2012年12月01日

科学の世界では当たり前の喫煙が遺伝子を損傷させる事実、世間では殆ど知られず

タバコ産業はタバコのもたらす害悪を、世間にいかに低く見積もらせるかが企業活動となっている。過去のニュースでも喫煙が遺伝子を損傷させる事実についての研究があったが、知る人は多くないようだ。それどころか、癌は遺伝要素だと主張するタバコ産業関係者が居るほどである。

今回の発見も面白いものだ。遺伝子への損傷と抑制いうテーマが世間の関心が高い分野であるのは間違い無いが、ネットでの報道は今の時点ではデーリー東北新聞社のみ。他のメディアはタバコ産業から受け取った宣伝広告費を鑑みて、「配慮」しているのだろうか。


元記事:デーリー東北:北奥羽ニュース:植物エキスが喫煙でのDNA損傷抑制効果(2012/11/28 14:19)(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"八戸工業高等専門学校物質工学科の佐々木有教授(55)=毒性学=は27日、ブラジルのアマゾンに自生するマメモドキ科の植物「コンナルス・ルベ」のエキスが、喫煙によるDNA損傷(染色体異常)を抑制する効果があることを、ネズミなどを使った実験で確認したと発表した。"
posted by 美人薄煙 at 02:03 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※特定記事に対するコメント以外は、問い合わせをご利用下さい。チェック頻度が低いので即日の反応など期待せず数日程度は待って下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。