2012年12月15日

二日酔いとタバコの因果関係を調査

タバコの事が少しでも悪く言われると、酒が酒がとわめく喫煙者も多いが、普段から二日酔いに悩まされやすい傾向があるならば「酒が悪い」と喫煙者が特に強く思いたくなる、酒に押しつけたくなる気持ちも、ナルホドである。

酒で迷惑をかけるような飲み方をするのは、大抵が元から頭が悪い気質の人に偏る。喫煙と脳の働きの低下は密接な関係がある。漫画のように普段真面目で堅い人が酒を飲んで迷惑をかけるケースというのは、現実的にはあまり多くない。(漫画と言えば、頭が悪くて新聞も本も読まない、気色の悪い底辺オタクが漫画とアニメしか見ないケースでなら犯罪を誘発する要因になるが、工業高校あるある本を手にとって見たら、名前さえ書けば入学できる底辺高校に通うオタクは多いらしい。底辺高校にはヤンキーとオタクが多く、当然喫煙率も高い。ネットのタバコ擁護の粘着質なオタク気質は、底辺高校出身のオタクが中心にやってるのではないかと思うくらいだ。)

他にも車が悪い、と主張する喫煙者の言葉も喫煙者の体験が裏付けなのかもしれない。交通事故の15%はタバコを吸う事に直接関係する、不注意で生じた事故(イタリアの統計)である。ハインリッヒの法則から考えれば、喫煙者は車でヒヤっとする思いをかなり繰り返してきたと推測出来る。だからこそ、すぐに車に押しつけるのかもしれない。

頭が悪い人ほど乱暴な運転をするし、喫煙と脳の働きの低下は密接な関係がある。統計や傾向という事を理解するのも難しいだろうし、そういった話を喫煙者への差別だと叫ぶくらいしかやる事が無いのだろう。そして、自己弁護のために「俺はタバコを吸わないけど最近の喫煙者叩きは…」などとついつい書いてしまう。道理や数字がわからない人の、典型的な反応である。

元記事:二日酔いとタバコの因果関係を調査 - QLifePro医療ニュース(記事全体・ソース確認はリンク先参照)
"Journal of Studies on Alcohol and Drugs誌 2013年1月号に掲載された記事によると、煙草を吸いながらの多量飲酒(深酒)は翌朝の二日酔いをよりひどくする可能性が示唆されている。

最終的に、喫煙しつつ多量の酒を(約1時間で5〜6缶のビールを空ける)を飲んだ学生は、翌朝二日酔いに悩まされる率が高かった。

ローゼナウ博士は、喫煙が二日酔いと直接的な影響がある可能性が高いことが、この調査結果で示唆されたと述べた。"
posted by 美人薄煙 at 17:30 | Comment(0) | 調査/研究/医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※特定記事に対するコメント以外は、問い合わせをご利用下さい。チェック頻度が低いので即日の反応など期待せず数日程度は待って下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。