2012年11月24日

タバコが欲しくて人を襲うのは、馬鹿だけではなかった

人間も動物もニコチンによって強い依存に陥る。依存に陥ると、早い話が馬鹿みたいになる。過去にもニュースで、サルや犬や猫や亀や蛇がニコチン依存になったものがあったが、今回は鹿である。

馬鹿がタバコ欲しさに人を襲い、強盗や泥棒を働く事件は珍しくも無いが、鹿もその虜になるのがタバコの恐ろしさである。

依存症になる前ならば、人も動物も有害で悪臭なタバコの煙を嫌がる。ところが依存症になると生物の種族を問わずこの危険なタバコに自ら近づきリスク計算も出来なくなる有様である。

昆虫は生物的にニコチンによる殺虫効果で近づきがたいが、例外的に平気なタバコを食べるタバコガやタバコシバンムシなどと、ニコチンを分解できるゴキブリがいる。

元記事:米国で野生のシカがたばこ欲しさに男性を襲う?: The Voice of Russia(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"2人は道路に駐車していたピックアップに飛び乗り、攻撃をかわそうとしたが、シカは攻撃をやめようとしなかったため、さらに後部座席へ入り込んだ。ところがシカは前足で車内に入り、そこにあったロウスさんのたばこをひっつかんだ。シカは最初はたばこを噛んでいたが、ロウスさんがタバコを奪おうとすると一層攻撃性を増し、怒りをあらわにした。"
posted by 美人薄煙 at 13:50 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者(無職)が喫煙者(野田)の退陣を要求

もはやタバコと酒に逃げるしか能のない事を露呈した野田首相に、信金に立てこもって退陣を要求するのが喫煙者という面白い図式。泥棒も強盗も立てこもりも、タバコをよこせと言う。

この事件の犯人は、無職で喫煙者である事以外は何者なのかわからないが、野田の退陣要求をするあたり、おおかた愛国などとネットで言いつつも自身では国や地域に何も貢献してこなかったタイプではないだろうか。喫煙者はしばしば、有名人などに喫煙者がいると自己投影して、有名人と共通点があるから俺も有名人同様に何か偉い、と勘違いした発言をする事があるが、その手のタイプだったりしないだろうか。

なんともお寒い事件であったが、時期的にも冷え込むこの時期は、喫煙者は一般人より風邪などに注意が必要である。

喫煙によって免疫低下や乾燥が起こり、風邪などの罹患率は跳ね上がる。当然、悪化しやすくなる。せめて風邪の間だけでも吸わなければ…と常人は思うところだが。(メンソール系タバコなどは巧妙に出来ており風邪の時でも吸いやすいそうだ。)

また喫煙者は「タバコが身体に悪い事くらい知っている」と言いながらも、「風邪の時にタバコを吸うのって何か悪い事でもあるの?」と言うケースもあり、物事の認知に問題があるケースも見られる。風邪を引いて喉が痛い咳が出て辛いと言いながら喫煙する、矛盾した哀れな喫煙者を多数見るが、タバコ産業によるマーケティングや布教は実に巧みなものだ、と常々思い知らされる。

元記事:信金立てこもり:捜査員が突入、男を逮捕 人質4人は無事− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"県警は長久保容疑者の要求に応じ、拡声機、たばこ3箱、簡易ライター、弁当6人分を支店裏口に置く方法で渡し、23日未明には「投光器で照らせ」という要求通り、正面玄関付近に投光器を設置した。"
元記事:【スクープ最前線】野田酒浸り まぶた腫れ、目も充血…財務省もあきれ果て - 政治・社会 - ZAKZAK(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"以下、官邸筋の話である。

 「野田首相の酒量が1、2カ月前から、ストレスで極端に増えている。一時、控えていたタバコの量も格段に増えた。そのせいで、『目が痛い』『のどが痛い』とこぼしている」"
posted by 美人薄煙 at 13:48 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

星野リゾートの採用方針は適切だが、スポンサーと私欲のために蠢くいつもの面々

経営者が採算や効率を求めるのは当たり前である。

喫煙しなければ仕事が出来ない…そのような社員は本来なら必要無い。とはいえ、かつて男性の喫煙率が80%という時代があった名残は根強い。

喫煙は社員の能力を低下させ、その姿は地域住民などから見てもイメージ悪化に繋がり、空気や環境を汚染する。周囲に撒き散らす悪臭は同僚や客を不快にさせる。これを、やれコミュニケーションだ、休憩が必要だ、と言い訳をひたすら作る。(以前グズの人にはわけがあるという本をめくってみたが、喫煙者の例も書かれていたのは当然で、グズはとにかく改善しない言い訳をひたすら並べる特徴が見られた。)

お茶や軽いストレッチやスポーツなど、いくらでも休憩や発散のやり方はあるが、喫煙者には他の何よりもタバコが必要らしく、他の選択肢はなかなか取れない。迷惑がられ、荷物に思われ、低く見られても自業自得である。

そして経営・採用側が、わざわざ迷惑でイメージの悪い使い勝手の悪い社員を採用する義務は無い。

そもそも2011年の新卒の喫煙率は1割程度。採用される側にとって、「喫煙者は採用しません」というルールは殆どが関係無い。焦点となる新卒にとって殆ど何ら問題が無いのである。

例によって騒いでるのはタバコ産業側と、そこから出る金でモノを書く御用記者らと、立場のおぼつかない喫煙者くらいである。少しでもタバコに批判的であると、タバコ産業御用達のお決まりのやり口「ヒトラーになぞら」えるやり方も、「ペンは剣より強し」に乗じた弾圧である。こういったタバコ産業のやり方こそが、現代版タバコファシズムである。

元記事:星野リゾート 「喫煙者は採用しない!」は正論か ゲンダイネット(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
posted by 美人薄煙 at 17:55 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JT、エジプトの水タバコメーカー買収 世界中で訴訟リスクを増やす、拡大路線しか戦略にない?

元タバコ会社社員Rモレーリ「タバコ産業は自らが作り上げてきた巨大な怪物に餌を与え続ける方法を探さねばならない。もはや発展途上国でタバコの販売量を増やすしか道は無いのだ」1991年

タバコ産業という業態は、ただひたすら拡大し金を儲ける事に終始するマシーンである。その先には理想というものが無い。例えば通常の産業ならば、人々の生活をより便利にする、快適にする、安全にする、利用者の生活水準が向上する、といった社会全体の繁栄が伴う。

タバコ産業が発展しても、社会には悪影響しか起きず、タバコ産業の関係者しか儲からない。むしろ顧客の生活水準は低下する。ただ社会悪との批判を逃れ宣伝に利用するため、いくらか寄付行為や慈善・偽善行為を行う。これはパチンコ産業など、罪のある産業にも共通する。

それだけでも社会悪だが、加えて海外で健康問題の訴訟が活発化し、先進国になるほどそのリスクが高まる。またタバコ産業は密輸が常態化し(今のところは密輸の罰金や社会制裁より、密輸の収益の方が大きいため)ているため、健康問題以外のリスクも抱えている。

今、目先の売上高を求めてJTが積極的に海外買収案件に力を入れてるが、これが数年、数十年後には訴訟リスク・経営危機に転換される。そしてこのJTという巨大企業が莫大な賠償金を支払い経営が困難になれば、当然ベタベタの癒着関係にある日本政府は税金から支援する。そもそも財務大臣が50%も保有する筆頭株主、実質のオーナーと見なされれば日本政府自体が訴訟の対象にされる可能性すらある。(報道は経済面のみ扱っているが、本来ならメディアは社会問題についても併記しておくのが、社会の公器としての勤めだろう。)

よくネットで愛国と言う人がいるが、その中で頭の悪い連中は多くが愛煙=愛国などと言っている。タバコがもたらす社会への害悪や国際的な恥について、何ら認識できない。

このように、喫煙者によく生じるのが認知の不協和というのは例としてあがりやすい。

喫煙者はそうでない人に比べると、肺癌やCOPDなどタバコ病にかかりやすく、認知症にもなりやすく、知能が低い人ほど高いと信じる傾向があり、見た目に無頓着で、悪臭がしやすく、臭いに気づきにくく、攻撃的で、犯罪への敷居が低い。以上のような差が見られる。

統計的な事実や生物学的な事実に過ぎないが、こういった話をすれば喫煙者(特に下の下に分類されるような)は切れやすい。冷静に事実を見る事が出来ないからである。単純にこれを男性に差し替えるとどうか。

男性はそうでない人に比べると、肺癌やCOPDなどタバコ病にかかりやすく*1、認知症にもなりやすく*2、知能が低い人ほど高いと信じる傾向があり*3、見た目に無頓着で、悪臭がしやすく、臭いに気づきにくく、攻撃的で、犯罪への敷居が低い。以上のような差が見られる。

全てについて細かい解説はしないが、これも単純な統計的事実や生物学的な事実である。

普通の男性はこれでブチ切れる事はまず無いだろう。これで男性差別だとブチ切れるのは、よほどプライドが高いか、ストレスをためてるか、イライラしやすい性格か、ネットによくいる女性に相手にされない気持ち悪い人くらいだろう。特にそういった傾向の強い喫煙者は、ネットで数多あるタバコの問題を扱う場に多く荒らしに来るようだが。

このように物事を冷静に認識できないタイプの喫煙者は、単純な事実や統計や社会通念を頭の中で書き換えて攻撃的に噛みつき、時には非喫煙者を名乗りタバコ産業の都合の良いロボットのように動く。非喫煙者から見れば喫煙者なのはほぼ確実とわかるが、当人にはわからないのだろう。そもそも非喫煙者や社会に噛みついたところで上記の傾向は改善されない。タバコ会社に噛みつくのが筋である。

*1 女性は喫煙率が低いため患者数が少ない。ただし同じ量の喫煙をした場合は男性よりかかりやすい。

*2 数だけなら女性の方が患者数が多い。高齢者は男女比率が約2:3と女性の方が長生きするため。ただし女性の方が生存期間は長く、また高齢であるほど男女差は減る。BMJ 2008;336:258

*3 male hubris, female humility effect
心理学用語、男性はより自己を過大に評価し、女性は自己を過小に評価する傾向のこと。また特に知能が低いほど自身を過大評価する傾向がある。とりわけネットの匿名やタバコ産業に関わりのある文化人の談話や創作の中では、現実で見た事が無いほど、「他の喫煙者に迷惑してるくらいマナーの良い喫煙者」や、「仕事が凄く出来てその傍らには必ず仕事の出来ない非喫煙者が居ていつも困ってる喫煙者」が腐るほど大量に居る。が喫煙者の自称のみ。

元記事:JT、エジプトの水タバコメーカー買収 海外の販売網活用へ - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"日本たばこ産業(JT)は16日、エジプトの水たばこ製造販売大手「Nakhla(ナハラ)」を買収すると発表した。

エジプトのたばこ市場は、紙巻きたばこが約750億本。水たばこが約280億本で、このうち約20%をナハラが占める。JTは買収により、ナハラの持つ水たばこの技術や販売網を利用し、海外での販売拡大を加速させる。"
posted by 美人薄煙 at 17:54 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

無職喫煙者、金が無いのにタバコを吸って、喫煙所で金にありつける話(犯罪)に飛びつき逮捕

喫煙所で犯罪の勧誘は、犯罪者側にとっては良い囲いの場だろう。時間にも仕事にも金にも困ってるのに、毎日タバコ代だけは捻出している連中である。この容疑者は自称無職とのことだが、喫煙所を見ればスーツ以外の小汚い格好でたむろしてる連中は少なくないので、犯罪のリクルートもしやすいだろう。

周りの迷惑を考えずにタバコを吸って金を浪費する彼らは、容易に犯罪に手を染めてでも金(タバコ代)を稼ぐ「立派な口実と大義名分を持っている」つもりでいる者もいる。

あちこちに喫煙所を作るJTももしかしたら、犯罪者が寄り添って世の中を見出してくれた方が、喫煙率を維持しやすいと考えてるのかもしれない。不況などにおいても喫煙率はあまり低下しないか、ストレスが強まるほど喫煙本数が増えるので、世の中が悪い流れに乗った方がタバコ産業に取って都合が良いとも言える。

タバコはコミュニケーションなどという古臭い考えもあるが、これは喫煙率が低下した現在において、喫煙者だけが集まってコソコソと話をしている姿はむしろ不信感が強く、組織間ではコミュニケーションの逆効果を招く。特に喫煙者ほど仕事をさぼり能率が悪いが、そのような偏った連中がたむろしているのは、やはり良い環境とは言えない。仕事意識も低いので、何気なく会議の重要課題などを喫煙所で話し、第三者に情報漏洩してしまうリスクが高まる。今や自社ビル一棟に集まる、という会社は少ない。他社が必ず居る複合ビルが殆どである。また噂話や陰口をたたいたり仕事中にこいつらは一体何をやってるのだ、というレベルの低いタバコミュニケーションもある。

喫煙率の高い業界の社長などの中には、タバコ喫煙所はコミュニケーションだと未だに言っているケースもある。犯罪勧誘に限らず、情報漏洩リスクなどを考えられないようでは、大きなしっぺ返しを受ける可能性も高い。


元記事:「喫煙所で勧誘された」振り込め“受け子”を逮捕(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"嘘の電話をかけて、金をだまし取ろうとしたとして男が逮捕されました。「喫煙所で、見知らぬ男から『書類を受け取る仕事がある』と誘われた」と供述しています。

 田中孝容疑者(34)"
posted by 美人薄煙 at 01:48 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコについて最も詳しく無いのは喫煙者とも言える

タバコの正体とは何なのか、タバコ産業は一体何を行ってきたか、これを知る事は、喫煙者の平均より高めの社会性を持つ人(例えば喫煙者を上中下でわければ、上にあたる喫煙者)が喫煙者である事を辞めるにあたり、有効な効果がある。

吸いたくない、禁煙したい、なのに吸ってしまうメカニズム。意志が弱いのではなく、ニコチンの想像を上回る依存性によるものである。タバコが麻薬として規制されていない一方で、その作用は殆ど麻薬同然である。特にニコチンの依存性については、ヘロイン以上とアメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)で評価されている。nida.jpg
つまり、禁煙に失敗しても無闇に自分を責める必要は無い。何度でも禁煙すればいいし、禁煙のやり方も毎回変えて、今回はどこまで成功するかを楽しむくらい気軽にやった方が良い。

また、タバコが体に悪いなんて知ってるよ、と言う喫煙者は多いが、本当のところを詳しく知らない事が殆どである。本当の事を大変恐れているからである。そしてタバコ産業の犯罪については更に知らない。知れば、これほど酷い産業に金を落とすのは沽券に関わる、と奮起する気力も沸くだろう。

元記事:たばこの害 理解深めよう 医療関係者らが研究会 - 山梨日日新聞 みるじゃん(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"松尾代表は「たばこを吸っている人もニコチンの依存症のためにたばこを吸わされている状態で、いわば“被害者”と言える。たばこの害を多くの人に知ってもらい、自分の健康を自分で守る社会につなげたい」と話している。"
posted by 美人薄煙 at 01:48 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育が肝心、日本では中高生の喫煙率低下だが、韓国では6年で1.5倍に増加

日本では幸いにも、未成年の喫煙率が低下している。隣の韓国では増加傾向が顕著に見られるようだ。

未成年の喫煙は周囲の喫煙などが影響するが、やはり教育が重要である。徹底した反日教育にうつつを抜かし、国内経済を一部虚業化させた韓国では、未来を担う子供世代の事を本気で考える人たちが足りないのだろう。

元記事:Chosun Online | 朝鮮日報(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"成人喫煙人口は減少が続いているが、中高生の間では逆にヘビースモーカーが増えている。満19歳以上の韓国成人男性の喫煙率は2005年の51.6%から10年は48.3%と減少した。だが、中高生の喫煙率は10人に1人という割合のままで、毎日たばこを吸う中高生は増加していることが分かった。

「青少年期は社会心理学的に学習など模倣心理が強く、親をはじめ身近な大人や有名人の行動をまねするのが特徴だ。脳が発達する青少年期にたばこを吸うと、ニコチン依存症の深刻度が増し、アルコールやギャンブルなどほかの依存症にも陥りやすい」"
タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 01:47 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

知名度が低いのに致命的な、苦しいタバコ病COPD

このCOPD、患者の殆どは喫煙者である。タバコといえば肺癌が有名だが、その影に隠れた非常に致命的な病気がCOPDである。

喫煙者もいい年になってくると、頻繁に風邪のようで風邪ではない咳をする事が多い。見ていると非常に苦しそうである。ここで禁煙すればそれ以上の苦しみを味わう事が無いのだが、ニコチンの強力な依存性によって、ズルズルと吸い続け、その果てに生きる事さえ苦痛な状態に陥る。

また酸素ボンベ生活になるが、その最中にタバコを吸って事故を起こす例は多い。酸素療法による火災の半数以上は喫煙に起因すると、厚生労働省は2010年に発表している。酸素を使ってる時に火を扱うのが、どれほど危険か考えるより先にタバコに手が出る始末。この愚行は依存性に加えて、タバコによって認知症の進行が促進されるためではないだろうか。

中には石油をかぶって自殺しようとして、自殺を思いとどまったのにうっかりタバコに火をつけて丸焼けになった喫煙者もいる。日本国内でも、海外でも見られる事例だ。上の記事でも国や地域を問わず認知症の多さや進行に関連が見られるが、バカげた事故まで国を問わないものである。

元記事:時事ドットコム:風邪じゃなくてCOPD?=慢性肺疾患、まず受診を−医師会など(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"喫煙などがきっかけで風邪のようなせきやたんが長引き、息切れがする「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」について、日本医師会や日本呼吸器学会などは30日、製薬会社と協力して認知度を高めるプロジェクトを始めると発表した。"
posted by 美人薄煙 at 21:21 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事相手としてお断りしたい人、一位は口臭・体臭がきつい人(タバコ)

普通の人は朝シャワーを浴びて朝食後に歯を磨いて出社するので、基本的には臭く無い。昼食後歯を磨かない人でなければ、昼食後もそう臭く無い。(年齢によっては加齢臭がする人もいるが、加齢臭の原因であるノネナールを多く分泌させる要因の一つはタバコ。)

タバコを吸って出社する人は朝から臭い。タバコ+朝コーヒーの人は最初から酷い悪臭である。昔のゲームで一度クリアすると「強くてニューゲーム」というモードが出てきたが、朝からコーヒーとタバコを組み合わせてくる喫煙者は「臭くてモーニング」というモードだろう。未だに勤務時間中に喫煙可の会社なら、頻繁に出入りしては悪臭を身にまとってオフィスに戻ってくる。昼食後は食べ物とコーヒーを混ぜた悪臭が更に悪化する。喫煙者でも歯磨きをする人は多少いると思うが、個人的にはまだ昼食後に歯を磨く喫煙者は今まで一人しか見た事が無いし、逆に他の普通の喫煙者たちが、昼食後に歯を磨くという話題に対して「何故いちいち歯を磨くの?」という返事をしたり、感覚がかなり違う場面で面食らう事がある。

喫煙者でなくとも昼食後臭くなる事も十分考えられる、というのに、喫煙者は磨く意味がわからないと首を傾げる。

喜んで一緒に仕事をしたいとは、感覚が鈍い人を除けば基本的にいないだろう。少数ながらも居る、喫煙者だけど優秀な人なら臭くても例外になるかもしれないが、それなら臭く無い優秀な人と一緒に仕事をしたい。当たり前だ。もっともそれを自由に選べる人や空気や社風は、なかなか日本ではお目にかかれない。

おまけだが、男性が思う「デート後一切連絡したくない!」と男が思う女の特徴とは?でも、当然タバコが挙がる。

何故タバコ・喫煙者は臭いのか、理由は注目記事のタバコは何故臭いのか? タバコ産業も喫煙者も認める嫌な臭いで解説しているので参照を。

元記事:【男性編】「こんな人はお断り!」と思う仕事相手の身だしなみランキング | ライフ | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"Q.「こんな人はお断り!」と思う仕事相手の身だしなみを教えてください(複数回答)
1位 口臭・体臭がきつい 42.8%
2位 香水がきつい 20.6%
3位 TPOにふさわしくない服装 18.2%
4位 スーツのシワ・汚れが目立つ 15.7%
5位 無精ヒゲ 14.7%

■口臭・体臭がきつい
・「話していても苦痛なだけだから。ニオイは防げることなのにしないということは、なんでもかんでも面倒なのかなと思う」(28歳/運輸・倉庫/技術職)
・「見た目は見なければなんとかなるが、ニオイは関係なく入ってくる」(39歳/その他)
・「タバコのニオイが嫌いだから。他社を訪問した際、相手の人がとてもタバコ臭かった」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性428名
調査方法:インターネットログイン式アンケート
"
posted by 美人薄煙 at 21:21 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

JT子会社の行う大きな密輸には黙るけど、JTの利益を損なう密輸には黙らない

こういった事件が起これば、必ず値上げは密輸を招くという話が出てくる。本当の大規模な密輸はタバコ産業が密輸を主導しているにも関わらず、テンプレのように値上げは密輸を招く、などと言っている。「わかってるのに」言ってる連中=タバコ産業関係者である。愚か者は表面的な事しか見えないし、都合の悪い事実や数字は見えなくなるので「わからずに」言い出す。

上の注目記事の密輸記事、あわせて下記の記事も参照。
JT international(JTI) による密輸事件:OCCRP (組織犯罪汚職摘発プロジェクト)が11月4日に明らかにし、ロイター通信も11月4日に報道
JTインターナショナル(JTI)のオリンパス型スキャンダル:英文ビジネス月刊誌 『J@pan Inc(ジャパンインク)』
JTIがシリアの独裁支配者にタバコを出荷。「アサドのテロ行為への資金供給」を行った疑い:オブザーバー紙

JTは違法な販売に対して極めて協力的である。海外の事例に限らず、例えば国内では2003年名古屋での事件。タバコ小売店ティーエム商事は、自販機1台で申請し営業許可を取得したが違法販売を行っていた。自販機一台だけであるにも関わらず、毎月3000万円もJTからタバコを仕入れ、暴力団(弘道会系)への利益供与を行った。なんとこの不自然な仕入れに対し、JTは違法販売をしている事を認識しながら売り続け、反社会的勢力への利益を支えた。JTはタバコの違法販売をする事を知っていながら何も対処せず、毎月約3000万円ずつ出荷、年約3億円にのぼるタバコの仕入れに応じていた事が中日新聞社の調べでわかった。

この事実からは、売れればどれだけ違法で反社会的な活動をされても、知った事ではないという態度が読み取れる。JTの数多くの前例を見れば、ヤクザに荷担して利益を得ていても何ら不思議では無い。少なくともJTIの行為は、マフィアやテロの支援として報道されている。

元記事:たばこ事業法違反:韓国用たばこを西成で販売容疑 2人を書類送検 /大阪− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"日本たばこ産業(JT)が韓国国内で販売する目的で製造したたばこを、大阪市西成区の路上で販売したとして、西成署は29日、同区鶴見橋2の露天商の女(61)=韓国籍=と、同区萩之茶屋3の男(79)をたばこ事業法違反(無許可販売)容疑で大阪地検に書類送検したと発表した。"
posted by 美人薄煙 at 19:48 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙に成功すれば、タバコの真実が見えてくる

禁煙を成功させれば、それまでタバコに価値観や行動などを支配されていた事が嘘みたいな、晴れやかな気分になるらしい。

ところがこのように感じたままの素直な感想を元喫煙者が述べれば、妨害が入る。

まず第一に、タバコ産業関係者の黙っていない。禁煙後は調子が悪いとか太るとか、嘘やイメージをばらまいては禁煙を阻止しようとする(タバコ産業がJTは禁煙の動きを妨害するために社員やタバコ販売店にネット工作を指示した前科がある。→JTに反禁煙“司令塔”「今後も続ける」)。いわゆるステルスマーケティングである。その活動範囲は広く、タバコ産業から資金を受け取った御用学者や御用文化人も含まれる。この連中が、タバコ規制妨害のノウハウや屁理屈を世間にばらまく。発端となるバカを騙すコラムやトリックを用いる。医学や科学や統計を無視する事が多い。

また第二に、喫煙者の仲間意識なども禁煙を阻止する。堕落した仲間がどうしても欲しい喫煙者は、道連れをついついやってしまうようだ。そして第一に挙げたタバコ産業の垂れ流す嘘にも便乗する。ただ子供には大人になっても吸わない方が良いと言える喫煙者も居るので、ここがタバコ産業と比較的良心的な喫煙者の大きな違いだろう。

また第三に、喫煙者に長く苦しく惨めな闘病生活を送って欲しい人。例えば過去に喫煙者による犯罪被害に遭った人や喫煙者にいじめられた人が、加害者に対して刑法による罰だけでなく、出来るだけ苦しく悲惨な人生を送って欲しいがために、禁煙を阻止しようとする事もある。基本的に100%加害者側が悪いし、加害者は殆どが喫煙しているので、その心情を察する事は出来る。これは少し特殊な例で希である。

元記事:にじ:禁煙2年 /愛知− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"しかし、最近では煙が流れてくると気持ちが悪くなり、自然に顔を背けてしまう。どうやら禁煙活動も本物になったようだ。いつも頭から離れなかったたばこという魔物からやっと解放される日が来たのかもしれない。【花井武人】"
posted by 美人薄煙 at 19:48 | Comment(0) | 体験/コラム/他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコでハゲやすくなるのは、ニコチンの作用で血管が収縮し毛髪に栄養が行き渡らず髪の毛が死ぬため

タバコはハゲを促進する。

ニコチンの作用による毛細血管の収縮により、血流不良と体温の低下が起こり、頭皮や毛髪にも栄養が行き渡らなくなる。

タバコの煙には一酸化炭素が多量に含まれ、ヘモグロビンに強力に結合するため、慢性的な酸素不足となる。毛母細胞への打撃となり、充分な毛根の肥育ができなる。

タバコは1本吸うだけで、約25mgのビタミンCを消耗する。体内のビタミンC備蓄は、喫煙者は非喫煙者の半分以下しかない。よって皮膚の真皮層を構成するコラーゲンの生成が妨げられ、頭皮の栄養が必然的に不足する。

内分泌ホルモン系にも影響を及ぼし、副腎皮質ホルモンの合成不足を招くだけでなく、女性ホルモンの減退まで行うため、ハゲやすくなる。

喫煙によるストレス増加も、髪によくないのは当然である。

毛髪関係だけに焦点を当てましたが、悪臭にしても、体全体への悪影響にしても、言うまでもない。また酸素欠乏の判断力低下や、ニコチン中毒によるタバコへの盲信などから、正常な判断能力を失って、頭の栄養も行き渡らなっている事がよくわかる実例は、あちこちで見る事が出来る。実例や統計や傾向といった事実を列記するだけで、これは喫煙者への冒涜だとか切れる人は本当に何が悪いのか判断出来ずに可哀想である。

元記事:湯上がりの水シャワーなど薄毛防止の3原則を南雲医師解説 | ニコニコニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"【質問】
 夫は38才。髪の毛が薄くなってきたことを、とても気にしているようなんです。何か対処法はありますか?(もみじ・35才・主婦)

【南雲先生の回答】
 ハゲの予防のためにはストレス自体を減らすことが大切だけど、もうひとつ。依存しがちな、たばことお酒の量を減らすことも大切。ニコチンやアルコールは精神的ストレスを解消するためといいながら、実は肉体的にかなりのストレスを与えているんだ。"

posted by 美人薄煙 at 19:48 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。