2011年02月06日

タバコは何故臭いのか? タバコ産業も喫煙者も認める嫌な臭い

タバコと悪臭の、切っても切り離せない関係について。

・タバコにはそもそも、アンモニアスカトールといった強力な悪臭成分が添加されている
・タバコ産業はD-specやPRO-NEXなどと銘打った、タバコの嫌な臭いをマスキングして抑える新技術を2004年に発表した。一部銘柄に使用されてる。すなわちタバコが悪臭である事をタバコ産業自身が認めている事になる。
・喫煙者自身も、よく(他人の)タバコの煙は臭い、不愉快と言う。(Business Media 誠:飲食店でのタバコの煙、“不快”が78.3%――でも我慢によれば約半数の喫煙者が、他人のタバコを不快に思う。)

アンモニアは悪臭で有名ですね、尿の悪臭や理科の実験などで大体の人はご存じです。ニコチンの吸収を増大させるために添加されています。スカトールはほ乳類の糞便から抽出される悪臭成分です。また豚の悪臭源の一つでもあります。当然ながら毒性もあります。

一般的に言われる悪臭の成分・要素が添加されてるので、タバコが悪臭なのは当たり前なのです。これが臭くない、などと言うのは嗅覚の麻痺や異常か、慣れすぎたか、他の臭い成分も混じりすぎたなどで嗅覚が麻痺や劣化してるか、かなり特殊な嗜好や性癖の持ち主、などです(そういう臭いが大好きという嗜好を持つのは自由だと思います。他人に強制しなければ。)。
suka1.jpg
実は喫煙者ほど太りやすく、更に辞める時にも太るダブルパンチが、大変親切に用意されています。タバコ会社はタバコに食欲減退剤を入れたり、モデルに喫煙させて宣伝する事で、ダイエットに効果的と宣伝しています。(これをフォローするタバコ業者と、騙されてる喫煙者の中には、非喫煙者・嫌煙者を豚だの罵倒する連中がいるようですが、実際には豚の悪臭を積極的に体内に取り込んで放っているのは喫煙者でした。)

タバコという製品が放つ悪臭だけでなく、喫煙者の放つ事がある異様な悪臭も問題です。

正確には、ごく短期間の喫煙で喫煙者自身が根本的に臭くなるわけではない。これは吸ったタバコの煙が呼気に含まれるとか、服などに付着してるだけの場合、一般的には喫煙者を臭いと思う人が多いですが、厳密には喫煙者についたタバコの臭いが悪臭というわけです。

しかしそれはあくまでも短期間ならば、の事です。ある程度喫煙を続けると、喫煙者の体臭そのものが悪臭になってる事もあります。

生き物は摂取した成分が体臭などに影響を与えるのです。以前バラの香り成分が入ったガムで体臭がバラの香りに、という商品が話題になったのは記憶に新しいでしょう。

喫煙はモロに悪臭成分を体内に取り込むわけですから、体臭や口臭なども悪臭に近づきます。(年齢や元々の体質の条件で個人差はありますが。)
aza02.jpg
aza01.jpg

例えばタバコの煙は唾液の分泌を衰えさせます。口が乾燥するほど口臭は酷くなり、更に歯周病リスクも数倍に増大します。タバコによって口内の細菌バランスが崩れ、細胞が死滅し、口の中が腐りかけたような状態となってしまっています。実際によく見ると思いますが、中年の喫煙者の歯茎が真っ黒、すきっ歯になってるのは良く見る姿です。この段階ともなると、口臭はタバコの力を借りなくても単独で酷い悪臭になります。しかもこうなってからは手遅れのケースもあり、きちんと歯を磨いたとしてもすぐに悪臭がします(最悪なのは、歯茎などが酷い状態過ぎて、きちんとした歯磨きが出来ない状態になってるケース)。

加えてタバコはご存じの通り健康に悪影響を与え体調を悪化させます。体調が悪化するという事は、正常な体内機能が働かず、何らかの障害が起きやすい状態となります。例えば免疫系や循環器系に差し障れば、体臭への悪影響も十分に影響する事もありますね。これは物理的にも医学的にも別段不思議な出来事ではありません。だから喫煙は体臭の悪化に繋がるのです。


面白いことに、タバコ産業の役員はこのような事を言っています。
"We don’t smoke that shit. We just sell it. We just reserve the right to smoke for the young, the poor, the black and the stupid."
「我々はそんな糞は吸わない。売るだけだ。喫煙する権利なんざ、ガキと貧乏人と黒人とバカにくれてやるよ」
(Tobacco explained、タバコ戦争:タバコ会社のCMに出演の俳優のデーブゲーリッツによる証言 BBC、NHK放送番組より)

タバコ産業の重役は全てを知ってますが、糞便より抽出した悪臭成分を添加させた上に、はっきりとタバコ=糞と言い切るのが凄いですね。

タバコ産業がD-specやPRO-NEXによる、タバコの悪臭マスキング技術を一部銘柄で使っていますが、これは「従来のタバコ製品が臭い」「現時点でも適用されてない銘柄は引き続き悪臭」である事を意味します。

では技術を使った銘柄は臭く無いのかというと、臭い。抑える、などの表現がされている通り、悪臭を消すわけではない。悪臭を香料で誤魔化す技術なので、しっかりと悪臭成分が含まれています。
zanpan.jpg
残飯にキャビアかけても残飯だろうが、この名言の通り。

タバコはこのマスキングの有無とは別に、かなり多種の香料が添加されています。例えば香水などが調香師によって精密なバランスをもって配合されて、やっと製品として世間に出せる(それでも悪臭のような香水はしばしばある)わけです。対するタバコは、同様に調香師が関わっているとはいえ、喫煙者が吸う主流煙を製品として開発するため、火をつけて香料をダメにしてしまう副流煙は確実におかしな臭い(一般的に言う悪臭)となってしまいます。またアンモニアを添加する(ニコチンの吸収を効率よくするため)などの、本来の香りを作る調香師の仕事とは別の仕事が割り込んでくるため、本当の意味で香りの良い製品は作れません。

また一時期は「大阪発くっさいないマイルドセブン」などのキャッチフレーズがよく見られた。大阪の言い方で「くっさない(臭く無い)」。どうもネットを適当にググると「屈さない」をかけた言葉、という指摘もあるようです。屈さないというのは、健康志向や喫煙という迷惑行為を取り締まる動きに反発し、金のために世の中を汚していこうという事を意味するのでしょうね。ここでも改めて、タバコは基本的に臭いという事を認める形となっています。

逆に、え、自分だけ!? ついかいでしまうあのにおい……では1000件の回答から、タバコの臭いをついかいでしまうという回答は無かったのか、少なくとも紹介されていません。

ちょっとおかしい人が、タバコの臭いを香りとか言いますが、実態はこんなものです。

ちなみに…以下はコピペ用。

---
タバコには悪臭成分・有毒物質である、アンモニアとスカトールが含まれてます。
アンモニアは小便に代表されるあの臭い。添加されてる理由は、ニコチンの吸収を高めるためです。

スカトールは、ほ乳類の糞便から抽出される強烈な悪臭成分です。
これを薄めると花の香りになりますし、実際わずかに含む花もあります。
喫煙によりすぐに煙、スカトールの濃度が高まり、他の成分も悪臭を放ちます。

糞便で性的興奮をするスカトロ趣味も同じ語源から来ています。
スカトールはカフェインの二倍の興奮作用を持ちます。
ウィンストンの「どーよ、この味!」マッチョがタバコを咥える広告は
含有成分からは、糞尿をくわえ込むスカトロ趣味のホモ野郎というイメージを示す。

普通なら考えられないようなスカトロ趣味で興奮する人や、
喫煙者がタバコの事ですぐヒステリックに興奮する、理由の一つはこれかもしれません。
当然タバコには他にも神経に作用する成分が多種含まれてます。

臭くて当たり前の成分の他にも多様な成分が含まれているので
それらをごっちゃに燃焼するから酷い悪臭がします。
タバコ産業は、タバコの嫌な臭いをマスキングする新技術を一部銘柄に適用してます。
即ち、タバコ産業がタバコを悪臭だと認めているのです。
喫煙者も、他人のタバコの煙は不快とか臭いと言います。
それで悪臭ではないと主張する人は、どこかおかしいか、ステマ関係者でしょう。

海外のタバコ会社は添加してることを認めています。
タバコにおける添加物リスト quitsmoking.about.com ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、ブラウン・アンド・ウィリアムソン、Liggett & Myers Tobacco、フィリップモリス、R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーの5社の申告によるもの(裁判により強制公開、JTは国内で各社製品を取り扱っている)
ttp://quitsmoking.about.com/cs/nicotineinhaler/a/cigingredients.htm
ttp://quitsmoking.about.com/cs/nicotineinhaler/a/cigingredients_3.htm

JTは都合の悪い添加物は掲載しません。(裁判など無く自主公開、そのため全てを公開しないのは企業秘密を守るためというの論理)
ttp://www.jti.co.jp/cgi-bin/JTI/corporate/enterprise/tobacco/guidelines/additive/tobacco/index.cgi
---
このコピペは私が事実を元にして作成しました。どうぞタバコの悪臭に関する話題がありましたら、どんどんコピペして使って下さいね。内容を更に改良して下さっても構いません。
(2012年5月、マスキング関連追記。)
posted by 美人薄煙 at 01:55 | Comment(0) | タバコ資料・考察・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。