2012年08月26日

タバコパッケージ規制に動く先進国、一方で憲法違反してでもタバコ利権にしがみつく日本はアジア蔑視のタバコ産業の思い通りとなるか

オーストラリアではタバコパッケージの規制は適法、米国ではワシントンで違憲となったがオハイオ州では適法となった。

米国は州政府の権限が非常に強く、日本の県感覚で考えると全く違う。(なお、タバコの価格も州によって違う。)自由の国と言われるだけあって、銃の保有なども人民武装権として憲法で認められている事は知られてるとおり。

一方日本では、タバコ問題に限らないが憲法が死に体とも言うべき機能不全となっている。国際法(日本が署名した、FCTC=タバコ規制枠組み条約)に沿ってJTの不適切な企業活動を抑止しなければならない。国家とは非常に強大な権力であり、これが特定の利権を保護し国民に不便を強いる(=弾圧)事が無いように、憲法というものが制定されている。よほどのバカか当時から喫煙していたバカでなければ知ってると思うが、ホッブズやリヴァイアサン(ファイナルファンタジーではない)という言葉に聞き覚えのない人は殆どいないだろう。

国家とは怪物であり、これを憲法という檻に閉じ込めなければ人々はあらゆる苦難や搾取を国によって押しつけられてしまうのである。国がタバコ産業と殆ど一体となり結託し、国民から財産を吸い上げる今のような日本政府のやり方は完全に憲法違反である。まさに国家とタバコ産業が一丸となったタバコファシズムであるが、これを追求するべき第四の権力マスコミはタバコ産業の広告費欲しさに沈黙している。それどころかタバコ規制をファシズムだと攻撃する事もある。そもそも法律論としてタバコ問題を論じる事すら殆どない。これは先進国や法治国家としては看過できない問題である。


オーストラリア関連の話題が出ると、タバコ関係者らは、(記事と無関係なのに)日本人が嫌いなシーシェパードなどの例を出して、だから(オーストラリアが行う)タバコ規制は問題だ、という論法を出してくる。

見事に関連性も何も無く、問題の論点が完全にズレているのだが、彼らはドヤ顔である。最早タバコ業界の慣例といったところだろう。これを信仰する一部の喫煙者も居るだろうが、主導・火付け役はタバコ業界の関係者が発端である。

なお、実際には、SPA!(タバコ広告が多く掲載されタバコ擁護中心の記事をよく書くが、たまにうっかりとタバコに不都合な事実を書いてしまう)に掲載されたシーシェパードへの体験レポートによれば、日がな一日ごろごろしてはタバコを吸っていた、そんな連中であったそうだ。

海の保護者を名乗りながら、海洋ゴミのトップであるタバコを放任し、派手な捕鯨反対のパフォーマンスで資金集めに邁進、全く持って救いがたい集団である。タバコ会社からも寄付金を得ているのだろうか?

またグリーンピースには、タバコの環境破壊について、何回か文章も文体も姿勢もメアドも変えて問い合わせをしてみたが、一度も返信してこないなど異常な対応が目立つ。他のどうでもいい事とかグリーンピースの利益になる事なら答えるのに、不思議なものである。タバコの環境破壊という事実は、何かグリーンピースにとって不利益でもあるのだろうか。


新興国やアジアを狙うタバコ産業を食い止めるべきと書く記事もある。かつてはそういった「自由」な報道すら出来なかった(「タバコ広告を掲載する雑誌を7年間編集してきましたが、『喫煙の習慣によって自然や人間社会が破壊される』といった記事を一度も掲載する事がなく、読者に警告出来ませんでした。タバコ会社からの広告収入が、全米の雑誌編集者を沈黙させたのです」1978年 Tobacco Explained)時期もあったが、今や世界は少しずつ変わっている。

タバコ産業がいわゆるエリートの集まりでありながら、極めて低い倫理観しか持たず金儲けしか頭に無い事は、数々の社会問題や事件ややり口から明白である。発展途上国に対しては、人種の蔑視を交えた見解を示している。

タバコ業界による、アフリカ・黒人蔑視の本性が垣間見えるコメント「この国の平均寿命は約40歳です。乳幼児死亡率は高く、当地ではタバコによる健康被害など表面化しないでしょう」Jスウィーニー1988年

RJRタバコ社重役、CM主演者デーブ・ゲーリッツにタバコを吸わないのかと聞かれた際に「そんな糞みたいなものは吸わない。我々は売るだけだ。『喫煙する権利』なんざ、ガキと貧乏人と黒人とバカにくれてやる」

これを差別主義者によるアジア蔑視に置き換えた意見も、タバコ産業内部では当然のような意識として定着しているだろう。

今後TPPによる海外タバコ産業の流入や、タバコ規制が実質的に機能してない日本での蛮行(現在はJTの不法行為や蛮行が中心であるが)も危惧される。

元記事:反喫煙法で業者敗訴 宣伝一掃は適法と豪最高裁 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"オーストラリアの連邦最高裁は15日、国内で販売されるたばこの箱から宣伝色を一掃させるとした「世界初」(同国政府)の反喫煙法をめぐり、知的所有権の侵害などと主張して法律の無効確認を求めていた大手たばこ業者側の訴えを退け、違憲性はないとする判決を言い渡した。"
元記事:豪連邦最高裁がたばこの新広告規制を支持、新興国への拡大も | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"今回の決定で、巻きたばこやたばこ製品を販売する際、ブランドのロゴなどを入れず、オリーブグリーンのパッケージで販売することが求められるほか、健康被害を警告する画像なども表示しなければならない。

 同高裁は短い声明で、7人の裁判官の過半数がこの規制がオーストラリア憲法に違反しないと判断したと明らかにした。"

元記事:豪最高裁、たばこパッケージ規制に合憲判断、JTなど大手4社敗訴 国際ニュース : AFPBB News(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:【コラム】致死製品売り込みに屈するアジアの危険−ペセック - Bloomberg(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"8月21日(ブルームバーグ):オーストラリアの連邦最高裁が世界で最も厳しいたばこ包装をめぐる規制を支持したことで、同国は世界各国のたばこ会社から批判を浴びている。
これまでは、知的財産権、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)やJTなどによる訴訟の可能性、投資家への被害といった事柄が焦点となってきた。他の諸国がオーストラリアに追随すれば、どれだけの命が救われ、どれだけの経済生産が無駄にならなくて済むかということに、もっと目を向けるべきではないだろうか。

アジア各国政府がオーストラリアを見習うべきだという主張の根拠となる1930億ドル(約15兆3000億円)という数字がある。米疾病対策センター(CDC)によると、この金額は喫煙関連の病気や生産性喪失により米経済が毎年被るコストで、カザフスタンやペルー、ルーマニアなどの年間の国内総生産(GDP)を上回る。"
元記事:「汚れた肺」表示は違憲 米連邦高裁 たばこパッケージ - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"米ワシントンの連邦高裁は24日、喫煙に伴う危険性を示すため、汚れた肺などの写真をたばこパッケージに表示するよう米食品医薬品局(FDA)が義務付けるのは表現の自由に反し、違憲とする判決を言い渡した。米メディアが報じた。

 2月のワシントン連邦地裁の判決を踏襲した判断だが、中西部オハイオ州の連邦高裁では3月、義務化を認める判決が出るなど判断の食い違いが生じており、最高裁に持ち込まれるとの見方が広がっている。"

元記事:オーストラリアのプレインパッケージ訴訟の勝利を祝します 日本禁煙学会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 09:42 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JT海外部門(JTI)、シリアのアサド政権資金を支えるタバコ輸出 EU調査

やっと日本でも、JT(JTI=JT海外部門にあたる)のテロ荷担について大手で報道された。(ただし残念ながら密輸問題全般には触れられていない。)

海外では既に報じられ、日本禁煙学会が翻訳した記事(JT international(JTI) による密輸事件についての調査要請JTインターナショナル(JTI)のオリンパス型スキャンダルJTIがシリアの独裁支配者にタバコを出荷。「アサドのテロ行為への資金供給」を行った疑い)が出たのは、昨年の事。大手メディアはJTから受け取る多額の広告費から、密輸問題に報道に踏み切れなかったと見て良い。

EU Probes Cigarette Deal That May Have Aided Syria - WSJ.com(英文)の翻訳についても、日本禁煙学会で確認出来る。

嘘と捏造と情報操作にまみれたタバコ産業に、日本ではどこまでメスが入るか今後の動きを期待したい。ただ原発利権の団結の例を見ればわかる通り、日本政府(財務省)を軸としたタバコ利権の強さは国際的な恥であり、期待した動きが見られない可能性が高い。

元記事:シリアにたばこ輸出か EU調査 NHKニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"日本たばこ産業の子会社が、EU=ヨーロッパ連合の制裁の対象になっているシリアのアサド政権の関連企業にたばこを輸出していた疑いがあるとして、EUの調査を受けていることが明らかになりました。

21日付けのアメリカの新聞、ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、EUが去年5月にシリアのアサド大統領の親戚を制裁の対象に加えたあと、日本たばこ産業のスイスにある子会社、JTI=ジャパン・タバコ・インターナショナルが、この親戚が関係する企業にたばこを販売した疑いがあるとして、ヨーロッパ不正対策局の調査を受けているということです。
ヨーロッパ不正対策局はNHKに対し、調査を進めていることを認めたものの、詳しい内容は話せないとしています。
また、ウォール・ストリート・ジャーナルは、アサド政権が高い価格でたばこを販売して資金源にしたり、政権を支持する民兵などに給与の代わりに与えたりしたと、シリアの反政府勢力から指摘が出ていることも伝えています。
これに対し、JTIはアサド大統領の親戚が制裁の対象となった後はこの企業に販売していないほか、シリア向けのたばこの販売はことし2月にすべて停止したと説明し、制裁違反の疑いを否定したということです。
一方、NHKの取材に対し、JTIは「新聞に答えた以上のコメントはしない」と回答しています。"
元記事:JT、シリア政権の関連企業にたばこ輸出か EU制裁違反の疑い 国際ニュース : AFPBB News(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"■アサド大統領のいとこの出資企業、弾圧にも資金提供か

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal、WSJ)が入手した企業文書によると、JTIは2011年5月、アサド大統領のいとこたちにあたるマフルーフ(Makhlouf)一族の出資する企業にたばこを輸出した。

 EUと米国はアサド政権による反体制派弾圧にマフルーフ一族が資金提供しているとみており、EUは2011年5月23日、一族の継承者ラミ・マフルーフ(Rami Makhlouf)氏とその兄弟らに金融制裁を科した。

 だが、JTIはその4日後に、マフルーフ一族が出資していることを知りながら「シリア免税店(Syria Duty Free Shops)」にキプロスの業者経由でたばこ45万カートンを輸出。また同じ5月のうちに、シリアの国営たばこ企業に銘柄「ウィンストン(Winston)」420万カートンも出荷していたという。

 WSJは、シリア政権が非正規兵の部隊へ賃金の代わりにたばこを与えているとする反体制派の話を紹介している。たばこは正規価格よりも高く売れ、現金を入手するためにも使われているのだという。

JT広報によると、「シリア免税店」の株主の1人が制裁リストに掲載されている人物と同一である可能性が判明した時点で、JTIは直ちに出荷を停止したという。だがJT広報は、出荷を停止した具体的な日時は明らかにしなかった。"
元記事:シリアにたばこ不正輸出か EU、JTを調査  :日本経済新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"JTが安価で輸出したたばこが、政権に従う民兵集団に賃金代わりに支給されたり、国際的な制裁下にあるアサド政権の資金源となったりした可能性があると指摘している。"
元記事:JTがシリアに不正輸出か、制裁違反をEU調査 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
元記事:時事ドットコム:EUがJT海外部門を調査=シリアにたばこ不正輸出か−米紙(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
posted by 美人薄煙 at 09:40 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虐待の定番タバコ

DVや児童虐待、家庭内の不和といった問題に頻繁に関わってきているのはタバコ。家が貧しいから喧嘩を…という話があっても掘り下げるとタバコで貧乏が加速している例もある。広くまんべんなく問題を作り出すのがタバコである。赤ちゃんを喫煙所に捨てて行く事件も、どういった親・家庭なのか想像しやすい。受動喫煙は乳幼児突然死のリスクを4.7倍にも高めるが、喫煙する親や喫煙が当たり前の環境にいる人間というものは、そういったリスクについて無関心である。だから平気でそういった事が出来る。

いじめ問題については、本来の性格や家庭環境の影響も大きいだろう。しかし道具がどれくらい悪いか、という話もある。例えば包丁で人を殺傷できるが、本来包丁の用途は調理器具である。刃物の殺傷事件を防ぐために包丁を規制するという事は銃刀法などで一部規制が出来ても、実質的には不可能である。包丁そのものは悪くない。

一方タバコとは、その本来の姿は北米・南米の一部民族に使われていたアミニズムなどに基づいた風習である。これが大航海時代に欧米に伝わってから様変わりし、本質が消えていった。特に近代において紙巻きタバコの隆盛が生じ、現在販売されているタバコの99.9%は紙巻きタバコという「有害な工業製品」となった。これの実質的な効果は麻薬であり、国やタバコ産業が徴税・金儲けの手段として利用しているものである。

この「現在の本質」はまさに規制対象たるに十分である。またタバコ産業が謳う「効能」というものは実態としては無く、人に危害を与える合法的手段として存在している。タバコは脳や認知に損害を与える事は明白であり、人が正常な判断を失う事や上記を逸脱した虐待いじめ行為に拍車をかける事となる。

元記事:台湾女性96%が不喫煙 2割強が受動喫煙の被害-中央社日文新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"(台北 24日 中央社)行政院衛生署・国民健康局が成人向けに行った喫煙調査の結果、台湾の女性の96%はタバコを吸わないが、家庭内で受動喫煙にさらされている割合は20.3%に達していることがわかった。

この数値は職場での4.7%と、禁煙となっている公共の場所での5.5%よりもはるかに高くなっており、女性の健康に害を与えるもう1つの「ドメスティック・バイオレンス」だとされる。"
元記事:千葉市役所に生後数日の赤ちゃん…置き去りか : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"18日午前9時頃、千葉市中央区の同市役所の警備員から「喫煙所に赤ちゃんが置き去りにされている」と110番があった。"

元記事:FNNニュース: 仙台「根性焼き」いじ...(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"宮城・仙台市の高校生が、同級生からたばこの火を押し付けられるいじめを受けた問題で、学校側が、高校生に言い渡していた退学処分を撤回した。
母親は「(学校側も)監督不行き届きのところもあるので、謝っていただきたい」と話した。
学校側は、「腕の傷を見たほかの生徒が動揺する」として、警察に被害届を提出した高校生を退学処分にするとしてした。
学校側は、いじめがあったか調査を続けるとしているが、処分を撤回した理由については明らかにしておらず、生徒には8月27日から登校するよう伝えたという。"

元記事:朝日新聞デジタル:根性焼き「要請受けやった」 自主退学の少年側が意見書 - 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"仙台市の私立高校の男子生徒(16)が「同級生にいじめられた」として仙台東署に傷害容疑などで被害届を出した問題で、たばこを腕に押しつける「根性焼き」をしたとされる元生徒の少年=自主退学=の代理人弁護士が20日、「(根性焼きは)要請を受けてやったもので、傷害罪は成立しない」との意見書を同署に出し、報道陣に公開した。"
元記事:根性焼き、いじめ一切ないと弁護士が意見書 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
posted by 美人薄煙 at 09:38 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

喫煙者の部屋に染みつくタバコのヤニは壮絶、直接吸い込む人体も当然汚染

今では家の中で喫煙する人は減っているようだが、未だに室内喫煙する喫煙者の部屋は臭く、壁や家具などは酷くタバコの煙に汚染されている。

部屋に付着した有害物質による受動喫煙、サードハンドスモークの問題もある。そういった部屋のカーテンを風呂に浸した画像がおぞましい。かなり昔、親族の喫煙者の部屋の掃除を手伝った事があるが、ぞうきんで軽くさっと一拭きしただけで通常ではありえない汚い色になった経験がある。

これが人体の中を汚染しているのである。タバコ会社の広告に頭が上がらないメディアが、タバコの人体への悪影響を少しでも軽く見せかけるようなお馴染みの御用記事を出すのは定番だ。少しでもタバコの害を軽く見せたり、タバコ以外の何々が悪い、と強調する。特にその手のメディアは、医学的・科学的見地から書かれる記事は皆無であり、使うデータも都合の良い部分を切り出して全体や本来の意味とは逆に利用する、タバコ産業定番のやり方を踏襲している。

元記事:「こんな凄まじいことになるの!?」喫煙者の部屋にあるカーテンを風呂に浸してみた:らばQ(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"喫煙者の部屋は、タバコのヤニの色がついてしまいます。

「特にヤニを吸収しやすそうなカーテンを風呂に浸してみた」という画像が、あまりにすさまじいと海外サイトの話題に上っていました。

こんなに真っ黒とは……。"
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 08:07 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を車ではねて殺した喫煙者、タバコを吸うと言って警察から逃走、7ヶ月ぶりに逮捕

車で事故を起こすのもタバコが深く関わっている。推薦書籍にもあげている「まだ、タバコですか?」によれば、イタリアでの交通事故の統計では15%もの割合で、タバコに火をつけたり灰が気になるなどが原因で不注意になり、タバコに直接由来する交通事故が起きていた。

喫煙者にしか現れないニコチン切れのイライラやストレスや注意力散漫(間接的な原因と言えるもの)となると、調査が出来ない。それらの数値は不明だが、タバコがかなりの交通事故に影響を与えているのも間違いが無い。なお日本では何故かタバコによる事故は他の数値に紛れ込ませているため、統計的な数字は出せない。

以前見た調査では警察の喫煙率は4割のようだが、自身もタバコを吸ってタバコに寛容な警察官ならば、このような失態を犯すのも十分ありえるものだろう。普通の感覚では絶対にありえないものだが。しばしば警察が、犯罪者からタバコを頼まれて供与していた事件もあったが、公務員の体質改善にタバコの排除は必要な要素の一つだ。

刑務所や留置所など犯罪者の集まる施設では、禁煙にすると犯罪者たちが不満を漏らすが、彼らの更正のためには禁煙にして知能や精神の低下を抑制し、社会復帰を手助けする必要がある。なお誤解されてる事が多いが刑罰とは被害者のためにではなく社会のために行われているのである。よって、社会に損害を与え、人の精神に悪影響を与えるタバコを犯罪者が吸えなくする事も、社会のためになる。その意味でも禁煙は必要性が高い。

元記事:病院から逃走の被告、7カ月ぶりに逮捕 - livedoor ニュース for スマートフォン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"和歌山県警は13日、検査のため勾留執行停止中に入院先の和歌山県田辺市の病院から今年1月に逃走し、道交法違反(無免許運転)容疑で指名手配していた住所不定、自称土木作業員の横谷邦彦容疑者(44)を約7カ月ぶりに大阪府守口市の京阪守口市駅付近で発見、逮捕した。

 横谷容疑者は昨年8月28日未明、和歌山県白浜町で道路を横断していた男性=当時(60)=を車ではねて死亡させ逃走。同12月に自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪で起訴されたが、弁護人が「心臓の動脈に異常がある」と検査入院を求め、今年1月16日に和歌山地裁が勾留停止を認めた。しかし、同月25日未明、入院先の病院で監視の警察官に「たばこを吸う」と言い残し、近くに止めてあった弟の車を運転して逃走した。"
元記事:留置施設の喫煙 全面禁止検討 岡山県警 - 山陽新聞ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"岡山県警は、伊福町庁舎(岡山市北区伊福町)の留置管理課と各警察署にある留置施設で1日2本まで認めてきた被留置者の喫煙を、禁止するかどうか検討している。全面禁止となれば警視庁以外では初の試み。「受動喫煙や保安上の問題を総合的に判断したい」としている。

 刑事収容施設法と同施行規則では、たばこを、留置施設に勾留されている容疑者が自費で摂取できる嗜好(しこう)品と規定。伊福町庁舎の留置管理課では平日の午前中、約20分間の運動時間に2本まで吸うことを認めている。"

posted by 美人薄煙 at 08:07 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロニウムやプルトニウムやストロンチウムなどは無かった事にするJT

50年以上前から含まれてる事がタバコ産業の間では確認されているポロニウム、セシウムと一緒に検出される他の放射性物質、そういったものは最初から無いが如く調査しない。

食品による摂取より実効線量の多い吸引であるにも関わらず、食品と同じ基準以下だからあたかも安全であるかのように印象づける発表。これが日本を代表する日本の名を冠した日本の恥の所業である。

日本の葉タバコを使ったタバコを海外に輸出すれば、損害賠償にも繋がりかねない。JTだけがその対象になるならJTの自業自得だが、大企業の損失を国(つまり日本国民の税金など)が補填する仕組みは皆様のご存じの通り。

元記事:葉タバコ黄色種、放射性物質検出されず…JT : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"日本たばこ産業(JT)は14日、2012年産の葉タバコ(黄色種)の放射性物質検査を実施した結果、JTが設けた基準値を超える放射性物質は検出されなかったと発表した。"

posted by 美人薄煙 at 08:06 | Comment(0) | 法律/規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

依存に陥らせたタバコ産業は責任を取らないが、自業自得の喫煙者もマナー守らず「肩身が狭い」と苦しむ

喫煙者も、携帯灰皿や路上禁煙がかなり浸透しているはずなのに、未だにポイ捨てされたタバコの吸い殻が後を絶たないのを見れば、マナーを守っているのはまだ一部といったところだろう。実際に喫煙者と非喫煙者の意識の差を見れば一目瞭然である。こういった話に、やはり一部の喫煙者が過剰反応したり、非喫煙者のふりをしてはマナーが良くなったなどと騙り始める。よってデータで示すが、いかに意識が違うかが明確となっている。Business Media 誠:タバコを吸っている人のマナー、何点?では、ヒューマが5022人調査した結果、喫煙者が自己採点すると平均75点と高く、喫煙者が他の喫煙者を採点すると53点。元喫煙者で現在非喫煙者が喫煙者を採点すると41点。非喫煙者が喫煙者を採点すると35点。

学校などで35点の生徒が「頑張って勉強したのにこんな点数つけるなんて酷い!」などとわめく光景は多分無い。

元記事:さまよえる愛煙家 路上規制強化・姿消す喫煙所…  :日本経済新聞(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"7月、東京都千代田区のオフィス街。あるコンビニエンスストアの前ではたばこの吸い殻が10本以上も捨てられていた。店側は「この場所は禁煙です」と店頭に貼り紙を掲げているが、無視して喫煙する人も少なくない。男性店員(31)は「煙が店内に入って迷惑。毎朝掃除するのも大変だ」と憤る。

 同区は2002年、公道での路上喫煙を禁止する条例を施行。違反者から過料2千円を徴収する仕組みで、路上喫煙はぐっと減った。しかし規制対象外の店舗の軒先や駐車場などで隠れて吸う人が依然として多い。"

posted by 美人薄煙 at 08:06 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者必見!タバコの口臭対策法、ベストアンサーは喫煙しない事(この簡単そうな対策が一番難しいのが、ニコチン依存の恐ろしいところ)

言うまでも無く、最初から吸わない事や、喫煙者である事を辞める事。そう簡単にいかないのが、ニコチンの強力な依存性。

タバコが麻薬として規制されていない一方で、その作用は殆ど麻薬同然である。特にニコチンの依存性については、ヘロイン以上とアメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)で評価されている。nida.jpg

喫煙者でも、若いうちはまだ目に見える部分での変化が無いケースもあるが、20代中頃〜30近くともなると、喫煙者の歯の色や歯茎の色は非喫煙者に比べて明らかに変色などが目立ちがちになる。

清潔感や美しさの一つの基準として、歯が重要なのは言うまでも無い。タバコが美容の大敵である事は、既に言うまでも無い。麻薬常用者の顔つきが異常になる事はよく知られているが、喫煙者もスモーカーズフェイスという状態になり、タバコでもかなり顕著に見た目に悪影響を及ぼす。

見た目の問題だけならまだしも、口臭などが著しく酷くなる。特に30代40代くらいになると、すきっ歯と濁った灰色〜黒色の歯茎の人が明らかに増える。歯磨きはちゃんとしてると信じたいが、それでも朝一で会っても凄まじい口臭がする。満員電車で酷い悪臭が口から漏れてる人の口元と胸元を見ると非常によくわかる。タバコとコーヒーが混じった悪臭(この組み合わせは糞便のような臭いがする事がよく言われる。確かにスカトールという糞便の悪臭成分がタバコには添加されている)がして、胸ポケットにはタバコが入っている。歯茎がまるで死んでいるかのように、どす黒くなっており、まるで生きながら死んでいるゾンビのような状態だ。

喫煙によって唾液の減少などで口内環境が正常からかけ離れる事で、本来の歯が持つ抵抗力が落ち細胞が過剰に死に、虫歯や歯周病になりやすい環境が出来てしまう。(湿潤治療がしばしば話題になってるから知られてるように、基本的に人体は潤いを持たせると治癒が高まる。口の中の怪我が治りやすいのもこれが理由の一つ。だから口の中を乾燥させる喫煙は、喫煙によって口内環境を破壊し治癒力を落とす事になる。)

一般の人なら朝・昼・晩、少なくとも2〜3回は歯磨きをするだろう。これが、喫煙者となると起きて一服、電車に乗る前に一服、会社に入る前に一服、仕事中に(略)、寝る前に一服、とタバコを吸う。歯磨きをした後にも吸う。最悪、歯磨き自体をしないケースもある。何故か歯磨きしないおかしな喫煙者が居るのかと言えば、タバコを万能薬と信じタバコには消毒効果があって歯磨きの代わりになると思い込んでる例がたまにあるからだ。喫煙者と歯の話をすると、あまりにも非常識や無知があってカルチャーショックを受ける。

世の中には全く口や体が臭くないのに、自分は臭いのではないだろうか…、と不安になる人が居る。その一方で、喫煙者は口臭について無頓着な人も多い(喫煙者向け口臭ケア製品も出ているので、気にする人も従来よりは増えていると期待したいが…)。不思議な事に、他の喫煙者は臭くて迷惑だが自分は臭く無いし迷惑でもない、と思ってる喫煙者が多い。例えば、Business Media 誠:飲食店でのタバコの煙、“不快”が78.3%――でも我慢では、喫煙者の約半数が他人のタバコを不快に思ってる事が明らかになっている。

喫煙者の多くも、こうなる(どうなるの?って思った人は「喫煙者 歯周病」などの言葉で画像検索すると喫煙者の口の中が出てきます。グロいので注意。)とわかっていれば最初から喫煙を選択などしなかっただろう。

タバコ会社の流すクールであるとか、クリーンなイメージ広告などに騙されてタバコを買って喫煙者となってしまうと、タバコ会社よりも憎まれる対象となる。また同時に悪臭を吐き出し続ける加害者でもある。

元記事:喫煙者必見!タバコの口臭対策法 2012/08/14(火) 18:26:23 [サーチナ](記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"喫煙者の方はタバコをすっていて家族や恋人に臭いと言われたことはないでしょうか。タバコを吸う人には独特のヤニ臭さがどうしても付きまとってしまいます。「臭うよ」と注意してもらえるのならまだよいですが、自分の居ない所で「あの人口臭いよね」なんて言われていたらショックですよね。"

posted by 美人薄煙 at 08:05 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生産日本一なら規制を免れて良いのか?

公共施設、それも子供が毎日通う教育機関が禁煙の取り組みを怠っている。葉タバコ生産が日本一だから仕方ないという事はそもそもありえない。その手の記事は例のタバコ会社から広告費を受け取ってるSPA!なども、熊本に焦点を当ててタバコ擁護の特集をしていた事は記憶に新しい。

では豊田市は全国と違って車関連の規制を法律通りに行わなくて良いのか?酒蔵が日本一多い新潟では酒の規制が緩いのか?フグの漁獲量日本一の福岡では調理免許の取得が違う手続きで行えるのか?当然ながらそんな事は無い。(その手の規制破りが横行してる例といえば、中国などが良い例で、強力な生産力や経済成長などを背景に国際的な批判に無理を通して道理を引っ込めさせようとしている。日本は中国ではない。)

日本一だから…といって何かがリスクに対する義務が免除される事はありえない。確かにジャンクメディアならば、スポンサーの言いなりになって規制を破れと主張するのもお約束なのかもしれない。だが仮にも新聞である。業者や団体との癒着や圧力を調べメスを入れるなど、報道の役割や本分とはそういうものだろう。

タバコ擁護を行うメディアは、こういった言葉でばっさり斬れる。新聞などはクオリティペーパーを目指し、このようにならない事を心がけて頂きたい。

「タバコ広告を掲載する雑誌を7年間編集してきましたが、『喫煙の習慣によって自然や人間社会が破壊される』といった記事を一度も掲載する事がなく、読者に警告出来ませんでした。タバコ会社からの広告収入が、全米の雑誌編集者を沈黙させたのです」1978年 Tobacco Explained

ジャンク科学者はすぐに見分けがつく。科学誌などの通常の媒体を使って研究発表をせず、マスコミや口コミに頼っているからだ。(リスキービジネス)

元記事:県内学校、全面禁煙は65% 全国平均下回る−熊本のニュース│ くまにちコム(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"今年4月1日現在、幼稚園から高校までの県内学校のうち、敷地内を全面禁煙にしている割合は65・0%で、全国平均の82・6%を17・6ポイント下回っていることが9日、文部科学省などのまとめで分かった。ただ、前回調査した2005年度の13・9%と比べると4・7倍に増えている。

児童らの受動喫煙を防止する学校側の意識は向上しているが、全国一の葉タバコ生産県でもあり、全面禁煙に踏み込めない実情がある。"
元記事:82%の学校が敷地内全面禁煙 05年度調査から倍近くに - 47NEWS(よんななニュース)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"文部科学省が6日発表した受動喫煙の防止対策調査で、幼稚園から高校までの学校の82・6%が、敷地内を全面禁煙にしていることが分かった。2005年度に行った前回調査の45・4%から、倍近くに増えた。"
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 08:05 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙席で異常行動を取る客

ただ単に喫煙席利用客が異常行動を取っただけだが、SPA!はスポンサーに配慮してタバコを擁護する一方で、喫煙者の実態やイメージが良くない事を示す記事を全然別の記事でうっかり取り扱ってしまう事がある。それはいいのだが、ダンス扱いするのはいくら何でも勉強不足が酷い。

SPA!もタバコを擁護するジャンク記事だけでなくダンス規制を撤廃する署名についての記事を扱った事があるが(他の多くの雑誌でも扱われたテーマで、別段SPA!がお手柄と言える特集を組んだというわけではない)、その時の記者とは別の記者が書いたのだろう。

広義のダンスとなれば、人間を含めた多くの動物が取る本能的な動きもダンス(求愛のダンスなど)と呼ばれるので、意味のわからない動きを強引にダンスと呼ぶ事は出来ないわけでもない。ただブレイクダンスと指定してしまってるのはいただけない。

そもそも床に背中をつける動きという範囲で言うならブレイクダンスに限らない。ポップやヒップホップでもやるしハウスやジャズなどでは定番。聞いた話をそのまま書く程度という、記者の勉強不足だろうか?覚えたてのKYチャラ男なら場所や空気を考えずにやるかもしれないが、普通のダンサーはそのような事をしない。飲食店で技やフロアムーブをやるとしたら個室や貸し切り以外はまずありえない。

記事に病気と書いてあるので精神的な病気なのだろう。ダンスとは無関係。しかしそういった行動を笑いものにしたり見下し面白がる低レベルな読者層(タバコ擁護の記事があると大喜びする層)に合わせた記事だ。SPA!は基本的にナニワ金融道を読むついでに、下らないタバコ擁護を書いてる記事(タバコ産業側の考え方ややり方を掴みやすい)を見てるだけだが、他の記事をたまに見ると対象が明らかに下流。特にその中でも下を見つけて喜びそうな人向けと思われる記事が多い。

ダンスは最近は特に一般的になってきているが、世間のイメージは「カッコイイ、モテそう」などの好印象と、反対に「怖そう、不良っぽい」などの悪い印象もある。とりわけ能の無い下流の人にとってはああいう目立つ存在は妬みの的。何か自分より下でないと収まらないような、SPA!の読者層でも特にタバコ万歳な頭を持つ層には、ダンサーがおかしな行動を取った、と取れるような印象を与える記事が良いのだろう。下流層の反応などからもそういったタイプの記事の受けが良いようだ。その手の「人を下に見て安心する下流層」に是非教えたいのが、ダンスをやってる人に高学歴や一流企業に勤める人が当たり前のように居る事。当然、入りやすいスポーツ枠と違いダンス枠は無いので、一般で通ってるので実力がある上に踊れるのである。自分よりイケてると思える相手がいるとイライラして、何としてでも相手の地位を否定しようとする層には刺激が強い事実。

たまに良い記事もあると思うが、やはりSPA!は基本的にそういう雑誌なのだろう。スポンサー(タバコ産業)のための記事と、下流の読者層が「安心」する記事、これを提供するための雑誌という印象。

「タバコ広告を掲載する雑誌を7年間編集してきましたが、『喫煙の習慣によって自然や人間社会が破壊される』といった記事を一度も掲載する事がなく、読者に警告出来ませんでした。タバコ会社からの広告収入が、全米の雑誌編集者を沈黙させたのです」1978年 Tobacco Explained

ジャンク科学者はすぐに見分けがつく。科学誌などの通常の媒体を使って研究発表をせず、マスコミや口コミに頼っているからだ。(リスキービジネス)

元記事:飲食店バイトが見た“トンデモ客”のエキセントリックな行動 | 日刊SPA!(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"こちらはコーヒーチェーン店での話。店員の水野元樹さん(仮名)は、唐突にブレイクダンスを始めるお客さんを目撃した。

「30代前半の男性が入店してきて、普通に喫煙席に座りました。しばらくすると、客席が騒然としていたので見に行くと、客席の床でブレイクダンスのように背中をスリスリ床にこすりつけてのたうちまわっていました。よく見ると、寝ている様子。いくら起こしても起きないので、他の男性店員と一緒に抱き上げて椅子に座らせ警察に通報。この地域での常習犯らしく、『奥さんも子供もいるんだからしっかりしなきゃダメだよ!』と警官に怒られていました。病気なら、『しっかりしなきゃ』と怒られてもどうしようもないので、少しかわいそうでしたが」"
タグ:御用〜〜
posted by 美人薄煙 at 08:05 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

学習能力のない職員処分

喉元過ぎれば熱さを忘れるという言葉があるが、まだ全く喉元を通り過ぎていない、タイムリーな時期に違反を繰り返す職員たち。税金泥棒と言われても仕方ないものである。

日本は悪い慣習も禁止せず緩くやりすぎるので、効率が悪く、せっかくの日本人的な勤勉さや器用さなどを損なってしまっている。なお、非喫煙者との比較でどのくらいの労働損失が生じるかは、喫煙は年130時間のムダ! 「健康と生産性」の関係タバコの経済学(タバコの経済損失)によると、以下の通り。
lose-working.jpg

これだけ社会に損失を与えておきながらも、タバコを製造販売するタバコ産業は、今のところ製造者責任を負うつもりは無いようだ。

元記事:懲戒処分:勤務中に喫煙、2職員を−−大阪市 /大阪− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"大阪市は9日、勤務中に喫煙したとして、職員2人を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。同市では4月、市営地下鉄の助役が駅構内で喫煙し、運行に支障が出る問題が起きたばかり。"
posted by 美人薄煙 at 21:33 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単なマナーが守れなくなってしまうほど、人の心や行動を支配するタバコ

日本人は基本的にマナーが良いと言われる。世界的にも観光客として歓迎されている。ところが喫煙するとどういうわけか、マナーが悪くなる。

このブログの常連の方は、タバコ問題はマナーの問題では無い事はよくご存じ。かなり広範囲にわたる社会問題を引き起こしている。しかしマナーの問題だけに絞ったとしても、やはり人の思考を狂わせる要因としてタバコは強い作用を持つと言える。

喫煙者も、携帯灰皿や路上禁煙がかなり浸透しているはずなのに、未だにポイ捨てされたタバコの吸い殻が後を絶たないのを見れば、マナーを守っているのはまだ一部といったところだろう。実際に喫煙者と非喫煙者の意識の差を見れば一目瞭然である。こういった話に、やはり一部の喫煙者が過剰反応したり、非喫煙者のふりをしてはマナーが良くなったなどと騙り始める。よってデータで示すが、いかに意識が違うかが明確となっている。Business Media 誠:タバコを吸っている人のマナー、何点?では、ヒューマが5022人調査した結果、喫煙者が自己採点すると平均75点と高く、喫煙者が他の喫煙者を採点すると53点。元喫煙者で現在非喫煙者が喫煙者を採点すると41点。非喫煙者が喫煙者を採点すると35点。

施設管理者・自治体・地域住民は実質的に、JTと喫煙者によって、ポイ捨てされるか、灰皿を設置するか、の二者択一を強要されている。

JTは、周囲の空気を汚し悪臭を漂わせる灰皿を、日本中に設置させる事で喫煙場所を確保し、喫煙者が減るのを妨げようとしている。

喫煙者がどこでもTPOわきまえず喫煙しポイ捨てするよう、タバコに「教育」されてるのは何故だろうか。喫煙者を批判の槍玉にあがるように宣伝し自社のイメージアップに利用してるのは誰だろうか。

紙巻きタバコというポイ捨てが簡単という機能性とデザインを作ったのはタバコ産業であり、規制やルールが出来る前にこれは便利だと所構わず喫煙するようになりポイ捨ても勢いでやる喫煙者。一昔前のドラマなどでは、俳優などが役としてTPOわきまえず喫煙し、吸い終えれば所定の動作のようにポイ捨てまで行う。これが喫煙であると示すかのような完結した一連の動作である。

タバコは宣伝と売上が如実に関係している。ドラマのシーンにスポンサーの製品を入れる宣伝手法は、初歩的なテクニックである。当然その宣伝の中で受けた印象は大きい。そういった世代にとっては、タバコのポイ捨ては当たり前のようだ。喫煙者というのは残念なことに、日本人として必要な美徳などを随分と欠いた恥ずかしい生き物である。ボビー・バレンタイン(ロッテ監督・千葉大客員教授)「タバコを吸った瞬間、日本人の美徳である礼儀正しさが損なわれてしまうようだ」周囲に敬意を払うことの重要性を強調。2006年日経新聞

元記事:朝日新聞デジタル:マナー徹底されず 喫煙コーナー撤去-マイタウン埼玉(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"越谷市のJR南越谷駅南側にあった喫煙コーナーが撤去された。パーティションで区切っていたが、外に出て喫煙するなどマナーが守られず、苦情が寄せられていたという。"
posted by 美人薄煙 at 21:29 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FCTC違反のマイルドセブン、メビウスへ名称変更 まるで永久的に依存させる事をかけたネーミング?

この名称変更について取り扱うニュースは、どういうわけかFCTC違反があった事について触れていない。

「タバコ広告を掲載する雑誌を7年間編集してきましたが、『喫煙の習慣によって自然や人間社会が破壊される』といった記事を一度も掲載する事がなく、読者に警告出来ませんでした。タバコ会社からの広告収入が、全米の雑誌編集者を沈黙させたのです」1978年 Tobacco Explained

こういうわけである。

アメリカの出来事が*年遅れで日本に起きる、とよく言われるがまさにその通りである。広告費によるメディアコントロールは強い。その上JTは海外で起きたタバコ産業の事件に対する情報収集や対策にも力を入れている。今東電が各雑誌に色々と暴露されているが、JTは多くの雑誌に広告費を払ってるため、何かJTのスキャンダルがあったとしても東電のように暴露される事はそう多く無いだろう。事実、密輸事件について触れるメディアは海外メディアを除けば皆無。

タバコの規制に関する世界保健機関枠組条約(タバコ規制枠組み条約:FCTC)
の第十一条 タバコ製品の包装及びラベル。署名している日本国は、既にこの名称を違法として規制しなければならない。これをうやむやにし規制せず、JTが大々的な宣伝を行って名称変更を広報できる事は国際的に見ても恥である。

ところでメビウスというネーミングは、メビウスの輪でおなじみの終わりのない、永久に続く、といったものを連想させる。つまり簡単に抜け出せないニコチン依存を連想させる。ある意味ではぴったりな名称である。世間を欺き無限に繁栄し続けるタバコ産業を、という願掛けも裏にあるのかもしれない。

元記事:「マイルドセブン」名称変更の理由 世界一の新ブランド目指すグローバル戦略 (1/2) : J-CASTニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)

この記事は相当酷い。理由と書きながら、本当の理由に一切触れていない。まるでJT広報の窓口になったかのように、宣伝の垂れ流しにぶら下がるだけの御用聞きとなっている。こんなものは報道やメディアのやる事では無い。

元記事:マイルドセブンが「メビウス」に商品名変更!グローバル展開へ-闇タバコビジネスも増加中! オトナの会社設立(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
こちらの記事も一体何なのかと思う。SPA!の失笑してしまう「闇タバコで値上げ反対記事」を紹介している。勉強不足にも程がある。
posted by 美人薄煙 at 21:28 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

タバコ産業の内部告発を描いた映画、インサイダー 無料公開

インサイダー|無料動画 GyaO![ギャオ]|インサイダー|映画

タバコ産業による隠蔽や脅迫をリアルに描いた、ドキュメンタリー映画。必見。
posted by 美人薄煙 at 17:14 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

タバコで認知症・痴呆・アルツハイマー・記憶力低下・IQ低下のリスクを高める

タバコで認知症(アルツハイマー)リスク上昇。50代の頃に1日2箱以上の喫煙でリスク2倍以上。東フィンランド大学ミンナ・ルサネン医学博士。「中年期におけるタバコの吸いすぎは、人種、性別を問わず、アルツハイマーと血管性認知症のリスクを増大させる」
2万1123人調査、喫煙でリスク倍増。喫煙によって引き起こされる酸化ストレスと炎症は、アルツハイマーの発症においても重要なカギ。
2010年10月米医師会の内科専門誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン:Archives of Internal Medicine」掲載

長期間の喫煙の影響は、記憶力低下、過去の経験を現在の行為と関連付ける能力の欠如、全体的な認知機能の低下という形で現れた。タバコをやめて久しい男性では同様の認知力低下は見られなかった。長期的に見て、喫煙男性は非喫煙男性よりも精神機能が著しく低下する。喫煙者はすべての認知力検査において、精神機能の速い低下と関連していた。10年以内にタバコをやめた元喫煙者でも、認知機能が著しく低下するリスクは依然として存在。だがより長期禁煙した男性は同様の認知力低下は見られない。
ロンドン大・英国公務員の男5000人+女2100人+(平均年齢56歳)25年追跡調査。米精神医学専門誌「アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー:Archives of General Psychiatry」掲載2012年。


中年期の喫煙は修正可能なリスク要因だ。この時期にタバコをやめれば、認知能力の低下が遅れ、脳年齢に(吸い続けた場合と)10年程度の開きが出るだろう。
ニューヨークのザッカーヒルサイド病院神経科長マーク・ゴードン

65歳以上の喫煙者は、タバコを一度も吸ったことがない非喫煙者に比べ、認知機能の低下が平均5倍以上も早く進行する。オランダ・エラスムス大学医療センターなどが欧州で行った調査(9200人)で分かった。
2004年3月「米神経学会誌ニューロロジー」

認知症の危険因子「APOE4」「アポリポタンパク質E4」を持たない人であっても、喫煙によりアルツハイマーなど認知症の発症リスクが70%増加。55歳以上の約7000人を対象に、1人あたり平均7年間調査。
2007年エラスムス・メディカル・センター、モニーク・ブレテラー博士

認知症リスクは、非喫煙者1に対し、過去喫煙者1.5、喫煙者2.3倍。喫煙期間が長いほどリスク増大。CIRCS協和コホート(1981〜1994年に循環器リスク健診を受診した茨城県筑西市協和地区の35〜85歳6,343人)のデータを用いた症例対照研究。
2008年発表

喫煙で認知症リスク増大は、過去の研究でも明らかにされてるが、ケンブリッジ大学のDavid Llewellyn教授ら研究チーム新発見。受動喫煙でも脳にダメージ、受動喫煙が多いグループでは認知症リスクが44%増大。50歳以上、5000人調査。
(BMJ 2009;338:b462)

中国で、60歳以上の高齢者2820人を2年間追跡調査。喫煙者はアルツハイマーのリスク2.7倍。
「重慶第三軍事医科大学の神経学研究グループ」

仏、英、蘭、丁で65歳以上の男女9209人を追跡調査。認知症検査テストMMSEで喫煙者は2年で非喫煙者の4倍も平均点が低下。認知症の知的レベルまで落ちる傾向が喫煙者で明らかに多い。
「ヨーロッパ地域認知症疫学共同研究事業」

35〜55歳のロンドンの公務員5388人に記憶・論理思考・語彙などテスト。喫煙者は下位20%に入る傾向が高く、禁煙成功者に語彙などで劣る。喫煙者は再テスト棄権率が高い。
仏国立保健医学研究所調査「Archives of Internal Medicine」2008年6月9日号掲載

非喫煙者の平均IQ…101、喫煙者の平均IQ…94、1日1箱以上喫煙の平均IQ…90。ヘビースモーカーほどIQが低い傾向。双子で一方が喫煙者、他方が非喫煙者の場合、非喫煙者の方がIQが高かった。2万人調査。
2010年テルアビブ大学

喫煙で痴ほう発症早まる 英国で34000人以上の男性医師を約50年間追跡調査した結果が報告された。喫煙はアルツハイマー病や血管性の痴ほうを抑制する効果はなく、発症年齢を低下させることが示された。
浜松医科大教授 高田明和 毎日新聞夕刊2000年11月18日


ただしタバコ産業側は「タバコはアルツハイマー予防になる!」と吹聴。そのソースは、タバコ産業が出した資金を受け取った御用学者の主張によるもの。タバコ産業の資金を得た学者は、得た事を確認出来ない学者に比べ、約88倍(=タバコの害を否定する学者の約99%が資金を受け取っている)も害を否定する論文を書く。(1998年ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション)御用学者Leeは喫煙者の痴呆リスク31%低下と発表。


喫煙者でもまともな部類の人は、タバコで認知症リスクが大きく高まると知れば禁煙を考える。喫煙者でも下に分類されるようなバカな人はタバコ産業の言い分を信じたり、自分がバカと言われたと思って教えてくれた人に切れる。
posted by 美人薄煙 at 23:11 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役立たずの民主党、マニフェストも守らず、全面禁煙努力義務を削除

民主党になって特に良い事も殆ど無かった。一度きりのタバコ増税以外は良い所が無い。マニフェストも忘れてしまったようで、タバコ規制を行っていく方針は蚊帳の外である。公衆衛生上必要な、全面禁煙の義務づけさえ、タバコ産業と族議員の壁に阻まれ実現出来ないまま終わった。

先進国や、先進国たらんとする発展途上国では、国の尊厳や国民の健康を考えてタバコ規制に前向きな態度を取っている。ところが日本だけはタバコに甘い。これも、日本人の性質の一つである他者が迷惑の元凶であっても寛容に対応する、といった所から来るものではなく、ただ単にタバコ産業の積む金と、それに惑わされる売国奴議員、財務省の権力の強さによって作られたものである。これを国家や議員が行うのは、国民に対する完全な背任である。

元記事:全面禁煙努力義務を削除 民主が再修正案 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"民主党は30日、受動喫煙防止対策として全面禁煙か分煙を全ての職場に義務づける労働安全衛生法改正案について、再修正案をまとめた。職場に全面禁煙か完全分煙を求めた義務規定を削除し、事業者の事情に応じ適切な措置を講じることを努力義務とした。全面禁煙、完全分煙は努力義務にもならない内容で、自民、公明両党と協議し今国会での成立を目指す。"

タグ:日本の恥
posted by 美人薄煙 at 22:59 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またタバコで火災、重大な社会的損失や実質的な殺人だが、タバコ産業は責任を取らない

喫煙率の低下によってもっと順位を落としても良さそうなものだが、タバコは火災の主な原因としての地位を確固たるものにしている。悪い事の順位を手堅く守る事にかけては天才的とか優等生とか言っても良い。

kasai.gif

4位の放火の疑いについては、放火か何かの原因で自然発火したかわからないようだが、何かの原因=ポイ捨てされたタバコが原因以外には、普通の自然現象で火災がそう多くは起きないであろう事も考慮しておきたい。(要するに放火とタバコが実質のトップ1と2と考えても良い)

1位の放火については、種火としてタバコを利用する事もある。ただしこれは、犯人が喫煙者だから簡単に携帯できる身近なタバコが放火に役立つから使ったというだけなので、あくまでも「放火する」という目的自体を達成するためにタバコが必ず必要というわけではないので、原因をタバコとは言えないので除外しても仕方ない。もっとも、原因に「喫煙者」「タバコ会社」という枠組みを作ればトップだが。

元記事:火災:アパートから出火 男性、CO中毒死--久慈 /岩手− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"19日午後5時10分ごろ、久慈市本町、無職、上野祐喜さん(40)方から出火。

居間にはたばこの吸い殻などがあった。同署は出火原因を調べる。【浅野孝仁】"
元記事:たばこの火の不始末か、マンション火災で男性死亡 東京・小岩 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"25日午前9時15分ごろ、東京都江戸川区西小岩の鉄筋コンクリート3階建てマンション2階の無職、小出寅雄さん(72)方から出火、約20平方メートルが焼けた。室内から男性が救助されたが、全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。

同署によると、小出さんは1人暮らし。ベッド周辺が激しく燃えており、近くにたばこの吸い殻が落ちていたという。"
元記事:救急出動:上半期461件増 高齢者搬送増え--さいたま市 /埼玉− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"出火原因では放火の78件が最も多く全体の38・2%を占めた。たばこ35件、コンロ17件が続いた。【林奈緒美】"
元記事:innolife.net>>>韓国ニュース>>>社会>>>たばこの火で1トントラック火災(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"今朝0時頃、ソウル聖水大橋を走行中のソさん(44)の1トントラックから火災が起きた。消防当局はたばこの火が、貨物室に積まれていた紙にうって火災となったものと見て、正確な火災の原因を調査している。"
元記事:スペインの山火事、鎮火の見通し立たず 4人死亡 写真6枚 国際ニュース : AFPBB News(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"【7月24日 AFP】スペイン北東部カタルーニャ(Catalunya)自治州で22日に発生した山火事は、25メートルの強風にあおられ23日までに約1万3000ヘクタールを焼き、現在も鎮火の見通しは立っていない。この火事の煙は約150キロ離れたバルセロナ(Barcelona)にも届いた。自治州政府によるとこれまでに4人が死亡し、23人が負傷した。

出火原因はたばこの吸い殻か小型の爆発装置とみられている。(c)AFP"

posted by 美人薄煙 at 22:58 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者、女子中学生に「タバコをめぐんでくれ」

子供にタバコを要求する異常さは、遅かれ早かれエスカレートした行為へと繋がりかねない。大人も子供もタバコのために強盗する事件は後を絶たない。喫煙する前の教育や、早期発見と撲滅が必要である。

元記事:「女子中学生に対 する声掛け事案」(2012/07/29 22:54:42) >> 大阪府警察安まちメール | 大阪府の安全・安心メールマガジン(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"07月29日12時20分頃、河内長野市千代田南町4番付近路上で、徒歩で通行中の女子中学生に対し、男性が「タバコをめぐんでくれ」と声をかけたもの。
年齢40歳位の男性"

posted by 美人薄煙 at 22:58 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多大な社会的損害を与えたので、タバコで仕事を失うのは当然

これまでが甘すぎた。日本は飲酒喫煙に寛容だと言われるが、既に飲酒によって事故を起こせば厳罰が待っている。ところがタバコによって起きた事故に対しては、実質的に厳しい対応が取られた事が無かった。今後は民も官も厳しく対応していくのが筋だろう。

何故なら事故が起きなかったとしても、多大な社会的な損失を生じさせるため、業種を問わず厳しく対応していかなければ、企業の体質や収益の改善が進まなくなるからだ。

そもそも、普通の社会人なら自分の業種、仕事場、客先、それぞれの業界情報や事件などを把握するべきである。例えば梅田の火災の関係者でありながら、勤務中にタバコを吸うなどありえない。社会人として不適切なのだから、罰則や解雇などがあってもそれは妥当である。日本がこれまでタバコに甘すぎたから、厳しく目に映るだけで、何もおかしな事は無い。

日本では労働時間中に、(裁量権の無い労働者が)勝手に何度も休憩時間を取って、タバコを吸う事はよくある。「裁量権があるなら残業代はいらない」とでも言えばまだ筋が通るが、喫煙時間もちゃっかりと残業代として取っていく。例えば生活保護の不正受給と同じで、真面目に働く人や年金を納めてる人が馬鹿を見るやり口が、利益を目的としている集団である企業の中にも当たり前のように蔓延しているのである。また節電が叫ばれてる中、エレベーターなどを一日に何度も無駄に使って、喫煙所まで移動する。喫煙所の空気清浄機をフル稼働させる。会社の利益だけを損なってるのではない。

外回りで色々とまわると、零細企業や、金が無いと言うカツカツの企業ほど、入口からしてタバコ臭く、受付のおばちゃんの時点で喫煙して来客の応対をする始末。不景気と言っても未だに生き残ってるものだが、このような企業に先は無いだろう。というか久しぶりに飛び込んだら倒産していた会社というのは、そういう会社である。

日本は悪い慣習も禁止せず緩くやりすぎるので、効率が悪く、せっかくの日本人的な勤勉さや器用さなどを損なってしまっている。なお、非喫煙者との比較でどのくらいの労働損失が生じるかは、喫煙は年130時間のムダ! 「健康と生産性」の関係タバコの経済学(タバコの経済損失)によると、以下の通り。
lose-working.jpg

このあたりをわかってきている企業や担当者は、喫煙者に悪い印象を抱いているし、喫煙者は出来れば採用したくないという雇用方針を打ち立てる事もあるが、まだ現状では大きな対策や変化は無い。(たばこは、就活にマイナス?過半数:2010年6月調査、企業の人事担当者838人から回答。回答者の4分の3が男性、喫煙者が24%、過去喫煙していた人が35%、非喫煙者が41%。新社会人の喫煙に関する印象は「好感が持てない」が25%で、「どちらかといえば」を含め56%。)

逆にわかってない喫煙者となると、万人に起こりうる生理的現象(トイレや眠気など)と、喫煙者にしか起きない薬理作用(ニコチン切れによる喫煙行動)が区別出来ないので、非喫煙者もサボってるとか、息抜きするほうが効率が良いとか、的外れな事を言い出す。喫煙者がスタンダードであるかのような典型的な勘違い、もしくは開き直りが起きるのも、喫煙者だからだろう。このように開き直られると、企業としても扱いづらい人材だろう。何せ、統計的には明らかな損失をもたらしてるのに、違う待遇を受けると差別だと叫び出すのだから。能力考課を理解しているのかいないのか、また労働時間=仕事としか認識していないケースもあり、バイトと正社員の違いも理解してない様子さえある。そのように言わせるタバコの魔力というのは実に恐ろしい。ただし人の考え方をそこまで堕落させてしまう、タバコを製造販売するタバコ産業は、今のところ製造者責任を負うつもりは無いようだ。

元記事:大阪市交通局、喫煙業者との契約解除 | NNNニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"この会社は、ことし2月に梅田駅で火災が起きた際、清掃員2人が出火元の倉庫で喫煙していたとして、指名停止処分を受けていた。会社側は、交通局に謝罪したが、交通局は先月1日付で、新大阪駅を含むエリアについて、会社との業務委託契約を解除した。"
元記事:朝日新聞社デジタル:タバコ1本で停職1年 大阪市営地下鉄職員が市を提訴へ - 関西ニュース一般(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"大阪市営地下鉄で回送電車を運転中に喫煙し、停職1年の懲戒処分を受けた男性運転士(41)が、市に処分の取り消しを求める訴えを近く大阪地裁に起こす。"
元記事:大阪地下鉄清掃員また喫煙…梅田駅火災と同業者 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"市交通局担当者は「ルールを守れない以上、契約を破棄するのが妥当」と説明。ただ、同社に委託している谷町、堺筋両線の駅清掃業務については「新大阪駅での喫煙の際には列車の運転に支障がなかったことを考慮した」とし、解除を見送った。"

posted by 美人薄煙 at 22:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコは犯罪誘発装置 大人も子供も、タバコのために強盗

軽いとはいえかさばるタバコ、あんなものを極限状態でもある強盗の最中に、よこせと要求するほど脳がニコチンによって汚染されている。これが喫煙者の一つの末路である。

そして驚くべきは顔見知り相手の犯行。犯罪者の心理は一般人には理解しがたい。それを子供が平然と行っているのである。

喫煙者を犯罪や凶悪な行為へと駆り立てる要因は一つではないが、確実にそっと背中から後押しするのがタバコだ。まだ、タバコですか?によれば粗暴犯で喫煙者は約2倍。喫煙者ほど感情的になって犯罪を犯す事が明確となっている。

元記事:朝日新聞デジタル:深夜営業のスーパーに強盗、10万円奪い逃走 福岡 - 社会(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"同署によると、男はレジにいた男性店員(26)に刃渡り約20センチの刃物を突きつけて3台のレジを開けさせ、現金計約10万円やレジの横にあったたばこ10箱を奪い、走って逃げた。身長約170センチ。黒の上下に黒の帽子をかぶり、黒のタオルで顔を隠していたという。"
元記事:そこまでして…ATMよじ登り、たばこ盗む 高校生2人逮捕 - MSN産経west(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"コンビニエンスストアでたばこを盗んだとして、兵庫県警甲子園署は30日、西宮市内に住む公立高校1年でいずれも15歳の男子生徒2人を窃盗容疑で逮捕した。2人は容疑を認めているという。"
元記事:神戸新聞|事件・事故|たばこ120箱窃盗容疑で5少年逮捕 高齢店主狙う(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"捜査関係者によると、15〜16歳の高校生と無職少年で、5人は7月24日夜〜25日未明、姫路市内のたばこ店から120箱(5万4千円相当)を盗んだ疑いが持たれている。
 少年らは店主と顔見知りといい、「高齢者一人でやっていると知っていた」「コンビニでは年齢を聞かれて買いづらかったから」などと供述しており、同署は、盗んだたばこの処分先についても調べる。"

posted by 美人薄煙 at 22:56 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の不自然な火傷や不自然な事故等の近くにはタバコ

タバコはストレスの原因となり冷静さを失わせるため、暴力や虐待を誘発する一つの原因となる。

冷静さを失わせるため、虐待の手段として跡の残るタバコの火の押しつけは非常によく見られる。また犯罪においても犯行現場にタバコの吸い殻を残すなどの例が見られる。いつものポイ捨ての癖が出たのだろう。

物理的な手段で殺害や暴力を振るうのとは全く別に、厚生労働省によれば、受動喫煙が乳幼児死亡率を4.7倍に増大させる。

比喩ではなく実際に子供を殺すタバコ、結婚や出産や子育てを少しでも考えている人は、タバコに手を出さないよう心がけるべきである。

元記事:肺炎の長女放置し死亡 両親が起訴内容認める 岡山地裁 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"岡山市で昨年8月、肺炎の1歳6カ月の長女の看病をせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父親で無職の小椋卓哉被告(21)=真庭市、母親で無職の明寿花被告(23)=鳥取県倉吉市=の裁判員裁判の初公判(田尻克已裁判長)が24日、岡山地裁であり、いずれも起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「両被告は長女の体調不良に気付きながら、たばこの吸い殻や食べかすが散乱する自宅に放置した。親としての自覚に欠けた無責任極まりない犯行」と述べた。"
元記事:FNNニュース: 児童相談所の「一時保...(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"一方、児童相談所は、武君を一時保護したあとに、実態調査を開始。
すると、ベッドから落ちてけがをしていたことや、たばこを誤飲していたことが発覚したため、継続して保護する必要があると判断。武君を乳児院に入れるよう、家庭裁判所に申し立てた。
虐待から子どもを守るための手段なのか、それとも、「行き過ぎた」保護なのか。
そして、2012年1月、東京家庭裁判所は「虐待とまでは言えない」と、児童相談所の申し立てを退け、その後、東京高裁も判断を変えなかった。"

posted by 美人薄煙 at 22:54 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯罪の近くにはタバコ

大阪のいじめ自殺事件の加害側にとっては、タバコは日用品なのだろう。ゲームで賭けた金なら咎められるが、タバコなら咎められないと判断するほど、タバコが身近だったのだろう。滋賀のいじめ自殺事件の加害者も、やはり喫煙習慣があったようだ。

まだ、タバコですか?によれば粗暴犯で喫煙者は約2倍。喫煙者ほど感情的になって犯罪を犯す事が明確となっている。

タバコによって与えられる日々のストレスや神経に作用する効果によって、精神的に不安定になり、暴力的になり、感情的になり…etc、踏んだり蹴ったりだ。ところが喫煙者らが信じるのはタバコで落ち着ける、いう迷信。

その迷信のおかげか、犯行現場での喫煙や吸い殻を残すという間の抜けた証拠を作る事もある。警察も重要な物証としてあてにしてる節がある。犯罪統計データに、喫煙率なども集計すると大変なデータが出てくるのではないだろうか。

またタバコ擁護に熱心な、喫煙者の中でも下の下のタイプともなると、自信が感情的なので、「タバコに害があるから規制を求める当たり前の要望」を、ただの感情の産物だと主張する。自分自身だけが基準や尺度になるのだろう。膨大な科学的証拠を理解する知性は、ニコチンに依存する感情の前に消し飛んでいるのだろう。

元記事:高校生自殺「ひったくり強要されていた」と友人 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"要求は約70万円に上り、「ひったくりをしてでも金を取ってこい」と言われ、「女性のかばんをひったくったが、ミカンしか入っていなかった」と話していたこともあったという。

 友人は、同署が昨年、捜査を始めた際、高校生から「警察にしょうもないことを話すな。ゲームで賭けたのも金ではなく、たばこと言え」と命じられ、事情聴取でもうそを言った。その後、同署は「証拠不十分」として捜査を打ち切った。"

元記事:吸い殻捏造の元警部ら2人に有罪/社会/デイリースポーツ online(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
" 大阪府警福島署の刑事課長時に、強盗強姦事件の証拠品のたばこの吸い殻を捏造したとして、証拠隠滅罪に問われた元警部前渕敏治被告(55)=依願退職=に大阪地裁は25日、懲役4月、執行猶予2年(求刑懲役4月)の判決を言い渡した。"

元記事:下関の女児殺害:あす判決 大きな争点はDNA鑑定 /山口− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"下関市で10年11月、元交際相手の次女・松原莉音(りお)ちゃん(当時6歳)を殺したとして、殺人など4つの罪に問われている同市向洋町3、会社員、湖山忠志被告(28)の裁判員裁判は25日、山口地裁(長倉哲夫裁判長)で判決が言い渡される。

被告とDNA型が完全に一致したのはたばこの吸い殻だけ。玩具▽上着▽敷布団カバーについては、いずれも複数の人物のDNA型が混在していた。

 これらの証拠品は被害者方や遺体のそばにあったため、検察側は採取された中に被告のDNA型があるかどうかが、湖山被告の犯人性を示すポイントと位置づける。"

posted by 美人薄煙 at 22:54 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JTと共同プロジェクトを行ったダイキンですら「タバコはイメージが悪い」

JTの掲げる、世界的に見てもありえない「分煙」、それに向けて空気清浄機など製品を出したダイキンだが、そのダイキンですらタバコに対して持つイメージは最低である。

商業戦略として乗ったにしても、現実的にはろくでもないイメージを持っている。それがタバコの世間一般的な評価である。

そもそもタバコは他の殆ど全ての人間・産業・環境に損害を与えてタバコ産業とその関連だけ儲ける、いわばマイナス成長を促進する経済要因。空気清浄機での収益より、ダイキンがタバコ関連によって被った労働損失などの方が大きいのは明白である。

真面目で勤勉なイメージの強い日本人も、タバコによって勤勉さや正確性などを損なってしまっている。なお、非喫煙者との比較でどのくらいの労働損失が生じるかは、喫煙は年130時間のムダ! 「健康と生産性」の関係タバコの経済学(タバコの経済損失)によると、以下の通り。
lose-working.jpg

元記事:【スマートみらい市12】ダイキン、ソーラーぴちょんくん号を展示 | レスポンス (スポーツ/エンタメ、イベントのニュース)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"「街中を走っていると、恥ずかしいぐらいウケがよく、特に子どもには喜ばれています。実はこの車に乗っているときに絶対してはいけないことがあります。それはたばこを吸うことです」と同社関係者。クリーンなイメージを売っているので、たばこはもってのほかだというわけだ。"

posted by 美人薄煙 at 22:54 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

ご意見・情報提供・質問・連絡用

(ご意見は同意でも反論でも自由にどうぞ。)

情報提供の書き込みは一定のソースを明記した上でお願いします。非公開の情報提供は「非公開希望」などと記載して頂ければ、コメントの反映を行いません。

質問も自由どうぞ。他の人の質問に勝手に答えてくれても構いません。長くやっていれば質問など今後は蓄積していくと思いますので、質問する前は過去の質問などチェックしてみましょう。あまりにも程度が低い場合などは質問に答えません。→利根川

他の人に見られたくない質問のやりとりを行う場合は「メール対応希望 非公開希望 (メールアドレス)」など明記して下さい。

自称非喫煙者とか嫌煙者とか名乗る必要はありません、書き込みの中身を見ればわかります。(タバコ産業ではネット工作する際に嫌煙のふりをしろ、と手ほどきがあるようですが。)

当方は、禁煙に有効な情報を発信する事を自らの役割と考えています。そのため、タバコ業者・関係者・タバコ信者の仕掛けてくる下らない問答や時間の無駄に対して時間を割く事はありません。返答が無いから勝利宣言などがやりたければ勝手にやって下さいとしか言いようが無いです。
posted by 美人薄煙 at 10:52 | Comment(3) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

タバコに夢中で交通事故や暴行、タバコ産業関係者はしつこく「車が悪い酒が悪い」といつもの御用念仏

よくタバコ産業側の人間は、タバコに関連する事件が起きると、無理矢理話をねじ曲げては「車が悪い、酒が悪い」と煙幕を張るKYな発想を展開する。

だが実態は、車で事故を起こすのもタバコが深く関わっている。まだ、タバコですか?によれば、イタリアでの交通事故の統計では15%もの割合で、タバコに火をつけたり灰が気になるなどが原因で不注意になり、タバコに直接由来する交通事故が起きていた。

これが間接的な原因、つまり喫煙者にしか現れないニコチン切れのイライラやストレスや注意力散漫となると、調査が出来ない。それらの数値は不明だが、タバコがかなりの交通事故に影響を与えているのも間違いが無い。なお日本では何故かタバコによる事故は他の数値に紛れ込ませているため、統計的な数字は出せない。

また喫煙者はアルコール類が好きな事が多く、酒を飲んで運転や暴行を行うのも喫煙者だったりする。韓国の事件のように。

元記事:“タバコに火付けていて追突” NHKニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"神奈川県海老名市の国道で起きた乗用車やトラックなど6台の追突事故は、乗用車3台が炎上して1人が死亡しました。
警察は追突した乗用車を運転していた神奈川県厚木市の会社員、海藤剛容疑者(35)を自動車運転過失傷害の疑いでその場で逮捕しました。
現場は片側2車線の長い下り坂で、警察の調べに対し海藤容疑者は「タバコに火をつけていたところ前の車にぶつかってしまった」と供述しているということです。
また酒を飲んでいたとも話し、息から基準を超えるアルコールが検出されたということです。"
元記事:「たばこ吸う権利ある」 飲食店で暴行の男に懲役7月 Chosun Online | 朝鮮日報(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
" ソウル北部地裁刑事9部(キム・ギョンヒ裁判官)は27日、常習的に無銭飲食を繰り返したり、乱暴を働いたりして飲食店の営業を妨害し、さらに警察官に対し暴力を振るったとして起訴されたY被告(48)に対し、懲役7月の判決を言い渡した。

 判決文によると、Y被告は先月15日午前3時ごろ、ソウル市東大門区長安洞の飲食店でたばこを吸おうとしたところ、従業員が「店内ではたばこを吸ってはいけない」と止めたため「李明博(イ・ミョンバク)政権は何でこうも強圧的なのか。われわれもたばこを吸う権利がある」と言い放ち、周りの客に悪口を浴びせたり、焼酎の瓶を投げたりするなど、1時間にわたって騒ぎを起こした。

 その後、Y被告は店主の通報を受け出動した東大門警察署のC巡警(日本の巡査に相当)に対し「おまわりの××が何でここへ来た」と言って頬をたたき「こんな××がふざけている。南山に連れて行って殺してやる」と暴言を浴びせた。なお、Y被告は昨年10月にも、長安洞の飲食店で酒に酔って乱暴を働いたことがある。"

posted by 美人薄煙 at 20:31 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶番 喫煙スペースを開設 新世界でセレモニー

昔一度、普通の昼の観光で行った事があるが、大阪の中でもかなり独特な新世界。良くも悪くも昭和の猥雑間が今でも同じように残ってるだろう。ここで喫煙マナーなどの意識を期待するのは非常に困難である。

大阪市環境局といえば、問題職員・入れ墨でお馴染み。「大阪市 環境局 不祥事」などで検索すれば大阪市でも不正やモラルハザードを象徴するかのような事件が出てくる。

要請を受けて喫煙所を作った形を取っているが、JTも子会社JTIが議員を饗応しタバコ規制に反対してもらうよう裏で動いていた事件などがある。日本は先進国でありながら、動かすのはちょろい。喫煙スペースが出来た事でJTにマーダーライセンスを与えたようなもの。セレモニー、つまり喫煙所の設置(=JT広告入りの灰皿設置)という形のデモンストレーション、宣伝、…茶番である。

元記事:喫煙スペースを開設 新世界でセレモニー 大阪 - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"通天閣周辺の歩きたばこやポイ捨てに悩まされていた地元商店主らが、市に喫煙スペースの設置を要望。事情を知ったJTが、オリジナル灰皿を寄付するなどして実現した。喫煙スペースは新世界で初めて。

 セレモニーでは、市の玉井得雄環境局長がJT大阪支店の前田四郎治支店長に感謝状を手渡し、「喫煙スペースができたことで喫煙者と非喫煙者が共存できるようになる」と述べた。"

posted by 美人薄煙 at 20:30 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。