2011年06月11日

【タバコは太る】ニコチンに食欲減退作用+タバコに食欲減退させる化学物質添加、でも統計的に太りやすい喫煙者

禁煙すると一時的に体重は増える、というのはよく起きる現象として、特にタバコ業界関係者が禁煙者を減らすために宣伝するのでよく聞く事ではあります。しかしそれ以上に重要な事実が以下です。

metaborisk.jpg

吸えば吸うほど、体重が増える事に繋がるようです。
非喫煙者の平均体重  60.9kg
禁煙者の平均体重    61.5kg
喫煙者(毎日10本以下)60.8kg
喫煙者(毎日20本以下)60.7kg
喫煙者(毎日40本以下)62.2kg
喫煙者(毎日41本以上)63.5kg
(浜松医大の調査)

喫煙者で有意に内臓脂肪量が多い。ニコチンの作用によって副腎皮質ホルモンなどを過剰にすることが関係と考えられている。またCTスキャンで喫煙者ほど内臓脂肪が多い事が報告されています。
(群馬県立医療短期大学と群馬大学の共同研究、松下東京健康管理センターなど)

結論としては、タバコを吸うと太りやすくなります。

ニコチンの持つ食欲減退作用と、タバコに添加された食欲減退効果のある化学物質、この2つの作用で痩せると思われがちですが、統計が示す結果を見ればタバコは痩せません。

確かにタバコで摂取する有害物質を解毒しようとして何kcalかは使うと言われてますが、そんなものは少しウォーキングする程度でトントンでしょう。むしろタバコは代謝に異常を生じさせるので、解毒の代謝などお話になりません。

喫煙は、脂肪組織から分泌される血糖や食欲などに関与する物質に影響しますし、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用を低下させます。アドレナリンなどのストレスホルモンの分泌を高め、血糖値を上昇させ、つまり高血糖をもたらし、糖尿病のリスクを高めます。インスリンは脂肪の分解にも関わるので、脂質や糖の代謝を弱めるため太りやすくなります。


更にタバコは痩せるという思い込みからの安心と、喫煙者は生活習慣が乱れやすい傾向があるため、普通の人よりも太る危険性を高めてしまいます。

また味も香りもわからなくなるため、濃い味つけや脂っこい食事を好むようになり、余計に肥満になりやすい習慣がついてしまいます。

そして息切れや疲れやすさが増えるため、運動や体を動かす事そのものを億劫にさせてしまいます。

食欲が減退するなどよりも、ずっと太る要素が増えるわけです。


ざっと町中を見てみましょう。喫煙者は、不健康で全く魅力のない痩せ方をしてる人が少しいて、それ以上にみっともない不格好な肥満喫煙者があちこちにゴロゴロといます。統計では体重は同じでも、不健康の濃度は喫煙者の方がぐっと濃縮されています。

だから禁煙すると、それまでに身についた太りやすい生活習慣を同時に変えない限りは、元々太り気味の人などが更に太るのは当然です。逆にある程度の期間、禁煙を続けた人は体重が減少して正常な体重に近づきます。

禁煙初期は食べ物の本当の味がわかるようになるため、おいしくて食事が増えますし、それまでの太りやすい食事を続ける限りは痩せません。

この一時的な現象を、タバコ産業は悪用して、「タバコは痩せる&禁煙すると太る」というイメージを世間に強く印象づけて、喫煙率を保とうとしているのです。


なお、ニコチンはまだまだ研究の余地がある物質と思われるので、喫煙以外によるニコチンの摂取についての更なる危険性や、逆に良い方の可能性は残されています。今後の研究次第では、喫煙以外の方法で安全なニコチン利用がもしかしたら出てくるかもしれませんね。

とはいえ基本的には毒物および劇物取締法で毒物と定められている物質、現時点では『有毒である事は確実だが、使い方や摂取の工夫などで何かメリットがある可能性がある』という物質なので、過度の期待は無理でしょう。

元記事:ニコチンに食欲減退作用…でも、たばこは危険 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
【ワシントン=山田哲朗】たばこに含まれるニコチンが脳に作用し食欲を減退させる仕組みを、米エール大学医学部などの研究チームが解明し、10日付の米科学誌サイエンスで発表した。


 研究チームは、マウスを使った実験で、ニコチンが脳内の信号伝達にどのような影響を与えるかを調べた。その結果、ニコチンは、摂食に関わる視床下部にある「POMC」と呼ばれる神経細胞の回路を活性化させ、食欲を抑制する信号を多く発信させることが分かった。このため、喫煙者は食べる量が減り、体重も減る。

 研究チームは「多くの人が体重が増えるから禁煙しないと言う。残念ながら、喫煙で確かに体重は減る」としながらも、「喫煙で体重が減っても、がんや心臓病が増えるので危険」と指摘。「研究が進めば、このメカニズムを利用して肥満防止の新薬を開発することも可能」としている。

(2011年6月10日20時43分 読売新聞)
posted by 美人薄煙 at 10:25 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※特定記事に対するコメント以外は、問い合わせをご利用下さい。チェック頻度が低いので即日の反応など期待せず数日程度は待って下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。