2012年10月20日

偽僧侶が路地裏でタバコ、未成年がタバコ万引き、分煙求めれば不当解雇…世の中を乱す要素の隣にはおなじみのタバコ

犯罪者に最も共通する小道具はピッキングツールなどではなく、タバコかもしれない。もはやタバコを見たら泥棒と思え、と揶揄されるのも仕方のない勢いを、犯罪者たちが出している。

タバコが多種の有害成分や脳に作用する成分を含む事が、理性や行動に悪影響を与える事は十分に考えられる。警察と医療は犯罪者の脳と喫煙率は調べておくべきだろう。(いつも何かとタバコを擁護するため、なりふり構わぬ養老孟司氏も、犯罪者の脳を調べろと著書で書いていたが、その点は同意出来る。)

さて記事中では酒タバコがOKと書いてあるが、仏教が出来た頃はタバコは無かったため、タバコに関しては明確な規定は無い。しかし教えについて適切な読み方をすれば、タバコのようなものは仏教にそぐわないものである事は明らかである。

江戸時代、曹洞宗の中興の祖とされる学僧、卍山道白と面山瑞方の語録には、「喫煙僧は仏の敵」「喫煙は不如法のみならず受動喫煙の害あり」「タバコの不経済―無益・贅沢・火災」「タバコは外道の抹香」「喫煙する者は僧侶ではなく、喫煙できる場所は寺院ではない」「たばこの臭気は仏教が禁じる「五辛」に通ずる」「「依存から来る中毒性が、むさぼりの心を生むので禁じるべき」とある。また、曹洞宗高岩寺住職によると「随方毗尼・息世譏嫌戒(菩薩譏嫌戒)というものがあり、仏がまだ禁止していない、許していないこと等は、時代や地域により適切に戒律を改廃せよとしている。これに則れば、現代の僧侶は禁煙するのが当然だと私も信じる」とのこと。(論・談−やめよう僧侶の喫煙 来馬明規氏-----中外日報社

中には、タバコのニコチンに騙され、タバコが十徳だなどと言う僧侶も居る。JTはこれを用いて宣伝のように使った事もある。大学ももう少し実体のある産業のマーケティング講師を招くべきだろう。タバコを吸う言い訳を無数に考えて言い訳する様は、悟りから遠い者によって行われる禅問答とでも言うべきだろうか。

元記事:偽僧侶が路地裏でタバコ・金勘定にTwitterで批判集中! | キャリア | マイナビニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"僧侶が路上でお経をあげながらお布施を恵んでもらう托鉢というシステムが日本ではメジャーとなっているが、そんなシステムを悪用し、金を巻き上げているという噂がネットで囁かれている。アップロードされた画像では、路地裏で金勘定をし、咥え煙草まで。しかもその場所は禁煙エリアだということで、マナーの悪さも浮き彫りに。果たしてこのような行為は認められるものだろうか。"
元記事:窃盗:たばこ18箱万引き 容疑で15歳2人逮捕−−春日部署 /埼玉− 毎日jp(毎日新聞)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"コンビニエンスストアでたばこ18箱などを万引きしたとして、春日部署は18日、春日部市内に住む鉄筋工と市立中学3年の少年2人(ともに15歳)を窃盗容疑で逮捕した。2人は容疑を認め、「他にも万引きをやった」と供述しているという。"
元記事:分煙求めた社員解雇は不当 - 社会ニュース : nikkansports.com(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"試用期間中に受動喫煙で体調を崩した男性(35)が、勤務先の社長にベランダでの喫煙を求めた後に解雇されたのは不当として、解雇無効などを求めた訴訟で、東京地裁が会社側に解雇無効と未払い賃金475万円を支払うよう命じる判決を言い渡していたことが16日、分かった。"
posted by 美人薄煙 at 01:26 | Comment(0) | 事故/事件/犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※特定記事に対するコメント以外は、問い合わせをご利用下さい。チェック頻度が低いので即日の反応など期待せず数日程度は待って下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。