機会になる。
posted by 美人薄煙 at 02:18 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙アプリ「たばこ禁止宣言」

たばこ禁止宣言 - Google Play の Android アプリ

元記事:たばこ禁止宣言 : まだたばこを吸いますか?喫煙の実態をズバリ解明!禁煙するならスマホを使え!無料Androidアプリ(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
アプリの特徴

禁煙の効果をあらゆる形で知らしめてくれる
煙害を確認することで、喫煙欲求を減退させられる
体重も記録することで、禁煙による肥満を極力抑えられる
posted by 美人薄煙 at 02:17 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコカレー食べ放題?獅子西武ドーム店に嫌がらせ

この店、完全禁煙のようです。写真を見る限りでは結構綺麗な店なので、恐らく厨房の方も汚くは無いでしょう。調理者が喫煙すると、店内にタバコの臭いが漂うと思われるので、調理者による混入もあまり考えられない。

店内で喫煙できないので、喫煙者が店内でタバコを吸って灰皿に捨てるのが面倒でカレーの鍋に…という事も無いだろう。うっかりと携帯灰皿の中身をこぼした、というのも可能性としては低い。

時期的には、涌井関係での嫌がらせではないだろうか。ヤクザなどが絡んでいれば、一種の脅し。そしてヤクザといえば嫌がらせのプロでかつ喫煙率は高い。もっとも、タバコからDNA情報を採取して犯人が割り出される昨今、どこかで拾った吸い殻を使用した可能性も高い。

関係無いが、JTの天下り会長も涌井である。

更に、最早どうでもいいレベルのニュースもあった。チャン・ドンゴンのタバコの吸い殻は30万ウォンだとか。海外ならもっと高いとか、意味不明にもほどがある。

元記事:バイキングのカレーにたばこの吸い殻 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:チャン・ドンゴン、19年前に吸ったタバコの吸殻の鑑定価格“30万ウォン” - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
西武レクリエーション(埼玉県所沢市)は21日、西武ドーム(同市)隣接地で運営する中国料理店「獅子 西武ドーム店」で20日にバイキング形式で提供したカレーに、たばこの吸い殻1本(約4センチ)が混入していたと発表した。

 健康被害の情報はないとしている。

 発表では、女性客が20日午後1時15分頃、容器からカレーのルーを盛ろうとした際、異物に気付き、女性従業員に指摘。確認したところ、たばこの吸い殻と判明したという。

 混入した原因は分かっていない。
この日、チャン・ドンゴンが19年前に吸ったというタバコが、鑑定専門家によって30万ウォン(約20500円)と判定され、注目を集めた。同タバコは19年前にチャン・ドンゴンがファンクラブの会員たちと食事をした後に吸ったタバコの吸殻で、チャン・ドンゴンの公式ファンクラブ「ADONIS」の某会員によって現在まで大事に保管されていた。

鑑定専門家のパク・オクスは「海外なら7〜800万ウォン(約48〜54万円)ぐらいするかもしれないが、韓国では30万ウォン程度が妥当だ」と話した。
posted by 美人薄煙 at 02:17 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも通りのタバコ強盗窃盗事件 京都・群馬

相変わらずタバコ店にはよく強盗が入る。老人が一人で店番…といった事も少なくない。また零細のタバコ屋はタバコ産業の営業も面倒くさがって適当な営業しかしない。コンビニのように割の良い、調達の調整も考えてくれる店の方が、取引がしやすいのだろう。適切なアドバイスや強盗対策を少しでも考えてくれてるかどうか怪しいところがある。

勿論、ネット工作を手伝わせるくらい親密にしている店も多いようだ。

元記事:左京区のたばこ店で強盗未遂 京都 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:消防職員がコンビニでたばこ1箱盗む  - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
23日午後0時50分ごろ、京都市左京区高野東開町のたばこ店に男が客を装って入店し、店番をしていた女性(83)に包丁のようなものを突きつけ「1万円を出せ」と脅した。女性がカウンター内に伏せると、男は何も取らずに逃走。

群馬県警は23日、窃盗の疑いで、多野藤岡広域消防本部(同県藤岡市)次長、黒沢益男容疑者(58)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は23日午前7時50分ごろ、藤岡市のコンビニでたばこ1箱を盗んだ疑い。
posted by 美人薄煙 at 02:17 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

タバコを吸わない・嫌煙家と称する人 武田邦彦編

不思議な事に、まず最初に私はタバコを吸わない・嫌煙家だが…などと断っておいてから、タバコ産業にとって都合のいい話(何故かJT関係者が出版した本に書いてある事が中心で、あたかもそれを読んだ後に自分の言葉で書き直したかのような内容)を展開する人は少なくない。タバコを吸わない、と言っておけば信憑性が高くなると思ってるようだが、それは逆に言えば、喫煙者の言う事は信憑性が無いと暴露しているようなものである。(おまけに嫌煙家と称したあとにタバコ産業に荷担する人の場合、嫌煙家としての具体的な活動はしていない。せいぜい形式的にタバコの一部分は良くないかも程度に言葉を濁す程度。)

今回はまた武田先生にスポットを当ててみよう。武田先生にかかれば、一元的なグラフの読み方だけで十分なようで、彼の論理をそのまま信じると、例えば以下のようになる。

・犯罪率の低下と喫煙率の低下は同じようなグラフの形になって、連動していると言えるので、タバコは犯罪の直接的な原因になる。
・喫煙率は下がっているが株価は下がったり上がったりしてるので、タバコと経済は無関係になる。

注:喫煙と犯罪の関係は、間接的には要因となっている。例えば、まだ、タバコですか? (講談社現代新書)では、粗暴犯≒短絡的・突発的・感情的な犯罪では喫煙率が顕著に高い調査が示されている。
注2:不況・貧困層の喫煙率などから、喫煙者は金が無くてもタバコは優先して購入するという行動が見られる。発展途上国では、教育や就業訓練にかけるべき金を、タバコによって消費する事で、貧困から抜け出せない事が問題となっている。

勿論この武田先生は学者なので、統計の読み方も本当は知っているはずだし、上記のような単純なものの考え方をしていないはずである。つまり意図する事は喫煙の推進。(もし意図してなくて、天然でそう考えてるなら学者にはなれないだろう。)万が一本当にそう思ってるとしたら、そのうち、彼の「武田式:一元的に読むだけでいい理論(仮称)」によって、例えば暦の年が増えるほど喫煙率が低下しているので、これからは暦は増やさずに毎年減らすべきだ、などといつ言ってもおかしくない。

むしろ、このタバコを吸うと発癌率が下がるというノーベル賞もの(笑)の発見は学会に一石を投じるので、是非正式に論文を書いて、しかるべき機関や学術誌に提出して欲しい。大学に大きな汚名をかぶせ、タバコ産業から金を貰って書いたエンストローム論文(受動喫煙の害を否定する御用論文)でカリフォルニア大の教授職を解かれた、ジェイムズ・エンストロームと同じように処分されるかもしれない。

武田先生は一般論と逆を行く理論で、話題になって脚光を浴びるのが好きなようで、一度それに味を占めてからはよく柳の下で釣りをされているように見える。タバコの話題に限らず他の事でも、ソースなど無しで、いい加減な事を書く事が多いためか、しばしばそちらの方面でも脚光を浴びている。

参考
武田邦彦の話題は「裏取りましたか?」と聞くようにしよう - Togetter
武田邦彦の裏を取りましたか運動実践編 - Togetter(武田先生信者は頑なな様子)
また、最強の武田邦彦ウォッチャー?のNATROMの日記では、よく武田邦彦ウォッチがされており、日記検索で武田邦彦と入れると面白い記事が多々出る。露骨に武田先生がタバコ擁護論を展開しているか、よくわかる。

なお、今回の記事の内容も他の御用学者と似通ったもので、最初に皮肉ったように、おおむねJT関係者が発行した書籍に書いてある事を焼き直した内容なので、読む価値は殆ど無い。逆に熱心なウォッチャーなら必読である。

元記事:タバコは吸った方が良いか、禁煙運動かのトリック(解説編) - ガジェット通信(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
posted by 美人薄煙 at 23:58 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元社員による愛社活動、その原動力は「JT→TV・雑誌への広告費→出演料・原稿料→森永卓郎」?

レバー規制に反対する話だと思ったら、やはり最後にタバコ規制批判を持ってくる。そもそもタバコはまだ十分な規制と言えるレベルの規制派されてないのに…。

生レバーが規制されるのは確かに安直であるとか、好物としてる人には悲しい部分もあるが、現状の飲食店が展開する価格破壊(この人は経済学者で、いわゆるデフレ志向や価格破壊競争など、我々一般人でもわかる現状は十分把握しているはずである)では、食材の品質や安全管理を危険域に達しかねない店は決して少ないとは言い難いし、当たる確率は低いが死のルーレットである事もまた事実。(もっとも、タバコによる被害の方が大きいわけだが。)

また彼は庶民の楽しみなどと書いているが、タバコは庶民(喫煙者を含む)の苦しみを増大させている。特に世界的にも、貧困層が生活水準や教育水準を高められない、かなり大きな要因として指摘されており、これは日本でもタバコは大きな一役を買っている。

付け加えると、タバコから脱してもパチンコに囚われては、更なる苦しみを味わう事になる。パチンコにふける人の喫煙率は6割であっても、パチンコ店は非喫煙者を取り込もうと禁煙フロアや禁煙店を用意するなど、更なる層の取り込みを展開している。(【進化するレジャー産業 マルハンの挑戦】(6−3) (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

元記事:NEWSポストセブン|森永卓郎氏 レバ刺し禁止令に「あの旨さ失わせるのは暴挙」(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
小宮山洋子・厚労相のもと、年金はカットされ、タバコ、レバ刺しなど庶民の楽しみはドンドン奪われていく。やはりこの役所は、国民生活を貧しくすることしかしないようだ。解体してしまえ。

posted by 美人薄煙 at 23:58 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の企業活動で遅れてきている面の一つにタバコ

日本の電機メーカーの赤字はご存じの通りだが、一方で伸びているサムスン。

「社員の健康は会社の最高の競争力だ」いい事を言っている。

日本では労働時間中に、(裁量権の無い労働者が)勝手に何度も休憩時間を取って、タバコを吸う事はよくある。裁量権があるなら残業代はいらない、といえばまだ筋が通るが喫煙時間も残業代として取っていく。生活保護の不正受給と同じで、真面目に働く人が馬鹿を見るやり口が、利益を目的としている集団である企業の中にも当たり前のように蔓延しているのである。

外回りで色々とまわると、零細企業や、金が無いと言うカツカツの企業ほど、入口からしてタバコ臭く、受付のおばちゃんの時点で喫煙して来客の応対をする始末。このような企業に先は無いだろう。

日本は悪い慣習も禁止せず緩くやりすぎるので、効率が悪く、せっかくの日本人的な勤勉さや器用さなどを損なってしまっている。そのあたりをわかってきている企業や担当者は、喫煙者に悪い印象を抱いているし、喫煙者は出来れば採用したくないという雇用方針を打ち立てる事もあるが、まだ現状では大きな対策や変化は無い。(たばこは就活にマイナス?「好感持てない」過半数:2010年6月調査、企業の人事担当者838人から回答。回答者の4分の3が男性、喫煙者が24%、過去喫煙していた人が35%、非喫煙者が41%。新社会人の喫煙に関する印象は「好感が持てない」が25%で、「どちらかといえば」を含め56%。)

韓国というと問題の多い点も多々あるが、見習う点もある。例えばパチンコを違法として禁止してる事や、性犯罪者(韓国に限らず日本でも再犯率が高い)にGPSをつける、といったやり方は是非とも日本でも強く導入したいと考える人も少なくないだろう。(もっとも、韓国側からは日本にパチンコ産業をよろしく頼むと、保護のようなものを頼まれてるが…)

元記事:朝日新聞デジタル:喫煙者は昇進で減点 サムスン電子、禁煙誓約書の提出も - デジタル機器 - デジタル(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:就活生は見た あきれた面接官  :日本経済新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
韓国の大手電機メーカー・サムスン電子が、一部の社員を対象に「禁煙誓約書」を書かせるなど「たばこ追放作戦」を始め、話題になっている。喫煙者は昇進や海外駐在員の選抜で「減点」される不利益を受けるといい、韓国社会には反発の声も出ている。

 同社はこれまで本社社屋や工場敷地内での「完全禁煙」を実施してきた。それでも社屋外でたばこを吸う社員はいたが、同社関係者によると、最近、半導体などの電子部品を担当する役員名で、同部門の社員を対象に禁煙を促す一斉メールを流した。

 「社員の健康は会社の最高の競争力だ」とし、禁煙誓約書の提出を命じた。管理職を中心に定期的な検査も実施し、たばこをやめたかを点検する方針だという。喫煙が判明すれば、昇進や海外駐在員、海外留学ができる「地域専門家」を選ぶときの減点要素になる。こうした禁煙策は今後、全社での取り組みにする方針で、たばこを吸っていないことを採用条件にすることも検討中だという。(ソウル=中野晃)
■面接中にタバコで離席

さらには、ずっと目をつぶり黙っていた1人の面接官が胸ポケットに手を入れながら立ち上がったと思うと、たばこ箱を取り出して見せながら黙って外に出て行った。「ばかばかしくなってしまった」

 「人として最低限のマナーは守ってほしい」というのが就活生の思い。
posted by 美人薄煙 at 23:57 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者だと思われると恥だから?肺がんで死去のドナ・サマーさん、非喫煙者だったと親族が声明発表

当人が喫煙をしなくても、受動喫煙であったり、活動する場所が喫煙可であるとか、空気の悪い場での労働など、他の要素で肺癌になる事も当然ある。しかし依然として肺癌の罹患・死亡の最大要因は喫煙。それだけに、寿命より早い肺癌死が報じられると喫煙者だと疑われる。

亡くなられた方が非喫煙者だった場合、喫煙者だったのではという誤解が、故人の名誉を著しく損なう事がある。今回はそれを防ぐために、親族が声明発表をしたという事だろう。

ついでだが、こちらのニュースでも、ウィリアムズ、タバコが原因とのうわさを否定 | Williams | F1ニュース | ESPN F1タバコが火災原因との噂、ウイリアムズは否定 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、Fニッポン etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)と、やはり喫煙は評判の悪さに直結するようで、強く喫煙を否定している。

元記事:肺がんで死去のドナ・サマーさん、非喫煙者だった…誤解を恐れ、親族が声明発表 - シネマトゥデイ(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
今月17日に63歳でこの世を去ったドナ・サマーさんが肺がんだったと親族が認めた一方で、ドナさんは非喫煙者だったとの声明が発表された。

 Us Weeklyによると、ドナさんの親族は、死因が肺がんであることからドナさんが喫煙者だったと誤解されることを恐れ、「ドナ・サマーは非喫煙者でした」と声明を発表。肺がんの原因は喫煙に限らないとした上で、医師の診断についての詳細は伏せられたままだ。

タグ:芸能 海外
posted by 美人薄煙 at 23:55 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコが欲しすぎる愛煙家、コンビニ強盗で現金とタバコをつかんで逃げる


金があれば自販機でもどこでもタバコが買えてしまう日本で、わざわざかさばるタバコを強盗の際に持って行こうとする。ニコチン依存症になった事が無いので、こういった行動は、知識で知っていても、やはり理解に苦しむ。

たかだか数万円にしかならないコンビニ強盗をしている犯人だが、タバコを吸わなければそこまで金に困窮する事も無いだろう。現在普通に仕事に就いてる人で、貯金をあまりしてない喫煙者は、この何が起こるかわからない時代は解雇された時の事も考え、タバコ代で無駄な出費をしてタバコ欲しさに強盗に走らないように、タバコを手放しておいた方が良い。そもそもすぐにタバコ休憩を取って労働せずに残業代を食いつぶす社員は、いざという時にリストラ候補として上がりやすい。タバコを吸わなければそういったリスクも低減する。(今時まず無いと思うが、喫煙所でゴマスリさえすれば大丈夫な企業ならそうでもないかもしれないが…。そもそもゴマスリしたいなら喫煙所に限らなくて良いだろうし、ゴマスリの対象が喫煙者とも限らない。)

元記事:コンビニ店に包丁男、5万4千円奪う…埼玉 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
11日午前2時20分頃、埼玉県熊谷市妻沼東のコンビニ店「セーブオン妻沼東店」で、男が男性アルバイト(38)に刃渡り約30センチの包丁を突き付け、レジから現金約5万4000円とたばこ8箱を奪って逃走した。

 男性にけがはなかった。

 熊谷署は強盗事件として調べている。発表によると、倉庫で作業していた男性が客の入店を知らせるチャイムを聞いて店内に戻ったところ、男がレジを物色していたという。男は身長約1メートル70の細身で、黒っぽい帽子をかぶり、マスクをしていた。
posted by 美人薄煙 at 23:55 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特殊な愛煙家、自分の体にタバコの火をつけてと女子生徒に懇願し通報される 愛知県

ここまでタバコや火を愛されると、タバコを吸うのはやめましょう、といった常識的な事を諭す事も難しい…。それ以前に、変態的な愛煙行為と性犯罪行為を複合した新しい犯罪をやめろと言うべきだが。遭遇した女子生徒はトラウマになるでしょうね。※メディアが適当に愛煙家という文言を使用するので、当ブログも愛煙家という文言を適当に使用しています。

元記事:愛知の事件・事故・防犯 ニュースサイト(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:愛知の事件・事故・防犯 ニュースサイト(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
■発生日時
5月8日(火)午後6時00分頃(9日警察届出)
■発生場所
豊田市西山町地内
■状況
男が、帰宅途中の女子生徒に対し「火のついたタバコを身体につけて欲しい」と声を掛けた
■被疑者等
男1名、30歳〜40歳位、青色パーカー
■情報配信
豊田警察署
0565-35-0110
■発生日時
5月7日(月)午後6時30分頃(5月9日警察届出)
■発生場所
豊田市栄生町3丁目地内
■状況
男が、帰宅途中の女子生徒に対し「僕の身体にタバコの火をつけてくれないか」と声を掛けた(本日配信済・5月8日にも類似事案有)
■被疑者等
男1名、40歳位、160〜170cm位、中肉、黒色短髪、上下灰色作業衣

posted by 美人薄煙 at 23:55 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域別禁煙への取り組み 大阪・山形・和歌山・高松・広島・愛媛

大阪は特に橋下市長が活発。公務員や議員の怠惰やいい加減な意識に喝を入れている。当たり前が出来てこなかったツケが、今の若い世代にのしかかっている今、こういった是正の動きは必要だ。勿論橋下市長の政策は多岐に渡るため、中には賛同出来ない案もあるが、少なくとも公務員やタバコに対して常識レベルの意識改革を求める考えは、全面的に支持したい。

動物は、悪さをしたら5秒以内?とにかくすぐに叱ららないと、何に対して怒られたのかわからず、怒った飼い主に怖さなどを覚えるという。一方人間同士なら普通は何が悪いかきちんと言葉で伝わるから、すぐでもすぐじゃなくても、叱る事は出来るし、事前にルールを伝えておく事が出来る。ところがタバコの事となると、喫煙者は何が悪いかわからない、あるいは条例違反などを犯しても良いと勘違いしている。罰則の無い禁煙条例、これが形骸化し効力が低い事は過去のニュースや統計からも明らかである。

世界禁煙デー関連の全国でのイベントの詳細や確認は、イベント情報|NPO法人 日本禁煙学会を参照。

元記事:橋下市長「特権は納得できぬ」と市議会全面禁煙 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:大阪市営地下鉄:喫煙助役、停職3カ月 市交通局「免職、正当化できず」− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:全国禁煙推進研究会:27日、山形で /山形− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:県内5市町 分煙未実施 : 和歌山 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:家族の健康のためにも禁煙を/高松で啓発イベント | 香川のニュース | 四国新聞社(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:県、禁煙挑戦者を後押しへ - 中国新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:歩きたばこ罰則を : 愛媛 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
大阪市議会は8日、各派幹事長会議を開き、市役所本庁舎内で唯一喫煙が認められていた8階市議会フロアを6月から全面禁煙にすることを決めた。

 市が2010年に庁内禁煙に切り替えた後も、愛煙家市議の要望で喫煙室を設けて「分煙」としている市議会に対し、橋下徹市長が4月、「議会だけ(たばこを吸える)特権は市民感覚として納得できない」として全面禁煙化を文書で要請していた。

 「いつまでも議会だけたばこが吸えるという状態は続けられない」との意見が広がり、この日の各派幹事長会議で全面禁煙を申し合わせた。
大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅で男性助役(54)が喫煙し、列車が一時運行を見合わせた問題で、同市交通局は16日、助役を停職3カ月の懲戒処分にした。橋下徹市長は「裁判闘争になってもいい」と懲戒免職も辞さない姿勢を示していたが、同局は免職は重すぎると判断した。
第12回全国禁煙推進研究会(厚生労働省、県、NPO法人県喫煙問題研究会など主催)が27日午前10時から山形市双葉町1の山形テルサで開かれる。厚労省たばこ対策専門官の野田博之氏が国内の対策の現状を基調講演。神奈川県で受動喫煙防止条例を作った松沢成文・前同県知事も「スモークフリー社会を目指して」との演題で講演する。
県内の自治体のうち、紀の川市など5市町の庁舎で分煙が実施されていないことが、喫煙の健康被害の問題に取り組む市民団体「たばこ問題を考える会・和歌山」による調査で分かった。同会は、5市町に庁舎の全面禁煙化などを求める要請書を提出した。27日には「たばことガンの因果関係」をテーマにしたフォーラムを和歌山市内で開き、啓発に力を入れる。(平井宏一郎)

 健康増進法では、多数の人が利用する施設での受動喫煙防止対策を努力義務として課しており、兵庫県や神奈川県は官公庁や学校などを全面禁煙とする受動喫煙防止条例を制定するなどしている。

 同会は昨年11月、受動喫煙対策の実施状況について、県内の各自治体に聞き取り調査を実施。その結果、紀の川、九度山、広川、日高、白浜の5市町で、庁舎入り口付近に灰皿を設置し、たばこを吸うことができるようになっているなど、完全に分煙が出来ていないことが分かった。

 各市町は「来庁者へのサービスの一環」「分煙室設置などの、対策のための予算が不足している」などを理由に上げていたという。これに対し、同会は、「喫煙者以外の来庁者の受動喫煙を招く」「分煙室を設けなくても全面禁煙にすれば予算はかからない」などとして、この5市町に対し、役場の敷地や庁舎内での全面禁煙を実施するよう要請書を提出した。
世界禁煙デー(31日)を前に、市民に禁煙を呼び掛けるイベントが19日、香川県高松市サンポートの高松シンボルタワーであり、来場者は医師の講演などでたばこが体に与える害について理解を深めた。

 イベントは香川・タバコの害から健康を守る会(森田純二会長)や県総合健診協会が毎年開催。今回は、喫煙に起因する慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)をメーンテーマに実施した。

 講演では、木村内科・呼吸器科医院名誉院長の森田会長が、COPDについて「息切れやせき、たんに悩まされ、悪化すれば呼吸困難になる」と説明。その上で「受動喫煙でも発症の危険性がある。自分と家族の健康のために、禁煙すべきだ」と強調した。

 このほか会場では、吐く息の勢いや量から肺年齢を測定するコーナーもあり、来場者は自分の肺の状態を確認し、看護師らから肺機能向上のためのアドバイスを受けていた。
禁煙への挑戦を後押ししようと、広島県は16日、電子メールでの応援を受けながら半年間の禁煙に挑む「インターネット禁煙マラソン」の参加者募集を始める。5年間で1万人の禁煙達成を目指す。

 禁煙マラソンは8月にスタート。参加者は来年1月までの半年間、激励のメールを受け取る一方、県が指定するネット上の掲示板に取り組み状況を書き込み、参加者同士で鼓舞しながら禁煙を続ける。「完走」できれば県が記念品を贈る。
NPO法人「禁煙推進の会えひめ」(豊田茂樹会長)は14日、野志克仁・松山市長に、「歩きたばこ等防止条例」に罰則を設けることを求める要望書を提出した。

 同条例は2009年12月に施行された。銀天街商店街や道後温泉本館周辺など市内7か所を「歩きたばこ等禁止区域」に指定。市の指導員が違反者に口頭で注意するなどしてきたが、罰則規定は設けていない。

posted by 美人薄煙 at 23:54 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年米国公衆衛生長官報告翻訳・FCTC解説社会貢献活動編

1つめは若年層へのタバコの影響(タバコ産業は未成年に対して、非常に強く広告で販売促進を行っている。成人してからではニコチン依存症にややなりにくい、十分な知識を身につけ喫煙が愚かな行為であると理解するため)などに関する報告の翻訳。

2つめはFCTC(たばこ規制枠組み条約)を、JTがどれほど無視している(つまり国際条約を履行できない日本国は世界的に恥ずべき行為を行っていると見なされる)かを解説。非人道的な会社でも、社会貢献活動するだけマシでは?と思われる誤解もあるが、その活動による宣伝効果によって生じるタバコ被害の方が大きい。

リンク先に書いてない事を少し書いておこう。

例えばJTが、「JTの森」などと銘打って偽善的なエコ活動を行っている。だが、JTが製造販売するタバコは、例えば製造工程におけるキュアリング(葉タバコを乾燥させる工程)は、重油を燃やしたり、大量の森林伐採(世界中で伐採される木の6本に1本が、キュアリングのために行われている)を行った薪で実施される。完全に反エコである。また葉タバコの栽培には、日本国内では農家が利用されるが、海外では奴隷じみた児童労働が平然と行われている。そもそも奴隷貿易のはじまりも、タバコと綿花のために行われ(私の頃の教科書には綿花しか書かれてないが。文科省が財務省に配慮したのだろうか?)、その負の歴史は今も連綿と続いている。

先日も佐高とかいう御用著名人が、迷惑さえかけなければ喫煙はいい、とか露骨な御用記事を書いていたが、いくら喫煙者が迷惑をかけずに吸っても、製造の段階で環境破壊や、倫理的にも最も最悪な奴隷同然の児童労働が行われる。迷惑を越えたレベルである。これはパチンコなどでも同じで、自分の金でやってるんだと言う連中の金が流れて、多くの国に脅威を与える北朝鮮の核ミサイル開発となった。具体性を欠く「迷惑をかけていない」ほど危ういものは無い。

あとはリンク先がわかりやすいのでどうぞ。
若者と若年成人のタバコ使用を防ぐために(2012年、米国公衆衛生長官報告) 日本禁煙学会
FCTC完全実施のための解説と日本禁煙学会の提言 JTの主催するイベントや「社会貢献活動」はぜんぶ国際条約違反なんだって? 日本禁煙学会
posted by 美人薄煙 at 23:54 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災の中で最も防げる人為的な過失、タバコ

火災原因トップ3に居座り続けてるタバコ。タバコを吸うと注意力や常識がかなり損なわれるのは、数々の報道や医学的事実からは殆ど明白だが、規制は一向に進まない。火災というのは本当に悲惨である。

隣家の火災によるもらい火の場合、補償が不完全になる事も多い。火災を起こした本人が焼け太りして笑い、もらい火で被害に遭った方が泣くという、おかしなケースさえある。

引っ越しや新居選びで、治安の悪い所に住みたくない、と考える人は多い。当然、喫煙者が隣家の場合は火災被害のリスクが増大するが、事前にそれを知る事は難しい。

元記事:不審火:尼崎市内で3件 /兵庫− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:ホテル火災:ラブホテル 防火策に乏しい施設も− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
尼崎南署によると、この河川敷ではたばこのポイ捨てが多く、乾燥していると草に燃え移りやすいという。同署が出火原因を調べている。
ラブホテルは、出入り客が外部から見えにくくなる構造▽従業員と面接しなくても鍵を受け取れる??などの要件に当てはまる宿泊施設のことで、風営法で都道府県公安委員会への届け出を求めている。ただ、消防法上は一般のホテル・旅館と区別はなく、特別な防火基準もない。その半面、窓のない客室が多いなどの問題点も指摘され、今回の火災でも板で窓を覆った部屋があったという。だが、それ自体は消防法違反ではなく、年2回の設備点検でも板張りの点検項目はない。

 広島県内の同業者は「二重に鍵をかけたがる客がほとんど。窓が開かないようにしているホテルでは、煙にまかれた客が窓から飛び出すことができない場合もあるのではないか」と話す。

 自動火災報知機についても、誤作動を嫌がる客もいる。また、たばこの不始末も多い。同県のある店長は「客がチェックアウトすると、掃除より先にまず吸い殻がないか確認する」と打ち明ける。
posted by 美人薄煙 at 23:54 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不当な生活保護受給者「ビールも毎日飲めるし、週に1回はおでん屋や焼き鳥屋、たまには寿司屋に行くときもある。タバコも1日1箱。」

記事中の人物は保険料を払ってきたようなので、まだ部分的には許容できるかもしれないが、もっと露骨な不正受給者となると、タバコ・酒・パチンコと定番の三点制覇。許せるものではない。

元記事:生活保護受給者「ビールも毎日飲めて、寿司屋もたまに行く」(NEWSポストセブン) - livedoor ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
生活保護受給者増大には、長引く不況や震災が影響しているが、その陰で、多くの人が首を傾げるような生活保護のグレーゾーン受給者が増えているという現実がある。
 大阪市に住むAさん(73才)は元喫茶店店主。国民年金を受給しているが、4年前からあわせて生活保護も受け始めたという。
「15年前に妻に先立たれ、お客さんがあまりはいらへんくなった。その後、店を売ってずっと借家住まい。国民年金は30年以上保険料を払ってきたけど、もらえる金額は月4万9000円程度にしかならん。貯金を切り崩しながら細々と暮らしてきたんやけど、とてもじゃないけどやっていけへん」(Aさん)
 そこで、区の福祉事務所に行き、窓口で生活保護を相談。資産や収入を書いて申告書を出すと、審査が始まった。
「1週間後くらいにケースワーカー(一般的に自治体の生活保護担当者をこう呼ぶ)という相談員の家庭訪問があって、貯金通帳を全部見せたんや。それから、また1週間くらい後やね、福祉事務所から電話で連絡があって、8万円近くが毎月振り込まれるようになった。
 年金とあわせると、月13万円程度。病院のお金もかからんし、生活は前よりずいぶん楽になった。それまで3、4日に1回だったビールも毎日飲めるし、週に1回はおでん屋や焼き鳥屋、たまには寿司屋に行くときもある。タバコも1日1箱。20才の時から吸っているんでやめられへんのや」(Aさん)
posted by 美人薄煙 at 23:54 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国僧侶「酒タバコに徹夜賭博」 バレた

仏教が出来た頃は、その場にタバコは無かったため、タバコに関しては明確な規定は無かったりします。しかし教えについて適切な読み方をすれば、タバコのようなものは仏教にそぐわないものである事は明らかです。

江戸時代、曹洞宗の中興の祖とされる学僧、卍山道白と面山瑞方の語録には、「喫煙僧は仏の敵」「喫煙は不如法のみならず受動喫煙の害あり」「タバコの不経済―無益・贅沢・火災」「タバコは外道の抹香」「喫煙する者は僧侶ではなく、喫煙できる場所は寺院ではない」「たばこの臭気は仏教が禁じる「五辛」に通ずる」「「依存から来る中毒性が、むさぼりの心を生むので禁じるべき」とある。また、曹洞宗高岩寺住職によると「随方毗尼・息世譏嫌戒(菩薩譏嫌戒)というものがあり、仏がまだ禁止していない、許していないこと等は、時代や地域により適切に戒律を改廃せよとしている。これに則れば、現代の僧侶は禁煙するのが当然だと私も信じる」とのこと。(論・談−やめよう僧侶の喫煙 来馬明規氏-----中外日報社

中には、タバコのニコチンに騙され、タバコが十徳だなどと言う僧侶も居る。タバコを吸う言い訳を無数に考えて言い訳する様は、悟りから遠い者によって行われる禅問答とでも言うべきだろうか。

元記事:韓国僧侶「酒タバコに徹夜賭博」 バレた - 国際ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
韓国で、仏教の最大宗派、曹渓宗の僧侶らが酒を飲んだりたばこを吸ったりしながら、徹夜で賭博に興じる姿を隠し撮りした映像が暴露され、宗派幹部6人が11日までに引責辞任を表明するなど大きな波紋を呼んでいる。韓国メディアが同日報じた。

 映像は、南部長城のホテルで4月23日の夜に撮られたとみられ、宗派の行事で集まり宿泊していた僧侶8人が翌朝まで、約13時間延々と賭博を続けていた。

 反主流派の僧侶が「動いた金は1億ウォン(約700万円)以上だ」と主張して映像を公開、9日に検察に告発した。(共同)
posted by 美人薄煙 at 23:54 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙ヨーガ呼吸 気がついたらタバコをやめていた7日間プログラム

この禁煙の内容自体は見てませんが、ヨガによる体幹の強化はアスリートやダンサーの間でも結構な人気です。禁煙とは別に、ヨガ自体がお薦め出来ます。

ヨガが単なるポーズに見えるかもしれませんが、真面目にやると凄い汗をかきますし、内側が引き締まってバランスが非常に良くなります。(最近はわかりませんが、以前はヨガ教室のバックに変な宗教がいて勧誘窓口になってる手口もあったようです。一応注意した方が良いでしょう。)

更新・紹介が遅れたので既に価格は戻ってると思いますが…。

元記事:iPhone/iPad電子書籍アプリ「禁煙ヨーガ呼吸 気がついたらタバコをやめていた7日間プログラム」がAppstoreで7,000DLを突破! - CNET Japan(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
株式会社メディカム(本社:東京都渋谷区)は、iPhone/iPad用電子書籍として「禁煙ヨーガ呼吸 気がついたらタバコをやめていた7日間プログラム」を2012年5月9日(水)にAppStoreよりリリースし、7,000DLで突破したことを発表致します。
5月19日まで期間限定SALE実施中!!1,260円より93%OFF!85円でご提供致します!
posted by 美人薄煙 at 23:53 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男が逃げ出すイヤな女トップ10

宣伝に騙されて美人がタバコを吸って台無しになる事もある。タバコで不細工になるからだ。もっとも、よく見るのは既にタバコ顔になってしまったとか、痩せると思って吸ってる太った人が多い。

記事で指摘されてる嫌な女も、喫煙するほどその傾向が高まる内容が多い。まともに家事や子育てをせず、虐待死させる親の部屋の様子が報道された記事では、タバコと汚部屋というのは定番。ヒステリーもタバコによって短気・ストレスを増大させる事で、増幅していく。タバコは言い逃れの出来ないリスク要因である。



元記事:「美人でも絶対ムリ!」と男が逃げ出すイヤな女トップ10【前編】 | キャリア | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:「美人でも絶対ムリ!」と男が逃げ出すイヤな女トップ10【後編】(Menjoy!) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
アメリカの婚活サイト『eHarmony』にて、「男性にとって我慢できない嫌な女トップ10」という興味深い記事を見つけました。

■10位:家ではゴロゴロ寝てばかりの怠惰な女
■8位:感情のコントロールができないヒステリー女
■7位:違法ドラッグをやっている女
日本の場合、違法ではないものの、煙草を吸う女性は、それだけで恋愛のチャンス(特に、遊びではなく真剣な交際の場合)が狭くなる傾向があります。
■6位:根性のひん曲がった性悪女
■5位:平気で浮気する尻軽女
■4位:ありえないような不潔女
posted by 美人薄煙 at 23:53 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠期間を通じての喫煙が子供の喘鳴と関係

女性の喫煙はかなり前から問題であると、特に昔の教育の中でさえ言われていた。しかしタバコ産業は女性をターゲットにした狡猾なマーケティングを展開している。古いものでは、1929年からの女性市場開拓。広報宣伝の父と呼ばれる、エドワード・バーネイズは関係者を使い、女性に喫煙させながらマンハッタンの五番街を行進させ、「自由へのともしび」と銘打ち女性の喫煙をPRさせた。それをマスコミに取り上げさせ、女性の喫煙を促した。男女同権などを逆手に取った卑劣なマーケティングである。現代は化粧品のようなきらびやかなパッケージをしたタバコが女性向けとして販売されている。

そういった宣伝に乗せられ、まんまと喫煙を開始してしまった女性は悲惨だ。なにせ女性の喫煙は好感度が非常に低い。(過去記事:男女の恋愛・結婚における喫煙意識調査など)

喫煙男性の身勝手な話だが、喫煙男性から見ても好ましくないと思われている。悲惨な評価だが、日本ではまだマシなのかもしれない。海外では喫煙女性=売春婦と見なされる事もある。海外で実際に売春婦は当たり前のように喫煙している。ただ日本でも風俗業の喫煙率は高いようなので、そういった見方もいつ到来するかはわからない。

元記事:妊娠期間を通じての喫煙が子供の喘鳴と関係 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
ぜんそく患者が発作を起こした際の異常な呼吸音として知られる喘鳴(ぜんめい)。ぜんそくだけでなく、気管支炎や肺炎など他の呼吸器疾患もこの異常呼吸音の原因となる。オランダ・エラスムス大学のLiesbeth Duijts氏らは、妊娠中の継続的喫煙が子供の幼児期の喘鳴と関係すると、米医学誌「Chest」4月号(2012; 141: 876-885)に発表した。
posted by 美人薄煙 at 23:53 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミ拾いボランティア活動 滋賀・山口

ポイ捨てをしない、というのは当たり前過ぎる事である。ところがこれが出来ないのが喫煙者。何十年も前からタバコのマナーは言われてきているが、相変わらず最も見かけるゴミはタバコの吸い殻であり、世紀をまたいで未だに問題になり続けている。以前よりは携帯灰皿の利用率は高くなったようだが、まだ焼け石に水である。

生まれついての住民かどうかはわからないし、特に東京だと地方出身者が多いが、それでも自分が現在住んでいる地域に平気でポイ捨てが出来る精神構造が理解しがたい。

元記事:ごみゼロ大作戦始まる : 滋賀 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:周南の会社の 社員らごみ拾い : 山口 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
「ごみゼロの日」(5月30日)を前に、県の呼び掛けで各市町が実施する清掃活動「ごみゼロ大作戦」が19日、始まり、大津市の琵琶湖岸では早朝から、市民約600人が公園や道路沿いをきれいにした。

 県が環境美化のため、条例で「ごみゼロの日」を指定し、各市町で毎年、この時期に一斉清掃している。

 この日、大津市本丸町の膳所城跡公園で開会式が行われ、越直美市長が「美しい大津を作っていきましょう」とあいさつ。参加者らは軍手や火ばさみを手に、湖岸に浮かんだ空きペットボトルやたばこの吸い殻、うち捨てられた釣り用のルアーなどを拾い集めた。

 午前中の約2時間で、45リットルのごみ袋約130袋、2トントラック2台分を回収。県立膳所高1年、杉園勇さん(15)は「ポイ捨てをしようとした人が思いとどまるくらい、きれいにしたい」と話した。
建築、不動産業などを手がける周南市の周南システム産業は13日、同市中心部でごみ拾いのボランティア活動を行った=写真=。

 設立60周年を迎えた2010年から毎年、取り組んでいる。この日は社員、家族ら約250人が四つのグループに分かれ、歩道や公園で、たばこの吸い殻や空き缶などを拾った。
posted by 美人薄煙 at 23:53 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

喫煙は犯罪の友、ゲートウェイクライム タバコと犯罪者ニュース5件

特にタバコが自動的に犯罪への道を示すケースでは、未成年に対するアプローチや、麻薬へのエスカレートが注視すべき点だろう。当然、常習性は高い。

中には喫煙者ならではの「お手柄」で笑いを誘うケースもある。3つめの記事である。見事な愚か者っぷりからは、フィリップモリス社の裁判を思い起こさせる。フィリップモリス社は、裁判にて陪審員の歓心を買うために「タバコは愚か者が吸うもの」「愚か者を早死にさせて社会貢献している」といった発言やレポートを出している。(2004/3/30 日刊ゲンダイ)

元記事:朝日新聞デジタル:道聞くふりして…たばこ万引き容疑 福岡、高2男子逮捕 - 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:制服たばこ強盗は中学生だった…3年3人逮捕、2年1人補導 ― スポニチ Sponichi Annex 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:「うどん食わせろ! 酒出せ」うどん店に強盗 タバコにつられ取り押さえられる 堺 - MSN産経west(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:覚せい剤取締法違反:市立川崎病院の看護師を使用容疑で逮捕 /神奈川− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:尼崎のドラム缶遺体:傷害容疑で次女の元夫ら再逮捕 /兵庫− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
コンビニエンスストアの店員に道を尋ねるふりをして、店員の注意をそらした隙にたばこを万引きしたとして、福岡県警は23日、同県太宰府市の高校2年の男子生徒(16)を盗みの疑いで逮捕し、発表した。共犯とみられる中高生2人についても同容疑で書類送検する方針。

共犯とみられる2人は「こういう手口を頻繁に使った」と話しており、同署が余罪を調べている。
北九州市内のたばこ店に押し入りたばこ約50箱(約2万円相当)を奪ったとして、福岡県警戸畑署は28日、強盗と住居侵入の疑いで同市の中学3年の男子生徒3人を逮捕、中学2年の男子生徒(13)を補導した。

 逮捕容疑は、24日午後2時50分ごろ、同市戸畑区のたばこ店に侵入、店番中だった経営者の女性(73)に暴行し、たばこ約50箱を奪った疑い。主に自分たちで吸うために盗んだといい、全員容疑を認めている。同署は当初、高校生による犯行とみて捜査していた。
24日午前1時ごろ、堺市北区中長尾町のうどん専門店「どん太郎」に男が押し入り、カウンター内にいた男性店長(36)に対して、持っていた包丁でカウンターを何度も突きながら「殺すぞ。うどん食わせろ。酒出せ」などと脅した。

 居合わせた客の男性が「まぁ、タバコでも吸えや」とタバコを差し出し、手にとろうとした男が、カウンターに置いた包丁から手を離したすきに男性は包丁を払いのけ、他の客数人とともに男を取り押さえ、110番で駆けつけた大阪府警北堺署員に引き渡した。店員数人と客約10人にけがはなかった。

 強盗未遂容疑で現行犯逮捕されたのは、同区内の無職男(35)。容疑を認めているものの、わけのわからないことを話しているという。
尼崎市の貸倉庫で昨年11月、同市長洲東通3、無職、大江和子さん(当時66歳)の遺体がドラム缶にコンクリート詰めにされて見つかった事件で、尼崎東署捜査本部は23日、大江さんの次女の元夫の川村博之(42)=傷害致死罪などで起訴=と知人の無職、角田美代子(63)=同=の両被告を傷害容疑で再逮捕した。川村容疑者は容疑を認めているが、角田容疑者は黙秘しているという。
 容疑は、共謀して昨年11月4日未明、同市内で停車中の乗用車内で、大江さんの次女、裕美被告(41)=同=の顔にたばこを押しつけたり、殴ったりしたとされる。【山川淳平】
県警薬物銃器対策課と山手署は2日、川崎市立川崎病院の看護師、重信美穂容疑者(39)=横浜市鶴見区東寺尾東台=を覚せい剤取締法違反(使用)と公用文書毀棄(きき)の容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は4月中旬から今月2日までの間、県内かその周辺で、覚醒剤を使用し、2日午前8時50分ごろ、同署の取調室で同課の男性警部補(39)が読み上げていた弁解録取書を奪い、破ったとしている。同課は同日、重信容疑者の自宅を捜索し、微量の白い粉末が付着したビニール袋などを押収した。
 同課によると、いずれも容疑を認め、弁解録取書を破った理由について「たばこを吸いたくてパニックになった」と供述しているという。直前にたばこを吸わせるよう求めたが、断られたという。【一條優太】
posted by 美人薄煙 at 02:13 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火災の原因上位のタバコ、喫煙率が低下しても依然と猛威を奮う

火災というのは悲惨なもので、大事な財産も思い出も全てを奪う。また死傷の度合いも酷く、特に重度の火傷はとてつもない苦痛を伴う。

例えば恋愛対象から喫煙者が除外されるのも、人間の持つ防衛本能や正当な自己防衛の権利から言えば当たり前である。これを喫煙者排除だとか差別だとか、一体どの口が言うのだろうか?

公共の機関に携わる者が、無責任に火災を生じさせ、これを懲戒免職にしたいと考えるのは、市民の代表の当然の義務とも言える。

元記事:たばこポイ捨てで発煙 大阪市バスの運転手 / 西日本新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:火災:民家とホテル焼け、男性けが−−静岡駅北側繁華街 /静岡− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:風船が大量爆発 144人負傷 たばこの火が原因か ― スポニチ Sponichi Annex 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
大阪市営バスの男性運転手=当時(50)=が、2010年3月に市内のバス営業所で勤務時間中に喫煙し、吸い殻をごみ箱に捨てたことで煙が発生、近くにいた男性助役が消火していたことが21日分かった。市交通局によると延焼やけが人はなかったという。

 大阪市では、ことし2月に市営地下鉄御堂筋線梅田駅でたばこの不始末が原因とみられる火災が発生。4月には交通局の男性助役が駅長室の給湯室でたばこを吸ったことで火災報知機が作動し電車4本に遅れが出るなど、喫煙による不祥事が相次いでいる。
24日午前4時15分ごろ、静岡市葵区昭和町の無職、鈴木鉄良さん(73)方から、「自宅が燃えている」と119番があった。火は約2時間後に鎮火したが、木造2階建て同住宅と、隣接するホテルの1階部分など計約190平方メートルを焼いた。鈴木さんは額をやけどする軽傷を負った。
 静岡中央署によると、鈴木さん方の1階寝室から出火し、たばこの火の不始末が原因とみられる。
ロシア通信によると、アルメニアの首都エレバン中心部の広場で4日、与党の選挙集会で大量の風船が爆発、同国非常事態省によると144人がやけどなどを負った。死者は出ていない。

 広場では当時、今月6日の議会選を前に与党、共和党の選挙集会が開かれていた。目撃者の話などによると、会場の飾りに使われていた大量の風船が突然燃え上がって次々に爆発、熱で溶けたゴムが飛び散ったという。

 警察当局は、たばこの火が、風船に詰められていたガスに引火した可能性があるとみて調べている。(共同)
posted by 美人薄煙 at 02:13 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引いてしまう女性のしぐさ、嫌われるのは男女共にタバコ

タバコ産業は、タバコはモテるなどと錯覚させる広告を出し、主に残念な人たちがそれに釣られて喫煙し、散々な結果を生み出している。勿論タバコ産業は莫大な利益を得て、喫煙者は莫大な損失を被っている。ただし後者に自覚が無いケースも見受けられる。

タバコ産業は女性という市場を切り開くため、タバコ産業は常に狡猾なマーケティングを展開している。古いものでは、1929年からの女性市場開拓。広報宣伝の父と呼ばれる、エドワード・バーネイズは関係者を使い、女性に喫煙させながらマンハッタンの五番街を行進させ、「自由へのともしび」と銘打ち女性の喫煙をPRさせた。それをマスコミに取り上げさせ、女性の喫煙を促した。男女同権などを逆手に取った卑劣なマーケティングである。

元記事:【男性編】思わずひいてしまう女性のしぐさランキング | ライフ | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:【女性編】思わずひいてしまう女性のしぐさランキング | ライフ | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
今回は、女性にされたら思わずひいてしまうしぐさを男性419人にアンケート調査。

1位 歩きたばこをする 53.9%
・「男でも女でも歩きたばこはよくない」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「行儀が悪いし不良に見えてしまう」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「たばこでもひくのに歩きタバコは論外」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「基本的にたばこにいいイメージはないです。街の喫煙所でタバコを吸っている女性を見るとちょっとがっかりします」(29歳/食品・飲料/営業職)
・「タバコを吸うのは勝手だと思うけど、場所を選ばず歩きたばこをするマナーのなさはさすがにないと思います」(23歳/生保・損保/営業職)

総評
1位にランクインしたのは「歩きたばこをする」。これは女性でもトップでした。男性でも女性へのアンケートと同様に嫌煙の流れはかなり強いようで、喫煙自体に強い拒絶反応を示しています。その上で「歩きたばこ」は明らかなルール違反でもあり、性別に関係なく、否定的な声が多く見られました。「女性らしくない」「品がない」「気持ち悪い」に加えて、なんと「怖い」という声まで挙がってしまいました。
女性が見ても思わずひいてしまうしぐさとは何かを581人の女性に聞いてみました。

1位 歩きたばこをする 55.9%
・「歩きたばこは男女限らず迷惑。女の人でたばこを吸うこと自体軽蔑(けいべつ)に値する」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「歩きたばこに限りませんが、たばこをしきりに吸っている女性を見るとなんとなく品がないなと感じます。女性の方が髪の長い人が多いので、においも気になりますし」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「格好(かっこ)いいと思ってやっているかもしれないけれど、同性から見たら格好悪い」(23歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「みっともないと感じる。私は喫煙者ですが、コッソリ吸っています」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

総評
男女ともに1位は「歩きたばこをする」でした。喫煙自体を嫌う人が多く、女性の喫煙により強い嫌悪感、不快感に陥っている様子です。歩きたばこに関しては、多くの方が性別を問わずルールやマナーを守らないことにひいてしまうとのことでした。
posted by 美人薄煙 at 02:13 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣に座って欲しくない人は…やっぱり喫煙者が該当

現実的に、喫煙者もしくは(喫煙者でなくとも)タバコの臭いをまとわせた人を除くと、臭い人というのはそう多く無い。香水を過剰なまでにつけた人がたまに居るが、喫煙者に比べればかなり少ない。日本人のワキガ率は低いため、少なくとも今の喫煙率を見る限りはこれも喫煙者より少ない。

汚い食べ方というのも、喫煙しながらの食事も該当すると言えよう。なにせゴミを出しながら食べ、便所よりも臭い悪臭を放っているのだから。食事の作法から見ても、ろくでもないのは言うまでも無い。

金を払って食べる飯が、隣もしくは近くに居る問題の該当者のせいで台無し。結局は完全禁煙店を利用するのがベスト。なお、男性編も順位は同じ。

元記事:【女性編】カフェ(または飲食店)で隣に座ってほしくない人は?ランキング | ライフ | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
Q. カフェ(または飲食店)で隣に座ってほしくないのはどのような人か教えてください(複数回答)
2位 不潔そうな人 55.5%
3位 汚い食べ方をする人 43.0%
・「ニオイのキツい人は食欲もなくなってしまう」(27歳/女性/東京都)
・「汚い人だと、何かされたらどうしようと思って落ち着かないから」(30歳/女性/東京都)
・「飲食=清潔だから」(23歳/女性/千葉県)

「タバコの煙・ニオイ」を気にする声も寄せられました。
posted by 美人薄煙 at 02:13 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。