2013年01月10日

師走、忙しい時期でも暇な無職喫煙者がタバコ強盗も走る

先日の記事にある通り、留置所に入る逮捕されるような輩の61%が喫煙者である事がわかっている。この強盗もさっさと逮捕されて貰いたいものである。

それにしても師走の忙しいとわかりきってる時期に、喫煙者が忙しいと言いながら喫煙=仕事をサボって無駄な時間を過ごしたり、寒い寒いと言いながら外の喫煙所に行く姿は、内在する矛盾に気づかない愚かしさと恐ろしさが両立している。正社員でさえこのような行動を取り、明らかにタバコに支配されている。

余談だがある会社では健康診断を受けなければ当人と直属上司の賞与を減額する制度を始める。年に数時間、労働時間を削ってでも健康を求めるご時世である。

ところが喫煙者ときたら、労働時間中に、年間240時間以上もの時間を喫煙に費やす。算出のベースは、勤務時間が起床時間の半分を占めるため、1日の平均喫煙本数20のうち半分の10本喫煙、1本3分で吸う、喫煙所までの往復で3分を使う、年間労働日数240日前後として。残業や有給は計算に入れていない。労働時間中に、薬物(ニコチンの事。薬事法では毒物と規定される規制物質。)摂取による快楽と、明白な不健康を得た上に、悪臭を身にまとって他の社員のモチベーションを下げる。一ヶ月の労働日数を20日、1日8時間労働として160時間。つまり1.5ヶ月もの給料泥棒を行っているのである。タバコを吸って失った労働時間分、残業を行って残業申請をしている場合、最低でも25%(ただし賃金規定により更に割増もありえる)割増で支払われる。その場合は2.25ヶ月分、まるまる給料泥棒を行っている。

例えば生活保護の不正受給と同じで、真面目に働く人や年金を納めてる人が馬鹿を見るやり口が、利益を目的としている集団である企業の中にも当たり前のように蔓延しているのである。給与額だけではない。また節電が叫ばれてる中、エレベーターなどを一日に何度も無駄に使って、喫煙所まで移動する。喫煙所の空気清浄機をフル稼働させる。会社の利益だけを損なってるのではない。

日本は悪い慣習も禁止せず緩くやりすぎるので、効率が悪く、せっかくの日本人的な勤勉さや器用さなどを損なってしまっている。なお、非喫煙者との比較でどのくらいの労働損失が生じるかは、喫煙は年130時間のムダ! 「健康と生産性」の関係タバコの経済学(タバコの経済損失)によると、以下の通り。
lose-working.jpg


一方、タバコ屋のような営業形態だと、一度自販機設置の営業が終わればあとは自販機管理が主な業務で、客かタバコ強盗かタバコ会社が来る時以外は殆ど休憩という楽な仕事。夜中に集金などをすればいいが、これも外注すれば暇になる。他人の足を引っ張るのが仕事であり、人間的に向上する事も無い。またフリーターは時間で金がもらえるので、勤務中にタバコを吸いにいっても楽して金がもらえるという考えがある。有給の事は全然知らない事が多い。これま成長しない。両者共にろくに正社員の事をイメージでしか知らない事が多い。

サボりと言えば、語源となったサボタージュについて、戦時中に作られた米国製のマニュアルがある。スパイ活動で相手国の能率を落とさせるためのマニュアルとなっているのだが、見ると面白い。タバコ産業による物理的な破壊を伴わない「破壊活動」のやり方や方針が、非常にこのマニュアルに合致している。第二次世界大戦中のライフハック「仕事を進まなくさせる8ヵ条」

元記事:強盗:たばこ奪い逃走--丸亀の酒屋 /香川− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"21日午後6時20分ごろ、丸亀市幸町2の酒屋「藤澤酒店」に男が押し入り、店内にいた女性経営者(78)に刃物を突き付け、「金を出せ」と脅した。女性が「金はない」などと答えると、男は店内にあったたばこ数個を奪い逃走した。女性にけがはなかった。"

posted by 美人薄煙 at 19:35 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬に、自宅に放火し焼け出される無職喫煙者

最早何がしたいのかさっぱりわからない喫煙者の行動。ニコチンによるストレスのイライラや、400種類を越える添加物、4000種類を越える化学物質が脳内に狂った作用を及ぼしたのだろうか。

不幸中の幸いは、他人が焼き殺されずに済んだ事と、いずれ無職喫煙者が行き詰まって何かの犯罪で人を傷つける前に逮捕されて、更なる被害が出る前に反省と禁煙の機会が出来た事だろう。

喫煙率の低下によってもっと順位を落としても良さそうなものだが、タバコは火災の主な原因としての地位を確固たるものにしている。タバコは悪い事の順位を手堅く守る事にかけては、天才的とか優等生とか言っても良い。

kasai.gif

4位の放火の疑いについては、放火か何かの原因で自然発火したかわからないようだが、何かの原因=ポイ捨てされたタバコが原因以外には、普通の自然現象で火災がそう多くは起きないであろう事も考慮しておきたい。(要するに放火とタバコが実質のトップ1と2と考えても良い)

1位の放火については、種火としてタバコを利用する事もある。ただしこれは、犯人が喫煙者だから簡単に携帯できる身近なタバコが放火に役立つから使ったというだけなので、あくまでも「放火する」という目的自体を達成するためにタバコが必ず必要というわけではないので、原因をタバコとは言えないので除外しても仕方ない。もっとも、原因に「喫煙者」「タバコ会社」という枠組みを作ればトップだが。

また、世間の喫煙率=20%、逮捕者の喫煙率=61%。一般人の3倍超という、異常な犯罪への親和性を見せる喫煙者。もはや肩身が狭い、風当たりが強い、の言葉では済まされない実態が明らかになっている。(過去記事犯罪予備軍が猛反発、留置所も4月から全面禁煙 留置所に入れられる輩の喫煙率は平均の3倍以上である事も判明より、"全ての留置人約1万1600人の実態を調べたところ61%が喫煙者だった。")

元記事:「イライラ」でたばこの火を布団に…部屋焼失 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"千葉県警柏署は29日、柏市柏、無職高信紫穂容疑者(23)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。

 発表によると、高信容疑者は28日午後3時頃、ワンルームの自宅に火をつけ、床や壁など13・5平方メートルを焼失させた疑い。この火事で、隣の部屋の20歳代の女性が煙を吸うなどして軽傷を負った。

 高信容疑者は調べに対し、「たばこの火を布団に押しつけた。イライラしてやった」などと供述し、容疑を認めているという。"

posted by 美人薄煙 at 19:35 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日新聞販売店で火事、男女3人死傷 配達員用の喫煙所周辺の燃え方が激しい

またタバコと思われる火災で人命が焼き殺された。タバコ産業はこのような欠陥品(皮肉を言えば、合理的な殺人製品としては極めて優秀な製品)について一切の責任を取るつもりが無い。常に喫煙車の自己責任と言い逃れを続けている。

タバコは火災の主な原因としての地位を確固たるものにしている。タバコは悪い事の順位を手堅く守る事にかけては、天才的とか優等生とか言っても良い。

kasai.gif

4位の放火の疑いについては、放火か何かの原因で自然発火したかわからないようだが、何かの原因=ポイ捨てされたタバコが原因以外には、普通の自然現象で火災がそう多くは起きないであろう事も考慮しておきたい。(要するに放火とタバコが実質のトップ1と2と考えても良い)

1位の放火については、種火としてタバコを利用する事もある。ただしこれは、犯人が喫煙者だから簡単に携帯できる身近なタバコが放火に役立つから使ったというだけなので、あくまでも「放火する」という目的自体を達成するためにタバコが必ず必要というわけではないので、原因をタバコとは言えないので除外しても仕方ない。もっとも、原因に「喫煙者」「タバコ会社」という枠組みを作ればトップだが。

また、世間の喫煙率=20%、逮捕者の喫煙率=61%。一般人の3倍超という、異常な犯罪への親和性を見せる喫煙者。もはや肩身が狭い、風当たりが強い、の言葉では済まされない実態が明らかになっている。(過去記事犯罪予備軍が猛反発、留置所も4月から全面禁煙 留置所に入れられる輩の喫煙率は平均の3倍以上である事も判明より、"全ての留置人約1万1600人の実態を調べたところ61%が喫煙者だった。")

元記事:朝日新聞販売店で火事、男女3人死傷 配達員用の喫煙所から出火? - MSN産経ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"1階の販売店にある喫煙所周辺の燃え方が激しいといい、警視庁戸塚署が出火原因を調べている。出火当時、配達員は朝刊の配達のため不在だった。"

posted by 美人薄煙 at 19:35 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共産党議員ですら日の丸を見つめる中、座り込んで喫煙する「愛煙無罪」の喫煙議員

以前から愛国無罪と言って、日本に対して襲撃をする中国人などが話題になったが、共産党議員ですら真面目にやってる式典で座り込んで喫煙。呆れてものも言えない。世の中には愛煙は愛国だと勘違いして日本の恥になってる連中もいるが、そういった連中はどう言うのだろうか。禁煙が間違ってるとか、日の丸を見つめて喫煙するのが愛国者だ、といつもの乱痴気騒ぎを吹聴するのだろうか?

そもそもタバコは国力を疲弊し、遺伝子を傷つけ、国土も国民も弱体化させる収奪ツール。潤うのはタバコ産業と一部の官僚である。

自民は経済政策が優れてる、などと言ってるがタバコ族議員による経済力の衰退が大きい。

例えば喫煙者は、労働時間中に年間240時間以上もの時間を喫煙に費やす。算出のベースは、勤務時間が起床時間の半分を占めるため、1日の平均喫煙本数20のうち半分の10本喫煙、1本3分で吸う、喫煙所までの往復で3分を使う、年間労働日数240日前後として。残業や有給は計算に入れていない。労働時間中に、薬物(ニコチンの事。薬事法では毒物と規定される規制物質。)摂取による快楽と、明白な不健康を得た上に、悪臭を身にまとって他の社員のモチベーションを下げる。一ヶ月の労働日数を20日、1日8時間労働として160時間。つまり1.5ヶ月もの給料泥棒を行っているのである。タバコを吸って失った労働時間分、残業を行って残業申請をしている場合、最低でも25%(ただし賃金規定により更に割増もありえる)割増で支払われる。その場合は2.25ヶ月分、まるまる給料泥棒を行っている。

これでは企業の競争力も衰える。経済も政治も腐敗させるタバコを、愛煙無罪と掲げてる自称愛国者は、愛国を名乗って企業などから購読費をたかる街宣右翼(非日本人が構成員の多くを占める)や、生活保護を受けながら愛国者だから受ける資格があるのだと免罪符を得ようとするクズと、似たり寄ったりにも思える。

元記事:美浜では町議が式典中にたばこ - 日高新報 Web Hidaka(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"たばこを吸ったのは、現在4期目の無所属谷口昇議員(80)。君が代が流れ、共産党議員も含め出席者全員が掲揚ポールの日の丸を見つめるなか、来賓席から離れて芝生に座り込み、たばこに火をつけて吸い始めた。

いまの時代、学校の敷地内禁煙は常識となっているが、記者に対して「わし、毎年吸うてんねで。きょうは(この会場の学校を)町が借りてるさか、学校やない。ほやさか(たばこを吸うのは)ええんや」と涼しい顔。

元教師が学校で、しかも来賓として招かれた式典の最中にたばこを吸うとはあまりに非常識な話。「議員として、支援してくれる人や消防団の人たちに失礼とは思わないか」と問うと、「それはたしかにそうやな。すんまへん。おおきに」と詫びたものの、「年いったら近なってしょうない。いまから放水してくら」と笑いながらトイレへと消えていった。"

posted by 美人薄煙 at 19:34 | Comment(0) | 経済/政治/地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラック横転でタバコ1.2億円分散乱、でも略奪ゼロ?

奇跡的に喫煙者が近くにいなくて、更に善良な人だけだったのだろうか。中国では事故車の積み荷を略奪する自体が横行している。

比較的マナーの良い日本でさえ、喫煙率=20%、逮捕者の喫煙率=61%。一般人の3倍超という、異常な犯罪への親和性を見せる喫煙者。(過去記事犯罪予備軍が猛反発、留置所も4月から全面禁煙 留置所に入れられる輩の喫煙率は平均の3倍以上である事も判明より、"全ての留置人約1万1600人の実態を調べたところ61%が喫煙者だった。")発表が本当なら、奇跡に近い事である。

普通に中国でよくある事例を考えれば、大本営発表の可能性も高いが…。

元記事:特筆「略奪ゼロ」…トラック横転、たばこ1.2億円分散乱=四川 2012/12/31(月) 05:01:33 [サーチナ](記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"四川省瀘州市内の道路で26日午後11時ごろ、トレーラー式のトラックが横転する事故を起こした。トレーラー部分は電柱に激突して2つの部分に折れ、積み荷のたばこが道路に散乱した。同事故を伝えた地元メディアの華西都市報道は「略奪はまったくなかった」と特筆した。積み荷のたばこは900万元(約1億2300万円)相当だったという。"

タグ:海外
posted by 美人薄煙 at 19:34 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。